2010年01月21日

新潟 月岡温泉 ほうづきの里

住所新潟県新発田市月岡温泉727-1 電話0254-32-1110
泉質含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(含食塩硫化水素泉)(低張性弱アルカリ性高温泉)
風呂の種類男女別大浴場 (日祝日のみ)男女別展望風呂
料金日帰り入浴 大人 600円(16時以降の大人料金は440円) 小学生 300円、新発田市高齢者(65才以上)440円
日帰り入浴(4〜9月)9:00〜19:00 (10〜3月)9:00〜18:00
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日定休)、祝日の翌日
地図を表示マップ
URLhttp://www.shibatappc.com/kanko/onsen.htm#houzuki(新発田市まちづくり振興公社)
旅行日2010/1/21

【ほうづきの里】ほうづきの里は月岡温泉街のはずれ、月岡カリオンパーク内にある新発田市の公共日帰り温泉施設。
【玄関】1階には林泉公園に面した大浴場、3階にはカリオンパークが一望できる展望風呂があり、市の豊浦町福祉センターを兼ねている。
【受付】靴箱に履き物を入れて、受付で料金を払って中に進むと、ちょっとした休憩用の椅子が置かれ自販機が並び、その右手が浴室。
【ロビー】ほうづきの由来は豊浦町の「豊」と月岡の「月」からきているそうだ。右手扉を入ると大広間がある。
【売店】菓子類やつまみ類を置いてる売店。昼は大広間で定食、麺類、丼物などが食べられる。
【湯上り処】風呂上がりにはここの他、1F大広間、2F中広間、個室(要予約)でゆっくりくつろげる。
【内湯入口】扉を開けると硫黄臭が漂ってくる。日本一硫黄の含有量が多い温泉で有名(硫化水素は万座温泉)。脱衣所は鍵付きロッカーが十数個あり、他に脱衣カゴもある。
【内湯】湯船は岩風呂とタイル貼りの大浴槽がある。大浴槽は循環式だが岩風呂は掛け流し。エメラルドグリーンの湯は肌にまとわりつくようなつるつるした感触で気持ちいい。

posted by 日本の秘湯 at 10:49 | 口コミ情報(0) | 新潟県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 月岡温泉 足湯 湯足美(ゆたび)

住所新潟県新発田市月岡温泉522-22 電話0254-32-3151(月岡温泉観光協会)
泉質含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(含食塩硫化水素泉)(低張性弱アルカリ性高温泉)
風呂の種類足湯
料金無料
日帰り入浴7:00〜22:00
日帰り設備休憩処○ 食堂× 駐車場×(近くにカリオンパーク駐車場有)
営業期間無休
地図を表示マップ
URLhttp://www.tsukiokaonsen.gr.jp/ashiyu/(月岡温泉観光協会)
旅行日2010/1/21

【月姫広場】月岡温泉街の中心に待合せ広場として2008年5月にオープンした月姫広場。足湯の湯足美の他、芸妓の舞などを鑑賞できる演舞場の月美台、観光情報を提供する情報館ふらっとからなる。
【足湯入口】木造の建物の中庭を取り囲むようにして足湯があり、中央に大きな足湯、両側に細長い足湯がある。冬季は左の情報館ふらっとが入口になっている。
【湯足美】風呂とは一味違った解放感のある憩いの場所で美人の湯を気楽に楽しめる。
 

posted by 日本の秘湯 at 12:10 | 口コミ情報(0) | 新潟県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 月岡温泉 美人の泉

住所新潟県新発田市月岡温泉403-8 電話0254-32-1365
泉質含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(含食塩硫化水素泉)(低張性弱アルカリ性高温泉)
風呂の種類男女別内湯
料金日帰り入浴 大人 500円 小人 300円
日帰り入浴通年10:00〜21:00
日帰り設備休憩処○ 食堂× 駐車場○
営業期間定休日火曜日
地図を表示マップ
URLhttp://www.shibatappc.com/kanko/onsen.htm#bijin(新発田市まちづくり振興公社)
旅行日2010/1/21

【美人の泉】新潟の奥座敷、月岡温泉の共同浴場美人の泉は、温泉街の南側にあるバイパス沿いにある。建物の横には広い駐車場が用意されている。
【玄関】含食塩硫化水素泉の湯は硫化水素泉の漂白作用で肌を白くする美人の湯と言われ、入浴後はいつまでもポカポカとあたたかさが続く食塩泉の特徴も併せ持つ。
【受付】入口横の券売機で入浴券を買って受付する。言えば無料の貴重品ロッカーの鍵を渡してくれる。下足箱には鍵はない。
【浴室入口】受付すぐ正面に浴室があり、扉を開けると硫黄臭が漂ってくる。日本一硫黄の含有量が多い温泉で有名(硫化水素は万座温泉)。
【通路】奥には別棟で大広間や喫煙室が設けられており無料で利用できる。
【脱衣所】貴重品ロッカーがあるため脱衣所には棚と脱衣籠だけが置かれている。
【内湯】浴室には清潔感の漂うタイル貼りの浴槽がある。循環式だが源泉が絶えず供給されていて、硫黄と独特な油臭のする温泉らしい温泉だ。
【湯口】エメラルドグリーンの湯は肌にまとわりつくようなつるつるした感触で気持ちいい。光線の具合により油膜が浮いているのも見える。

posted by 日本の秘湯 at 12:21 | 口コミ情報(0) | 新潟県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 鷹の巣温泉 鷹の巣館

住所新潟県岩船郡関川村湯沢1072 電話0254-64-1009
泉質ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類男女別大浴場 男女別露天風呂 客室露天風呂
料金宿泊 16,150円〜38,000円(税込)
日帰り入浴 食事付(専用個室・広間利用 要予約)4,000〜6,000円、部屋代本館6,000円、離れ13,000円
日帰り入浴11:00〜15:00
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○(鷹の巣キャンプ場と共同)
営業期間通年
地図を表示マップ
URLhttp://www.takanosukan.com/
旅行日2010/1/21

【吊り橋より鷹の巣館を望む】新潟と山形の県境に近い新潟県関川村にある吊り橋と露天風呂付き一戸建て離れの秘湯の宿。
【エントランスロード】鷹の巣温泉は江戸時代に荒川を往く舟人が、一羽の傷付いた鷹が河原で湯浴みするのを見て発見したと言い伝えられている。
【本館】鷹の巣館は明治の初め、米沢街道の整備に伴い湯治宿として建てられた名湯を誇る湯宿。荒川にかかる吊り橋を徒歩で渡ると(車は通行禁止)、中州にある大自然が広がる山と川に囲まれた閑静な佇まいの隠れ宿だ。
【玄関】客室は大庭園に点在する大きさと造りの違う別荘式一戸建ての離れが主体で、月見縁台付特別室の藤・柏、川沿い離れの紅・楓・桜・松、庭園側離れの柊・椿・竹の9棟の離れと本館(花・風・月)の12室からなる。
【フロント】出迎えの女将をはじめ従業員も、もてなしの心溢れるアットホームな雰囲気でとてもリラックス出来る。
【玄関脇待合】本館棟の囲炉裏スペースには、炭が入る時期にはかき餅も用意されるそうだ。
【ロビー】ロビー奥の休憩処は、湯上がりや散歩帰りの休憩処として利用でき喫茶サービースもある。
【売店】ロビー横には、こだわりの布小物などを取揃えたおみやげ処も併設されている。
【夜の雪景色】回廊より本館を望む。雪の白と空の黒の対比とその中に浮かぶ本館の灯りが暖かい。
【夜の雪景色】回廊より離れ楓の荘を望む。雪あかりの中にほのかに燈る灯りが美しい。
【朝の雪景色】エントランスロードより今回宿泊した離れ紅の荘を望む。
【朝の雪景色】吊り橋より離れ紅の荘を望む。右の白い壁の奥が露天風呂。
【離れを結ぶ回廊】本館と離れは木製の回廊でつながっている。回廊の軒下には塩引鮭が吊され寒風干しされている。
【塩引鮭の寒風干し】冬の寒風の中で1ヵ月半ほど干してできあがる。 寒風にあてることによって水分を飛ばし旨味を閉じ込め、熟成し旨味が増すそうだ。
【紅(もみじ)の荘】今回宿泊した離れは川沿いの純和室紅の荘。閑静な山の宿の情緒を堪能でき、名前の通り周りにはもみじの木がいっぱい。
【紅の荘玄関】離れになっているため客室は広々とした造り。誰にも邪魔されることなく、広い部屋で優雅な時間を過ごせる。
【玄関内部】食事は部屋食で、部屋が2間あるので食事をして寛ぐ和室と布団を敷く寝室と別々に利用できるので気にせずゆっくり過ごせる。
【客室】壁の色は紅色で違い棚と床の間、長押など大工の職人技を感じさせる。
【洗面脱衣所】脱衣所は特になく、洗面スペースに脱衣籠が数個床に置かれている。
【専用内湯】窓が大きいのでとても明るい内風呂。湯は無色透明でヌルヌル感があり、わずかな塩の味とほのかに硫黄の匂いがする。
【テラス】川に向かって大きなウッドデッキ。デッキには白いゆったりしたソファーが置いてある。
【テラスより荒川・吊り橋を望む】夏には夜空の星や吊り橋の風景や川遊びをする人も楽しめそう。
【テラスより露天風呂を望む】テラスには専用の露天風呂も。屋根がないので雪がそのまま降り、雪を頭に受けながら湯に浸かるのも雪国ならではだ。
【専用露天風呂】昼から降り続いた雪が積もり風情ある雪見風呂。しばらく止んでいた雪がまた降り始め対岸が霞んで見える。
【荒川と対岸の雪景色】冬の荒川の渓谷美は幻想的。薄墨で描いたような景色の中で風呂を楽しめる。秋の紅葉も素晴らしいそうだ。
【大浴場浴舎への通路】本館の横にある大浴場浴舎への通路。本館からは浴場出口をでると正面に浴舎がある。
【大浴場浴舎】敷地内に自家源泉を持ち湯量も豊富。24時間いつでも源泉掛け流しの湯を楽しめる。
【大浴場入口】男女別の大浴場と露天風呂があり、ゆったりと鷹の巣の名湯に浸ることが出来る。
【脱衣所】清掃の行き届いた綺麗な脱衣所には、脱衣棚が置かれている。
【洗面所】脱衣棚の反対側に洗面台がある。隅々まで掃除が行き届いていて清潔だ。
【大浴場】天然石と檜の大浴場は、檜の壁とテンペイ石の床に岩タイルと御影石の湯船がある。
【洗い場】シャワーから出る湯も源泉で、かすかに硫黄の香りもしてヌルスべ感のあるいい湯だ。
【露天風呂より坪庭を望む】露天風呂は八重桜が天を覆い春には花見が楽しめる。
【大浴場露天風呂】木枕に頭を乗せて湯に浸かるとのんびりでき気持ちよく体の中から暖まる感じ。

posted by 日本の秘湯 at 17:23 | 口コミ情報(0) | 新潟県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

新潟 村上 永徳鮭乃蔵

【永徳鮭乃蔵】越後村上伝統の塩引鮭を担う永徳が、鮭の加工・販売を行っている直売店「鮭乃蔵」。
【店内】四季折々の旬の商品、生産数量が限られるためここでしか販売できない商品、鮭乃蔵オリジナルの商品などを販売している。
【塩引鮭の寒風干し】冬の寒風の中で1ヵ月半ほど干してできあがる。 寒風にあてることによって水分を飛ばし旨味を閉じ込め、熟成し旨味が増すそうだ。5,000円/3kg〜12,500円/7kgで販売されていた。
【塩引鮭・氷頭なます】寒風干し・粕漬け・味噌漬けなどの切り身と、鮭の鼻先の軟骨部分をなますにした氷頭(ひず)なます。酒の肴によく合い塩味のきいた味は一度食べたら病み付きになる。
posted by 日本の秘湯 at 11:12 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 村上 村上市鮭公園イヨボヤ会館

【村上市鮭公園】鮭の自然ふ化増殖に世界で初めて成功した三面川(みおもてがわ)畔村上市鮭公園には日本初の鮭博物館のイヨボヤ会館や鮭製品など村上地方の特産品を販売するサーモンハウスがある。
【イヨボヤ会館】三面川を遡上してくる鮭の群れを直接ガラス越しに観察できる全長50mの鮭観察自然館、鮭のミニふ化場や生態観察室、鮭漁の道具などが展示されている。
【館内入口】イヨボヤとは村上地方の方言で鮭のこと。鮭の生態や文化を学べ、毎年秋には鮭塩引きを体験できる塩引き道場も開講されている。
 
posted by 日本の秘湯 at 11:20 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 村上 村上市鮭公園サーモンハウス

【村上市鮭公園】鮭の自然ふ化増殖に世界で初めて成功した三面川(みおもてがわ)畔村上市鮭公園には日本初の鮭博物館のイヨボヤ会館や鮭製品など村上地方の特産品を販売するサーモンハウスがある。
【サーモンハウス】1階には特産品販売コーナー、2階には鮭料理を中心とした和食「はらこ茶屋」と村上牛焼肉を堪能できる「新羅」がある。
【塩引鮭の寒風干し】冬の寒風の中で1ヵ月半ほど干してできあがる。 寒風にあてることによって水分を飛ばし旨味を閉じ込め、熟成し旨味が増すそうだ。販売員の話では身が赤いほど美味しいという。
【鮭の酒びたし】寒風干しの塩引鮭をさらに半年ほど晒し干しし旨味を熟成させたものが鮭の酒びたし。食べる直前に酒を少々振りかけると一層美味しくなるので酒びたしと言われている。
posted by 日本の秘湯 at 11:22 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 村上 村上の塩引鮭はらこ茶屋

【村上市鮭公園】鮭の自然ふ化増殖に世界で初めて成功した三面川(みおもてがわ)畔村上市鮭公園には日本初の鮭博物館のイヨボヤ会館や鮭製品など村上地方の特産品を販売するサーモンハウスがある。
【サーモンハウス】1階には特産品販売コーナー、2階には鮭料理を中心とした和食「はらこ茶屋」と村上牛焼肉を堪能できる「新羅」がある。
【2F階段】1階の特産品販売コーナーの中に階段があり、それがレストランの入り口になっている。店の入り口には有名人のサイン色紙がたくさん飾られていた。
【はらこ茶屋】店内にはテーブル席と座敷があり、鮭文化の伝統を誇る村上ならではの鮭料理が一年中味わえる。一番人気はイクラを満載した丼に小鉢や味噌汁が付くはらこご飯セット(1,575円)。予約すれば鮭料理フルコース(5,250円〜)も味わえる。
【メニュー】メニューも豊富でセットメニューの他、単品では塩引鮭(735円)、酒びたし(735円)、氷頭なます(630円)、ご飯(210円)、味噌汁(60円)とお手頃。
【塩引鮭】塩引鮭にご飯と味噌汁(1,005円)を味わう。ほどよい塩かげんで身も寒風に晒されぎゅっとしまっている。下の売店では甘口と辛口の半身が置いてあったが、確認すると甘口だそうだ。
posted by 日本の秘湯 at 11:47 | 口コミ情報(0) | 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 瀬波温泉 湯元龍泉

住所新潟県村上市瀬波温泉2丁目2-25 電話0254-52-5251
泉質ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 男女別野天風呂 野天滝湯 野天泡風呂 貸切家族風呂(60分1,050円、延長30分525円)
料金日帰り入浴 大人 840円 子供 420円
日帰り入浴9:00〜22:00(21:00受付終了)
日帰り設備休憩処○(有料貸室も有60分1,050円、土日祝日2,100円) 食堂○ 駐車場○
営業期間不定休
地図を表示マップ
URLhttp://www.ryusen.org/
旅行日2010/1/22

【正門】湯元龍泉は、新潟県村上市の瀬波温泉街の入口にある瀬波温泉唯一の日帰り温泉施設。瀬波温泉は明治期の石油採掘の際に偶然湧き出した温泉。
【玄関】高級旅館を思わせる門をくぐって中に入ると玄関がある。豊富な湯量を使った滝湯が流れる大きな野天風呂が自慢だ。
【案内図】男女別の大浴場、滝湯、あわ湯、屋根付き野天風呂の他、見事な石庭・池・竹林、湯上り処の大広間、個室客室、喫茶コーナー、マッサージコーナー、中国料理店などがある。
【フロント】フロントとゆったりしたロビー。レトロな雰囲気を漂わせつつモダンな感じ。自家源泉は地下180mから93.8度の高温の湯が毎分200リットルも湧出する。
【休憩処】鮭の加工品、村上茶、米などの新潟や村上の特産品や美容・健康グッズなどが置いてある。
【石庭園】ロビー向うには石庭と奥に池、右手に竹林が広がる。きれいに手入れされた庭が美しい。
【浴舎入口】手前が男湯、奥に女湯がある。廊下付きあたりには家族風呂とマッサージコーナー、その右手に個室客室がある。
【脱衣所】脱衣所は広く、コイン返却式のロッカーが沢山並んでいる。洗面台も広くとてもきれいで清潔だ。
【浴室入口】右扉が浴室入口。左扉は湯上がりの汗を乾かす乾燥室。あまり見ない設備だ。
【大浴場】油臭がする湯にに浸かりながら肌をなでるとツルツルする。内湯は加水のみの掛け流しだ。
【野天風呂より大浴場を望む】野趣溢れる作りの野天風呂は、周囲に囲いがあるので眺望はよくないが雰囲気はよい。4種類の野天風呂(大野天風呂、小野天風呂、滝湯、あわ湯)がある。
【大野天風呂】東屋風の屋根が付いた野天風呂。自然岩に寄りかかってリラックスできる。無色透明の湯は熱めで、大浴場よりもはっきりした油臭がある。同じ新潟の松之山温泉凌雲閣と同じ匂いだ。
【滝湯・小野天風呂】豪快に温泉が流れ落ちる滝湯のマイナスイオン効果で身も心もリフレッシュする。手前には小野天風呂がある。
【あわ湯】無数の気泡とともに沸き上がる泡で体の芯から温まる。

posted by 日本の秘湯 at 12:33 | 口コミ情報(0) | 新潟県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形 温海温泉 萬国屋

住所山形県鶴岡市湯温海丁1 電話0235-43-3333
泉質ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(含石膏食塩泉)(低張性中性高温泉)
風呂の種類男女別露天付大浴場(楽水:男性、楽山:女性) 男女入替制庭園大露天風呂(桃里の湯)+大浴場(桃源山水) 貸切風呂(遥遥の湯,蕩蕩の湯 15:00〜23:00 1時間3,150円)
料金日帰り入浴 大人 1,000円(日帰りプラン5,250円〜)
日帰り入浴11:30〜14:30(不定休要問合せ)
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間通年
地図を表示マップ
URLhttp://bankokuya.jp/
旅行日2010/1/22

【萬国屋】山形県のあつみ温泉萬国屋は、温海川沿にある東北地方の名湯温海温泉の創業300余年の老舗旅館。到着したときは雪、着物姿でにこやかな笑顔で傘を持って出迎えてくれた。門構えの上の建物は3階にある大浴場。奥が10階建ての客室棟。
【玄関】羽越線あつみ温泉駅下車バス7分タクシー5分の距離にある。旅館の送迎はないので、予約制のワンコインタクシー(相乗り1人250円)を事前予約すれば駅まで送迎してくれる。右上に大浴場へ架かる渡り廊下が見える。
【フロント】美しい放射状の梁や一直線に伸びた柱が独創的な三層吹き抜けのロビー。照明飾りの桜のモチーフが柔らかな光を放つ。
【ロビー】ゆったりした広い吹き抜けの気持ちいい空間。上に見えるのが大浴場へ架かる渡り廊下。正面廊下左手に売店、その先に喫煙処がある。
【売店華篭】定番の温泉まんじゅうの他、鮎菓子やとち餅、海産物、庄内麩などの特産品や旬の果物、科織(しなおり)製品などの民芸品を販売している。
【喫煙処】湯上り休憩を兼ねた喫煙処。外観から内装まで純和風で統一された上品なつくりの落ち着いた館内。
【ラウンジ】庭園大露天風呂前の休憩ラウンジ。湯上りのひと時をゆっくり過ごせる。
【ラウンジより中庭を望む】広々としたラウンジで庭園を見ながらほっと一息。
【1F浴室入口】庭園大露天風呂は男女入替制。夕食前と朝は男湯、夕食後は女湯になる。
【脱衣所】清掃の行き届いた和風の綺麗な脱衣所には、脱衣箱が並んでいる。
【桃源山水(左)】大きな窓からの景色はまるで露天風呂のような感覚で楽しめ、ゆっくり浸かって旅の疲れを癒せる源泉掛け流しの温泉。
【桃源山水(右)】あつみ温泉は弘法大師が発見したという逸話があり1000年にも及ぶ長い間湯治場として栄えてきた。
【洗い場】浴室にはゆったりとした1人分のスペースが壁で仕切りられている洗い場がある。
【桃里の湯】広々とした庭園大露天風呂は、大岩と積もった白雪と湯けむりに季節の香りを肌で感じられ、雪あかりの露天も風情がある。
【露天風呂入口を望む】前日積もった雪を眺めながらの雪見風呂。正面に打たせ湯、右岩陰に深さ1mの立ち湯がある野趣あふれる源泉掛け流しの湯。
【露天風呂奥を望む】露天風呂奥には浅めの半身浴もある。休憩用ベンチも置かれているのでのんびりと湯浴みができる。
【3F大浴場回廊】3階の大浴場へ向かうアプローチは空中回廊や浮橋を渡る感覚の斬新な通路で印象的な空間だ。
【大浴場】しな織の暖簾をくぐれば、床暖房のある大浴場。廊下を右に曲がると女湯楽山、まっすぐ突き当たると男湯楽水がある。
【楽水入口】男湯入口へ続く橋のような一直線の畳敷きの廊下。
【楽山入口】ロビー吹き抜けを横切るように架かる女湯入口へ続く畳敷きの廊下。
【脱衣所】放射状の梁や一直線に伸びた柱が独創的な木造の風情ある落ち着いた雰囲気の脱衣所。
【洗面所】洗面所も掃除が行き届いて清潔。こちらも和風の造りだ。
【楽水】サウナ、露天風呂完備の思わず泳ぎたくなるような広々とした大浴場。
【楽水】萬国屋自慢の人気の風呂。温海岳を眺め、溢れるお湯に体が溶け込んでゆく。
【湯船から入口を望む】湯の花漂う無色透明の湯は飲用もできる。
【サウナ】浴室脇にあるこじんまりとしたサウナ室。
【楽水露天風呂】大浴場をでると小さめの露天風呂がある。衝立があるので展望は良くないが雰囲気はよい。
【楽水露天風呂】無色透明の湯は全体的に熱めだが、サラッとしたいい湯だ。

posted by 日本の秘湯 at 17:20 | 口コミ情報(0) | 山形県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

山形 酒田 酒田日本海寒鱈まつり

【酒田駅前会場】寒鱈をぶつ切りにし味噌仕立てで丸ごと鍋にして、雪のちらつく屋外で熱々の寒鱈汁を堪能する祭り。会場は中通り商店街・中町モールをメイン会場に、酒田駅前、さかた海鮮市場の3ヵ所で開かれている。
【中通り商店街会場】第23回酒田日本海寒鱈まつり(2010/1/23,24)は、厳寒の日本海の荒波でもまれ脂ののった寒鱈のどんがら汁と酒田の名物料理の店が並ぶ味の暖簾街に酒田北前太鼓、寒鱈の解体実演などのイベントも行われる。
【中町1丁目味の暖簾街】味の暖簾街では、寒鱈汁、焼きおにぎり、宮野浦産の金時芋のやきいも、玉こんにゃくなどが味わえる。
【寒鱈汁大鍋】まつりでは身もアラも全て大鍋に入れ豆腐やねぎを加えて味噌仕立てにし、最後に岩のりを散らして食べるのが主流だ。
【寒鱈のどんがら汁】食べ残す部分がないと言われる鱈のおいしさをまるごと味わえる(500円)。白身の部分はさっぱりとした食感、オスの精巣白子の濃厚な味わいとクリーミーな食感も絶品だ。
【中町2丁目味の暖簾街】寒鱈とは寒の時期(24節気でいう1月上旬の小寒から2月上旬の立春を迎えるまでの時期)にとれる真鱈のこと。大寒の1月下旬がもっとも脂が乗っておいしい時期と言われている。
【寒鱈汁大鍋】5kgの鱈から約20食分が作られ、毎年約1万食が用意されるそうだ。
【中町モール会場】酒田の大獅子もまつりを盛り上げる。
【太鼓道場風の会太鼓演奏】中町モールでは広場にステージや休憩所が設けられ、寒鱈汁や太鼓演奏が楽しめる。厳寒をものともせず、勇壮な響きで祭りをいっそう盛り上げ、会場は立ち上る湯気と熱気で大変な賑わいとなる。
【中町モール味の暖簾街】地元では昔からどんがら汁と呼ばれているが、どんがらとは魚のアラのこと。もともとは漁師たちが浜の納屋で食べていたのが始まりと言われている。
【さかた海鮮市場会場】外に設置された寒鱈まつり用のテントでは寒鱈汁とおにぎりを販売している。
【市場内の様子】市場には地元の人たちや観光客でいっぱいで、活気に満ち溢れている。
posted by 日本の秘湯 at 10:58 | 口コミ情報(0) | 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形 酒田 酒田市みなと市場

【みなと市場】寒鱈まつりの開幕日に合わせて今日(2010/1/23)酒田港本港地区にオープンした鮮魚、青果物、酒類・特産品など9店が並ぶ長屋風の複合小売店舗。斜向かいにはさかた海鮮市場がある。
【みなと市場】気軽に買い物ができる市民の台所として、マグロ専門店や庄内浜直送の魚介類を扱う店、地酒を豊富に取りそろえる店など個性と得意分野を生かし、品ぞろえに工夫を凝らしている。
【鮮魚・加工品店】地魚を加工したハンバーグやさつまあげなど、漁港女性部のかあちゃんが作る昔ながらの味。
【地酒・庄内特産品店】店の人と気軽に会話が楽しめる対面販売。お酒を使ったパウンドケーキなどユニークな商品もある。
【鮮魚店】庄内浜直送の魚介類を扱う店。旬の真鱈などが並び品定めする買い物客も多い。
 
posted by 日本の秘湯 at 12:07 | 口コミ情報(0) | 小旅行南東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形 酒田 さかた海鮮市場

【さかた海鮮市場】酒田港のすぐそばにある日本海で水揚げされたばかりの新鮮で美味しい魚を買える市場。1Fが庄内浜産の魚介類直売店、2Fがその新鮮な魚介類を使った丼物や定食を格安で味わえる食堂になっている。
【寒鱈まつり海鮮市場会場】外に設置された寒鱈まつり用のテントでは、寒鱈汁とおにぎりを販売していた。一月二月の寒い時期は寒鱈と呼ばれる真鱈が脂が乗って最高に旨い。
【市場内の様子】市場には地元の人たちや観光客でいっぱいで、活気に満ち溢れている。
【鮮魚直売】とれたての活きの良い魚が並ぶ。調理方法の案内や持ち帰りに便利な箱詰めもできる。
posted by 日本の秘湯 at 12:17 | 口コミ情報(0) | 小旅行南東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形 酒田湊温泉 本町温泉スパ・ガーデン

住所山形県酒田市本町3-10-30 電話0234-26-8160
泉質単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)
風呂の種類男女別大浴場 男女別露天風呂 歩行浴 サウナ
料金日帰り入浴 大人 500円 小人 250円
日帰り入浴7:00〜23:00(最終受付22:30)
日帰り設備休憩処○(大広間無料、個室1時間1,000円要予約) 食堂○ 駐車場○(80台)
営業期間休館日:毎月第3水曜日
地図を表示マップ
URLhttp://www.spagarden.com/
旅行日2010/1/23

【スパ・ガーデン】おしんのふるさと山形県酒田の市街地にある日帰り温泉施設。駐車場も広めで多くの利用者で賑わっている。
【玄関】酒田港からは徒歩2分のところにあり、さかた海鮮市場で買い物を楽しんだ後や、釣りを満喫した後に利用する人も多いらしい。
【案内図】ホール左側が浴室エリアで大浴場・露天風呂・歩行湯・サウナがあり、右側が大広間と個室の休憩処・売店・レストランエリアとなっている。
【フロント】鍵付き下足箱に靴を入れフロントで受付する。毎月10の日はスパの日で入浴料が500円→350円とお得になる。
【はなみずき】気軽に入れる落ち着いた雰囲気のオープンキッチンレストラン。メニュー豊富な食事が安く食べられる。前にある大広間で食べても良い。
【浴室入口】脱衣所には鍵付きロッカーと脱衣棚の2つがある。混んでる時は脱衣所入口に貴重品ロッカーもあるのでこちらをを利用してもよい。
【大浴場】浴槽は内風呂が1つ。ジェットが2つある。湯は単純温泉らしいさっぱりとしたやや薄緑色の湯。大浴場と露天風呂は加熱循環塩素消毒だ。
【露天風呂・歩行湯】左が露天風呂、右が歩行湯。歩行湯は源泉掛け流しの37.4℃のぬる湯で歩行できる1m位の深い浴槽。泡付きとスベスベ感もある。

posted by 日本の秘湯 at 12:29 | 口コミ情報(0) | 山形県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。