2007年10月11日

福島 土湯温泉 中の湯

住所福島県福島市土湯温泉町字下ノ町 電話024-595-2217(土湯温泉観光協会)
泉質単純温泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類男女別内湯
料金日帰り入浴 大人 200円
日帰り入浴6:00〜24:00
日帰り設備休憩処× 食堂× 駐車場×(観光協会前の駐車場利用)
営業期間火曜日定休日
地図を表示マップ
URLhttp://www.tcy.jp/midokoro.stm (土湯温泉観光協会)
旅行日2007/10/11

荒川の渓谷沿いに宿が建ち並ぶ温泉街の中心部にある共同浴場。注意書には自分で水を入れ適温43度にして入るよう書いてある。
【共同浴場】6-7人も入れば一杯になる小さな浴室。湯船には熱いお湯がどんどん注がれていて非常に熱い。

posted by 日本の秘湯 at 09:20 | 口コミ情報(0) | 福島県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島 土湯温泉 下の湯

住所福島県福島市土湯温泉町字下ノ町 電話024-595-2217(土湯温泉観光協会)
泉質単純温泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類足湯
料金無料
日帰り入浴8:00〜20:00
日帰り設備休憩処× 食堂× 駐車場×(観光協会前の駐車場利用)
営業期間無休
地図を表示マップ
URLhttp://www.tcy.jp/ashiyu.stm (土湯温泉観光協会)
旅行日2007/10/11

【足湯】足湯は三槽に分かれ、それぞれ温度が違う。しかも小さなテーブル付き。名物の温泉玉子を食す。

posted by 日本の秘湯 at 09:54 | 口コミ情報(0) | 福島県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島 新野地温泉 相模屋

住所福島市土湯温泉町野地2 電話0242-64-3624
泉質単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性中性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 男女別露天風呂 女性露天風呂
料金宿泊 10,650円〜21,150円(税込)
日帰り入浴 大人 500円 子供 250円
日帰り入浴10:00〜15:00
日帰り設備休憩処? 食堂○ 駐車場○
営業期間通年営業
地図を表示マップ
URLhttp://www6.ocn.ne.jp/~sagamiya/
旅行日2007/10/11

標高1200m吾妻山中の土湯峠にある。湯煙のあがる源泉を見ながら入る。ワイルドな湯治場風情たっぷりの湯。
【野天風呂】斜面に造られた野天風呂へは細長い木道を歩く。すぐ脇の斜面の噴気孔から水蒸気が豪快に吹き出して、視界を遮るものはなく開放的。
噴煙がシューっと吹き上がる、周囲の景色が大変素晴らしく、さながら地獄を連想させられます。宿から続く木道がみえる。
【内風呂】相模屋で一番古い内風呂。男女の仕切りもトタン板1枚、お湯は硫黄分が強く白濁色しています。

posted by 日本の秘湯 at 10:50 | 口コミ情報(0) | 福島県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島 土湯 浄土平・吾妻小富士

浄土平は磐梯吾妻スカイラインの中間地点の標高1600メートルに位置し、吾妻小富士、桶沼、一切経山にかこまれた一帯。吾妻小富士(1707m)は浄土平の東に美しく鎮座する浄土平のシンボルで、山頂へは、浄土平から15分程度の登りで火口壁に立つことができる。
吾妻小富士山頂から見た浄土平。浄土平ビジターセンターや天文台、おみやげ物店やレストランがある浄土平レストハウスが見える。
噴火口底の様子。山頂はすり鉢状の火口になっていて、ごつごつとした岩やむき出しの山肌など、ちょっと寒々とした雰囲気。明治時代までは水がたまっていたそうだ。
posted by 日本の秘湯 at 13:07 | 口コミ情報(0) | 小旅行南東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島 高湯温泉 ひげの家

住所福島県福島市町庭坂字高湯15-1 電話024-591-1027
泉質滝の湯 酸性含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩泉(硫化水素型)(低張性酸性高温泉)
仙気の湯 酸性含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型)(低張性酸性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 男女別露天風呂 貸切露天風呂
料金宿泊 12,750円〜16,950円(税込)
日帰り入浴 不可
日帰り入浴
日帰り設備
営業期間通年営業
地図を表示マップ
URLhttp://www.geocities.jp/higenoie/
旅行日2007/10/11

吾妻山の中腹、標高750mの「奥州三高湯」のひとつ高湯温泉。旅の醍醐味の旬の素材を使用した四季折々の料理も好評。
滝の湯へ行くには桧の回廊をとおります。脱衣所も全て桧造りで、温もりのある木目が眼にも優しい。
【滝の湯】白い桧の浴槽に青みがかった乳白色の硫黄の湯、澄んだ空気の中、目の前には山々の紅葉が広がる。
【月見風呂】内風呂「仙気の湯」から直接行く。湯の花が漂ってる湯船に身を沈めると、檜の香りが感じられる。
【星見風呂】内鍵式で家族で利用するのに丁度いい大きさの貸切風呂。川のせせらぎの中のんびりと過ごせます。

posted by 日本の秘湯 at 14:18 | 口コミ情報(0) | 福島県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

山形 姥湯温泉 桝形屋

住所山形県米沢市大字大沢姥湯1 電話090-7797-5934(衛星電話)
泉質単純酸性硫黄泉(低張性酸性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 混浴露天風呂 女性露天風呂
料金宿泊 13,150円〜13,800円(税込)
日帰り入浴 大人 500円 子供 250円
日帰り入浴9:30〜15:30
日帰り設備休憩処○(有料) 食堂○ 駐車場○
営業期間4月下旬〜11月上旬まで
地図を表示マップ
URLhttp://www.ubayuonsen.com/
旅行日2007/10/12

吾妻連峰の北側、スイッチバックしないと上れない山道、山水画のような断崖絶壁の景観、これぞ秘湯中の秘湯です。
宿の前まで車で行くことができないので、下の吊り橋脇の駐車場から宿まで、宿泊客の荷物を運ぶリフトケーブル。
【山姥の湯】標高1300mの大昔の噴火口跡にある絶景温泉。湯は青みがかった白濁湯で秘湯気分十分。奥の露天風呂は土砂崩れで埋まったそうです。

posted by 日本の秘湯 at 10:41 | 口コミ情報(0) | 山形県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形 滑川温泉 福島屋

住所山形県米沢市大字大沢字滑川15 電話090-3022-1189(衛星電話)
泉質含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類混浴内湯 女性内湯 混浴露天風呂
料金宿泊 10,100円〜11,100円(税込)
日帰り入浴 大人 500円 子供 0円
日帰り入浴9:00〜16:00
日帰り設備休憩処? 食堂× 駐車場○
営業期間4月下旬〜11月上旬まで
地図を表示マップ
URLhttp://www.ne.jp/asahi/namegawa/hukusimaya/
旅行日2007/10/12

東吾妻連峰の一切経山への登山道の途中、姥湯温泉への分かれ道にある湯治場の宿。標高850mの豊かな自然に囲まれた山間のいで湯です。
混浴の露天風呂は湯治棟の裏口から渓流沿いに少しさかのぼった所にあります。鄙びた雰囲気がよい。突き当りが裏口。
【露天風呂】カモシカも姿を見せるという目の前を音をたてて渓流が流れ周りは緑に囲まれていて、まさに山のいで湯、野趣満点です。
【檜の露天風呂】新しく出来た檜の露天風呂。まだ新しい感じで少々囲い過ぎているのが気になります。若干温めの青白い薄白濁湯。
【大浴場】湯治場の雰囲気がただよう長方形の大きな石風呂。やや熱めの湯がドクドクと注がれています。

posted by 日本の秘湯 at 11:53 | 口コミ情報(0) | 山形県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城 峩々温泉 峩々温泉

住所宮城県柴田郡川崎町大字前川峩々1 電話0224-87-2021
泉質ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 男女別露天風呂 混浴露天風呂 貸切露天風呂
料金宿泊 15,000円〜28,000円(税込)
日帰り入浴 大人 1,000円 中・高生 500円 小学生以下 0円
日帰り入浴10:00〜17:00
日帰り設備休憩処○(有料) 食堂○ 駐車場○
営業期間通年営業
地図を表示マップ
URLhttp://www.gagaonsen.com/
旅行日2007/10/12

標高850mの蔵王連峰濁川渓谷に湧く、周囲を荒々しい山に囲まれた秘湯。名物のボンネットバスと胃腸病の名湯で有名。日帰り受付棟。
宿泊客用の新館と懐かしいボンネットバス「蔵王銀嶺号」、現在も送迎などに活躍している。
【露天風呂】湯平・四万と並ぶ日本三大胃腸病の名湯。渓谷を見下ろす巨石がごろごろのワイルドな野趣あふれる露天。透明で肌触りのいいお湯。
【ぬる湯】男女別の内湯は木造り。浴室は2つに仕切られ、窓辺にぬる湯(42度)があります。湯はわずかに白みを帯びた透明。
【あつ湯(かけ湯)】奥に46度のあつ湯があり、峩々独自の湯治「かけ湯」を楽しめます。浴槽脇で木枕に寝転がり竹筒で胃や腸にお湯をかけます。
【内湯露天風呂】混浴露天風呂から内湯露天風呂を望む。男女別内湯、内湯露天風呂、混浴露天風呂と上から並んでいる。
【天空の湯】内鍵式の貸切露天風呂。東屋スタイルで、湯船は深め。高い場所にあるので渓谷を正面に眺められます。
【六治の湯(男)】旧館1階の端にある日帰り男性用露天風呂。小さな岩風呂で森林浴を楽しむといった感じ。ちょっと熱めのお湯も気持ちがよい。
【六治の湯(女)】男性用露天風呂の隣にある日帰り女性用露天風呂。檜の風呂で鄙びた雰囲気でなかなかよい。こちらも熱めのお湯で気持ちがよい。

posted by 日本の秘湯 at 15:27 | 口コミ情報(0) | 宮城県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

山形 蔵王 蔵王御釜

蔵王エコーラインを通り、刈田峠で有料道路蔵王ハイラインに入り終点にある蔵王山頂レストハウス。
遊歩道で歩いて行くと、カルデラ「御釜」を見下ろすことができる展望台に着く。
御釜は、苅田岳(1758m)、熊野岳(1841m)、五色岳に囲まれた円形の火口湖。直径330m、深さ25m、周囲1.5kmある。湖水は強酸性(pH2.6)のため生物は生息できない。濃霧に包まれていて御釜は望めなかった。
posted by 日本の秘湯 at 09:31 | 口コミ情報(0) | 小旅行南東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形 蔵王温泉 大露天風呂

住所山形県山形市蔵王温泉 電話023-694-9417
泉質酸性含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)(低張性強酸性高温泉)
風呂の種類男女別露天風呂
料金日帰り入浴 大人 450円 子供 250円
日帰り入浴6:00〜19:00
日帰り設備休憩処× 食堂× 駐車場○
営業期間4月下旬〜11月上旬(冬季閉鎖)
地図を表示マップ
URLhttp://www.zao-spa.or.jp/spa/
旅行日2007/10/13

渓流にそって湧き出す温泉の露天風呂は野趣万点。硫黄臭があり強酸性で、結構ビリビリきます。
【大露天風呂】上下2段になった岩造りの湯船、お湯は白濁の少し青みがかった色。白い湯ノ花も浮かんでいます。

posted by 日本の秘湯 at 10:33 | 口コミ情報(0) | 山形県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城 白石 白石温麺

白石インターから車で約5分、国道113号線沿いにあるうーめん番所。城下町白石にふさわしい趣がある。にんじんやモロヘイヤ、うめじそにゆりね、柿の葉など、さまざまな変わり温麺(うーめん)が楽しめる。
好みで3種の麺が一度に楽しめる「うーめん三昧」840円。うめじそ・モロヘイヤ・にんじんの3種を選ぶ。温麺は小麦粉と塩水から作る油を使用しない乾麺で、限りなくそーめんに近い。右下の「柿のゼリー」は、柿の甘みと独特の食感がゼリーの中に凝縮されて絶品。
posted by 日本の秘湯 at 12:28 | 口コミ情報(0) | 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。