2010年05月29日

石川 道の駅 ころ柿の里しか

住所国道249号 石川県羽咋郡志賀町字末吉新保向10 電話0767-32-4831
駐車場大型車 2台 普通車 166台 身障者 4台
車中泊評価総合○ 静粛○ 平坦○ トイレ○ 食材○(前に大型スーパー志賀の郷) 入浴○ 安全○
ショップ売店 10:00〜17:00 レストラン 11:00〜22:30 風呂 10:00〜23:00 450円
情報環境インターネット? ワンセグ○(6局)
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省北陸地方整備局)
旅行日2010/4/29

【道の駅ころ柿の里しか】石川県能登半島の中央に位置し能登の南の玄関口、国道249沿いの志賀町にある道の駅。能登旅行の拠点にはもってこいだ。
【案内図】旬菜館(農産物直売所)、地域の文化館と無料の足湯、アクアパークシ・オン(温泉施設)が整備されている。
【旬菜館】地域の特産物や新鮮な農産物を販売する旬菜館(農産物直売所)。
【地域の文化館】地域の伝統文化である太鼓と版画を伝承し紹介する地域の文化館。屋外には無料で利用できる足湯や休憩エリアも備えている。
【農産物直売所】志賀のころ柿・赤土スイカ・ふるさとせんべい・いがらまんじゅう・幸せせんべい・田舎の芋むすめなどを展示販売。
【情報・休憩施設】旬菜館とトイレの間にある24時間利用可能な情報コーナーと休憩所。奥には自動販売機もある。
【アクアパーク シオン】道の駅に隣接する日帰り温泉施設。平成16年4月17日にオープンし温浴施設と温水プールのある温泉を活用した総合アクアリゾート施設。
【露天風呂】タイル張りがお洒落な洋風大浴場と石組の落ち着いた雰囲気の和風大浴場があり、地下1,500mから湧出る志賀千古温泉はやや茶色がかった食塩泉。湯はやや熱めでかるい塩味がある。
【第1駐車場】旬菜館前の駐車場。広く平らな駐車場と23時まで営業してる温泉と22時までのレストランがあり、車中泊には最適。
【第2駐車場】温泉施設駐車場。温泉の営業時間中は車の出入りも多いが、それ以降は朝まで静か。
【第3駐車場】大型車駐車区画のある第3駐車場。第1駐車場とは入口を挟んで反対側にあるので大型車のアイドリング音も気にならない。
【スーパー】国道を挟んで前には21時まで営業の黒い平屋建ての建物、スーパーセンターロッキー志賀の郷店があり、食材などを調達できる。
【車中泊の様子】夜の旬菜館前。国道に面しているが車通りはさほどでもなく静か。車中泊は31台。
【車中泊の様子】アクアパークシオン前の様子。営業の終わる23時までは明るい。

posted by 日本の秘湯 at 19:01 | 口コミ情報(0) | 道の駅北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

石川 道の駅 輪島

住所県道1号(七尾輪島線) 石川県輪島市河井町20-1-131 電話0768-22-6588
駐車場大型車 8台 普通車 12台 身障者 2台
車中泊評価総合× 静粛? 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ売店 8:00〜19:00 レストラン 10:55〜20:55
情報環境インターネット? ワンセグ?
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省北陸地方整備局)
旅行日2010/4/30

【道の駅輪島】輪島の玄関口、石川県輪島市の県道1号七尾輪島線沿いにある、愛称ふらっと訪夢(プラットホーム)の道の駅。のと鉄道輪島駅跡の駅前広場を活用し、駅舎には地元能登ヒバ材を使用した拭き漆が施され、漆の街輪島の風情が漂う。
【案内図】観光案内所や休憩所があるメイン施設ふらっと訪夢と食事処うまいもん処のほか、駅跡地を利用したため、広いスペースにタクシーやバスターミナルがある。また、うまいもん処の裏手には1時間無料の普通車100台の広い駐車場もある。
【ふらっと訪夢】1階には観光案内所や休憩所がある。2階は旅交流ギャラリーとなっていて、毎土曜夜には、独特のリズムと動きが心に響く輪島の伝統芸能御神乗太鼓が催されているそうだ(無料)。
【観光案内所】観光情報や宿泊案内などが置いてある。輪島市内を観光する前にここで情報を入手するといい。右の自転車はレンタサイクル(1時間200円)。レンタサイクルで輪島観光もよい。
【うまいもん処】物産館うまいもん処では、輪島市の特産品等を販売する土産物店や麺類等の軽食や一品料理が味わえる食事処がある。
【一般・大型駐車場】大型車8台、普通車12台の小さな駐車場。案内板には1時間無料と書かれているが料金ゲートなどは無い。
【記念撮影スポット】旧輪島駅のホームと線路が一部保存されて記念撮影スポットとなっている。
【幸せの夫婦椀】反対側には輪島漆塗の夫婦椀のオブジェがあり、顔を覗かせて記念撮影ができる。

posted by 日本の秘湯 at 07:13 | 口コミ情報(0) | 道の駅北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 輪島 輪島朝市

【輪島朝市】岐阜県の高山市・千葉県の勝浦と並ぶ、日本3大朝市のひとつである輪島朝市。錦川大通りに面した朝市通り入口。
【案内図】朝市は本町通り(図の黄色部分)で8:00から正午まで開催される。歩行者天国なので車は港の朝市駐車場に停め、そこから徒歩になる。
【朝市通り(本町3丁目)】朝市通り入口付近。朝市通りの延長は360mもあって、その通りには200軒以上の露店や商店が所狭しとならんでいる。
【朝市通り(本町2丁目)】朝市通りの真ん中あたり、鮮魚や魚介類、干物売りなとの露天が立ち並ぶ。オレンジ色の日除けが印象的。
【朝市通り(本町1丁目)】朝市通り一番奥の曲がり角周辺。民芸小物、漆塗りの店からは呼び込みの声があちこちからかかる。
【採れたてのカニ】カニのシーズンは11月から3月。採れたてのカニを頂くことができる。交渉次第ではオマケもたくさん付けてくれる。
【新鮮な魚】新鮮で採れたての魚も美味しい。大きな魚はさばいて切売りしてくれる。
【魚介類】ホタテ、サザエ、アワビなどの魚介類が並べられている。
【フグの干物】身がプリプリしていて、とっても美味しそう。サザエの干物やアワビの干物なんかも売られている。
【海産加工品】岩のりや塩辛などの加工品もたくさん売られている。試食もできるので、その美味しさを味わえる。
【輪島塗の箸】朝市での輪島塗のお土産No.1はやっぱりお箸。夫婦箸や家族向けのセットで売られているものもある。お土産にもピッタリ。
【輪島塗の椀】訳あり品などが3個1000円ほどのお手頃価格で手に入る。同じ椀でもいろんな柄や色があり、見ているだけでも楽しい。
【高級湯呑・汁椀】輪島塗の工程の違いで値段が張る物もある。簡単には手が出ない価格だ。
【漆塗資料館】本格的な輪島塗が買える店。家屋も漆塗りに仕上げられている。
【地べた売りの野菜】地べた売りしているおばちゃん達も沢山いる。新鮮野菜が美味しそう。
【地べた売りの花屋】何故か皆んなもんぺにタオルをほっかむりだ。
【おばちゃん達】通りを歩くたびに声をかけられ、この臨場感というか活気がいい。このおばちゃんパワーが輪島朝市を支えている。
【民芸小物】輪島の朝市通りはもともと商店街なので、朝市では露店だけではなく通りに面した店も営業している。
【輪島地酒】白駒醸造元で朝市通りで唯一の蔵元。純米酒おれの酒も人気。酒屋では甘酒を頂ける。
【移動式魚屋】輪島港でその日採れた魚を売り歩くリアカー。街中を移動しながら魚を売っている。
【朝市みやげ処】輪島朝市ならではの食材や工芸品などの特産品を販売しているみやげ処。駅長さん人形が目印。
【イナチュウ美術館】朝市通りにある大理石造りの美術館。世界各国の王朝時代につくられた品々や王侯貴族たちの愛用品を専門に展示している。
posted by 日本の秘湯 at 07:35 | 口コミ情報(0) | 小旅行北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 輪島 朝市定食 ままや

【ままや】朝市近くで朝食を食べるならここ。朝市駐車場トイレ棟の前から朝市通りに入る風呂屋小路にある老夫婦2人でやっている定食屋。
【玄関】新鮮な山海の幸とお袋の味が魅力。魚介類は直接網元から仕入れ、野菜は朝市で調達と、輪島でとれた物しか出さないというこだわりを持つ。
【店内】定食のメニューは朝市定食(1100円)・焼き魚定食(1800円)・刺身定食(1700円)の3種のみ。焼き魚と刺身定食は、朝市定食に旬の焼き魚か刺身がそれぞれ付く。壁には有名人の色紙が貼ってある。
【朝市定食】こだわりの品々は、酢の物(もずく)、煮物(筍)、煮魚(キスの南蛮漬け)、茶碗豆腐(輪島の豆腐)、ご飯、味噌汁、漬物の7品。一度に全部でてくるのではなく、お盆の上に次々とのっていく。
posted by 日本の秘湯 at 10:01 | 口コミ情報(0) | 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 輪島 ゾウゾウ鼻見晴らし展望台

【ゾウゾウ鼻見晴らし展望台】輪島市から猿山岬灯台方面へ続く西保海岸と峠を経てさらに続く皆月海岸沿いは素朴な自然の残る海岸線だ。
【ゾウゾウ鼻と千畳敷岩】断崖の上の展望台から眼下を望む。海岸から突き出た右の細長い奇岩がゾウゾウ鼻と名付けられた岩、隣の一枚岩が千畳敷岩。
【西保海岸(西)】12.5kmの岩礁が続く西保海岸。展望台から眺める海は美しい、あらためて日本海の広さを感じる。
【西保海岸(東)】今走ってきた道を振り返る。天気の良い日には七ツ島、舳倉島、佐渡島が見える。
posted by 日本の秘湯 at 11:26 | 口コミ情報(0) | 小旅行北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 輪島 猿山岬灯台・雪割草群生地

【猿山岬灯台】猿山岬は奥能登最後の秘境といわれ、日本有数の雪割草の群生地。輪島方面からは県道38→県道266で皆月湾にでて、海沿いをさらに進むと次第に山の上に登る道に替わり駐車場のある突き当りが娑婆捨峠。
【案内図】散策コースは猿山周遊コースと深見に抜けるコースとがある。共に1時間30分程度のコースだ。ピンク部分が雪割草群生地。雪割草は終わったがカタクリの花が綺麗と聞いたので行ってみた。
【灯台と猿山山頂の分岐点】娑婆捨駐車場に車を停め坂道を少し登ると案内図A地点にでる。猿山岬灯台(B地点)と猿山山頂(H地点)の分岐点。
【娑婆捨峠】駐車場から数分、坂道を登りきった所にある娑婆捨峠の休憩舎。看板左にはトイレもある。ここから灯台までは徒歩15分。
【猿山岬の森】猿山岬の森入口。自然遊歩道が整備されここから灯台までは山道の遊歩道が続く。
【遊歩道から見る灯台】青い海に向かって立つ白い灯台。200mの断崖が続く岬で一際目を引く。
【岬から輪島方向を望む】日本海の外海に面する猿山岬。小春日和とはいえ白波のたつ荒々しさだ。
【逢瀬橋】途中、逢瀬の谷に架かる橋。橋のたもとにある説明板には逢瀬の谷のいわれが書いてある。
【猿山岬灯台】普段は無人で中には入れない。雪割草まつりの時は公開されるらしい。
【灯台展望室】17.2mの灯台からは日本海の豪快な眺めが堪能できそう。まさに絶景と思う。
【D地点の案内板】スハマソウ(雪割草)は早春、雪解けと同時に開花する様子から雪割草呼ばれ、海風に耐えながら愛らしい花を咲かせる。花言葉は「忍耐」。花の色も紅、濃赤紫、桃、白と多彩。
【雪割草群生地】猿山岬の群生地は、石川県では最も大きく貴重なもの。3月中旬から4月上旬にかけて、色とりどりの雪割草が目を楽しませてくれる。
【E地点への遊歩道】のと猿山雪割草のみち(3.4km)では、変化に富んだ景観を楽しむことができる。
【野の花】4月も終わりだったので雪割草は見れなかったが、可憐な花が咲いていた。
【すみれ】山間部の道ばたに、春に深い紫色の花を咲かせる野草。
【いちりん草】茎に花が1個しか咲かないいちりん草。山麓の草地や林内などに咲く。
posted by 日本の秘湯 at 12:14 | 口コミ情報(0) | 小旅行北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 七尾 和倉温泉 加賀屋

【加賀屋】能登半島の七尾湾に面して豪華な宿が建ち並ぶ和倉温泉。加賀屋は豪華な設備と匠の技でつくる伝統の味、細やかな心配りの接客術で有名。
【海側から見た加賀屋】お客様の満足を第一に考えるもてなしの心は、プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で30年も1位を受賞している。
【エントランス】客室ランクは上から浜離宮、雪月花、能登渚亭、能登客殿、能登本陣となっている。
【加賀屋の名物】女将を先頭に和服姿の接客係が玄関前にずらりと勢ぞろいして出迎える。
posted by 日本の秘湯 at 15:14 | 口コミ情報(0) | 小旅行北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 七尾 和倉温泉湯元の広場・弁天崎源泉公園

【湯元の広場】能登半島の七尾湾に面して豪華な宿が建ち並ぶ和倉温泉。開湯は今から1200年前、2羽の白鷲が傷ついた足を海中に湧く湯で癒していたのを、漁師が発見したのが始まり。
【湧浦乃湯壺】加賀屋前にある湯元の広場の涌浦乃湯壺には、開湯の伝説にちなんだ白鷲のブロンズ像と記念碑が置かれ源泉が湧き出ている。温泉卵作りも可能(約15分)な人気のスポットだ。
【湧浦乃炎】高さ11.5mの日本最大のガス灯の横にある石碑。夜はガス灯に照らされた噴水のように温泉が出るモニュメントの温泉流水塔が見もの。
【弁天崎源泉公園】湯元の広場横にある和倉温泉の源泉が湧き出す小さな公園。庭のような散歩道と言った雰囲気で、夜にはライトアップされ、湯上がりの散策に最適。
【雲涛楼乃図】昔は和倉温泉の源泉の涌く小島だったが埋め立てられ陸続きの公園となり、園内には弁天社や源泉の供給施設、高浜虚子や佐々木信綱の歌碑が立ち、温泉たまごも作れる雲涛楼乃図もある。
【手湯】2010年4月にリニューアルされ、温泉を肌で感じれる「手湯」や源泉がベンチを流れる「あったかベンチ」などが新しく整備されくつろげる空間になった。
posted by 日本の秘湯 at 15:30 | 口コミ情報(0) | 小旅行北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 和倉温泉 総湯

2011年(平成23)4月29日にリニューアルオープン。新しい建物は格子が印象的な和風建築。入浴料も480円から420円に値下げされた。(2011年8月追記)
住所石川県七尾市和倉町ワ-5-1 電話0767-62-2221
泉質ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 サウナ
料金日帰り入浴 大人 480円 子供 180円 幼児 100円
日帰り入浴7:00〜22:00
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間毎月25日休業(日祝日の場合は翌日)
地図を表示マップ
URLhttp://www.wakura.co.jp/
旅行日2010/4/30

【和倉温泉総湯】石川県の能登半島中央に位置する北陸有数の温泉郷、和倉唯一の共同浴場。和倉温泉の中心部、加賀屋の近くに位置している。玄関前には観光客も気軽に楽しめる無料の足湯を設置。
【玄関】開湯1200年と古く現在の建物は6代目となる立ち寄り専用の総湯。無料大広間の他に無料で利用できる仮眠室がありのんびりできる。
【飲泉所】飲泉所では温泉たまごが茹がかれておりフロントで購入できる。温泉たまごが出来上がるまで約15分、足湯で時間を過ごすこともできる。
【下足箱】玄関を入ると正面に下足箱、左奥に受付と売店が、右側食事処と仮眠室の間には貴重品ロッカーがある。通路突当り奥が大広間。
【受付】受付の先を左に進むと浴室入口になる。館内は赤で統一されている。
【売店】受付の先、食事処の前には売店があり、特産品やスナック菓子類が買える。
【食事処】能登ならでは、和倉ならではの新鮮な旬の味を地酒とともに楽しむこともできる。
【仮眠室】食事処右にある無料の仮眠室。中には枕付きの簡易ベットが8台並んでいる。
【大広間】湯上りのひと時をゆっくり過ごせるテレビが備えられた無料の大広間。年配者がお茶と昼ごはんを持参してゆったりとくつろいでいる。
【浴場通路】通路突き当たりに浴室入口と休憩処があり、2階にはゆったりとした部屋でのんびりとくつろげる有料個室がある。
【中庭】浴場通路にある和風庭園の中庭。燈籠を配した池には鯉が泳いでいる。
【浴室入口】男湯入口。奥に女湯入口がある。左は喫煙コーナーのある湯上り処でソファー、マッサージチェアやテレビが備えられている。
【大浴場】竜宮城をイメージした大浴場には4種の機能バスがある。熱めの湯は無臭で多少のヌメリと、飲んでみるとかなり熱く辛しょっぱい。かなり塩分が濃い湯だ。まるで海水の風呂に入っているかのような感覚。循環塩素消毒だが塩素臭はしない。
【露天風呂】こじんまりした解放感あふれる露天風呂。巨石が配されて上には屋根がかかっている。床面の青石はやわらかくてとてもよい。周りが囲まれているので景色がちょっと残念。肌触りはツルツル、湯上がりはベタベタでかなり温まる。

posted by 日本の秘湯 at 16:04 | 口コミ情報(0) | 石川県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 和倉温泉 総湯足湯

2011年(平成23)4月29日にリニューアルオープン。新しい建物は、格子が印象的な和風建築。入浴料も480円から420円に値下げされた。(2011年8月追記)
住所石川県七尾市和倉町ワ-5-1 電話0767-62-2221
泉質ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
風呂の種類足湯
料金無料
日帰り入浴24時間
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間無休
地図を表示マップ
URLhttp://www.wakura.co.jp/
旅行日2010/4/30

【和倉温泉総湯】石川県の能登半島中央に位置する北陸有数の温泉郷、和倉唯一の共同浴場。和倉温泉の中心部、加賀屋の近くに位置している。玄関前には観光客も気軽に楽しめる無料の足湯を設置。
【足湯全景】足湯は2段に分かれた造りで、上段は床に玉石を敷き詰めた歩行湯。下段はベンチ式の足湯になっている。
【歩行足湯】玉石の凹凸が足の裏を刺激する歩行湯は、温泉と運動療法の相互作用で疲労回復に効果があるそうだ。
【足湯】温泉には入らず気軽に和倉温泉の湯を足湯で楽しむことができる。

posted by 日本の秘湯 at 16:09 | 口コミ情報(0) | 石川県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山 道の駅 ウェーブパークなめりかわ

住所県道1号(富山魚津線) 富山県滑川市中川原410 電話076-476-9300
駐車場大型車 10台 普通車 100台 身障者 4台
車中泊評価総合○ 静粛○ 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴×(※) 安全○
ショップ火曜定休(3/1〜5/31は無休) 売店 9:00〜17:00 レストラン 11:00〜21:00
情報環境インターネット? ワンセグ○(5局)
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省北陸地方整備局)
旅行日2010/4/30
※タラソピアは日帰り温泉ではなく水着と水泳帽を着用して利用する健康増進施設。

【道の駅ウェーブパークなめりかわ】富山県の中央部からやや東北よりに位置する滑川市の県道1号富山魚津線沿いにある道の駅。駅からは富山湾の海岸線や3000m級の立山連峰を仰ぎ見ることができる。
【案内図】ほたるいかミュージアム、タラソピア、休憩施設を核として整備されている。ほたるいかミュージアムは、物産館・レストランのゾーンとホタルイカの不思議な世界を光で演出したミュージアムの2つのゾーンから成る。
【休憩・展望施設】面白い形を組み合わせた造りの休憩・展望施設。左側には海のイラストが印象的なまるで水族館のようなトイレ、右側には情報コーナーと休憩所がある。上に登ると展望台。ここから見る富山湾に沈む夕陽はとってもロマンティックだ。
【タラソピア】深層水体験施設タラソピア(800円)。前に駐車場がある。左はほたるいかミュージアム。海洋深層水のジャグジープールでは歩行浴やジャグジーなど全12種類のアイテムを体験できる。予約制のヒーリングメニューは別料金となる。
【ほたるいかミュージアム】ほたるいかの生態を紹介する博物館(ホタルイカの発光が見られる4〜5月800円、他は600円)。右隣の1階にはホタルイカ加工製品や地場特産品・地酒などを扱う物産館が、2階にレストランがある。売店横には自販機コーナーと休憩スペースも完備している。
【ほたるいか海上観光】展望台からみる滑川漁港。漁港内には、ほたるいか海上観光(午前3時出航、3000円)の発着場がある。4月〜5月はじめまでの約1ヵ月間しか運行していない観光船で、すでに予約で一杯だった。
【レストラン光彩】2階のパノラマレストランは窓も大きく、明るい雰囲気だ。窓からは雄大な富山湾を一望できる。メニューは和食とイタリアン中心、特産のホタルイカ料理も堪能できる。
【足湯】レストラン1階海側にある海洋深層水の足湯。4月下旬から10月上旬までの季節限定で開放されている。時間も遅かったので湯は張られていなかった。
【駐車場】駐車場は県道側の大型車エリアと駅舎側の普通車エリアに区分されている。またタラソピア前にも小さな駐車場がある。
【駅舎側駐車場】駐車場も平坦で広々とし車中泊にも十分耐えられる。ナビで行くと道の駅裏の海沿いの細い道を案内することもあるので注意。県道1号から入るのが賢明。
【車中泊の様子】県道から1本奥に入った道路沿いにあり、夜は車通りも少なく静か。少し明る過ぎるかもしれない。
【車中泊の様子】道の駅の裏は海だが駐車場にいる限りはその雰囲気はない。車中泊は23台。

posted by 日本の秘湯 at 19:07 | 口コミ情報(0) | 道の駅北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

富山 道の駅 うなづき

住所県道14号(黒部宇奈月線) 富山県黒部市宇奈月町下立687 電話0765-65-2277
駐車場大型車 3台 普通車 100台 身障者 6台
車中泊評価総合○ 静粛? 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ売店 9:30〜21:00 レストラン 10:00〜21:00
情報環境インターネット? ワンセグ?
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省北陸地方整備局)
旅行日2010/5/1

【道の駅うなづき】富山県黒部市(旧宇奈月町)の県道14号黒部宇奈月線、北陸道黒部ICから温泉街への通り道右側にある道の駅。
【案内図】駐車場に新しくできたうなづき食菜館、宇奈月麦酒館、うなづき友学館で構成され荘厳な雰囲気を漂わせた外観が印象的だ。
【宇奈月麦酒館】宇奈月地ビールの博物館。2階ビールミュージアムでは、ビールの製造工程を実際に見学できる。1階にはバイキングのレストランや売店などがある。
【うなづき友学館】黒部市立図書館宇奈月分館(無料)と歴史民俗資料館(300円)から成るうなづき友学館。
【うなづき食菜館】2010/4/20新オープンの新施設。地元野菜の直売と黒部名水カレーや宇奈月麦酒をはじめとする黒部ブランド、ほたるいかの沖漬けや白えびの甘酢漬など富山の特産品、宇奈月のお土産などを展示販売。
【直売所】名水で知られる黒部川の水で造られたモルト100%の地ビール宇奈月麦酒。キレのある十字峡(ケルシュ、黄金色)、フルーティなトロッコ(アルト、濃赤銅色)、芳醇なカモシカ(ボック、黒ビール)、2010/4/24新発売の黒部の月の4種類ある。
【多目的広場】道の駅うなづきの案内板。その裏手には野外ステージのある多目的広場がある。
【トイレ棟】その隣にある24H利用できる土蔵風の屋外トイレ。前には自動販売機もある。
【道の駅駐車場】田んぼの中にあり静かで立地が良いので車中泊にもいいかも。周囲の景色も広々としていてのんびり過ごせそう。
【うなづき友学館駐車場】県道14号沿いだが夜間の通行量は少ないと思われる。

posted by 日本の秘湯 at 08:06 | 口コミ情報(0) | 道の駅北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山 宇奈月 宇奈月ダム・うなづき湖

【うなづき湖第一展望台】高さ97.0mの宇奈月ダムは富山県黒部市宇奈月町にある黒部川中流に建設された黒部川唯一の多目的ダム(洪水・水道・電気)。
【うなづき湖】宇奈月温泉街から車で約10分ほどでうなづき湖(宇奈月ダム湖)に着く。湖畔は除雪されないので冬季閉鎖される。駐車場は30台位(無料)。
【ダム方向の眺望】湖畔は尾の沼公園水辺活動ゾーンとして整備され、水辺に降りてダム湖とふれあうことができる。
【黒部方向の眺望】エメラルドグリーンの湖面の向こうには、黒部峡谷の山並みが続き、オレンジ色のトロッコ電車が走るのも見える。
【トロッコ電車】対岸を走る黒部峡谷鉄道のトロッコ電車。
【立山連峰】うなづき湖に向かう途中、県道13号から見る残雪の立山連峰の山々。
posted by 日本の秘湯 at 08:56 | 口コミ情報(0) | 小旅行北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山 宇奈月温泉 とちの湯

住所富山県黒部市宇奈月温泉字大尾6215 電話0765-62-1122
泉質アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 男女別露天風呂
料金日帰り入浴 大人 500円 子供 250円 幼児 無料
日帰り入浴9:30〜22:00(冬期は9:30〜21:00)(開館時間9:00〜施設入場可)
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間冬期(12月中旬〜4月上旬)休業
地図を表示マップ
URLhttp://www.unazuki-onsen.com/index.php?page_id=284
旅行日2010/5/1

【とちの湯】富山県黒部市にある黒部峡谷の玄関口宇奈月温泉街から車で約10分、宇奈月ダム湖畔にある冬季閉鎖の市営日帰り入浴施設。建物は駐車場から300m程歩いた所にある。
【石垣下より望む】とちの湯は2002年4月に完成した尾の沼公園の敷地内にある尾の沼体験交流施設で、右が受付棟、左が温泉棟。露天風呂はこの石組みの上にある。
【玄関】玄関を入るとエントランスがあり右と前に入口がある。この日は9時前に到着、9時からテラスで待っていたが、準備の整った9時15分頃に入浴させてもらった。
【ロビー】エントランスを右に入るとロビーと展示コーナーがある。館内は床や側壁などに地元の木材がふんだんに使われていて、樹齢300年のとちの木の置物が置かれている。
【テラス】前に進むとテラスになっていて、開館時にガラス戸が雨戸のように片づけられ、眼下にうなづき湖の緑の水面や対岸のトロッコ電車が見える。
【受付】券売機で入場券を買い、浴室の長い廊下に向かう。再入浴はできないが受付時にその旨を伝えれば、休憩後の再入浴ができる。
【ロッカー】脱衣所には貴重品ロッカー(無料)しかないので、大きな荷物はこの100円返却式ロッカーにいれるとよい。
【浴室への通路】受付奥にあるこの長い廊下を奥に進むと暖簾がありその奥に浴室がある
【浴室入口】手前が男湯、奥が女湯の入口。暖簾越しに下足箱が見える。ここまでは土足でこれる。
【脱衣所】脱衣カゴと貴重品ロッカーが置かれた脱衣所。脱衣場からは直接露天風呂へ行くドアと内湯へのドアがある。
【洗面所】ドライヤーが置いてあるだけのこじんまりとした洗面台。
【内湯】浴槽はタイル張り。湯は上流の黒薙温泉から引湯した高温のアルカリ性単純温泉だ。
【内湯より峡谷を望む】無色透明でかすかに硫黄の匂いのある、さらさらした感じ。加水循環塩素消毒のためかアルカリ性の割にはぬめり感はない。
【洗い場】浴槽の反対側に3つ、横に2つのカランがあり、リンスインシャンプー、ボディソープが置かれている。
【露天風呂】湖に面した露天風呂からは、木々の緑を映した静かな湖面や遠く近くの山々、そしてトロッコ電車が峡谷を走る姿を眺められる。
【露天風呂】露天風呂は手前が鉄平石で浅く、奥はコンクリートがそのままで一段深くなっている。だが日陰が無いので天気の良い日は長湯ができない。
【露天風呂より峡谷を望む】景観はうなづき湖の緑や黒部峡谷とその向こうにそびえる山々など抜群。
【トロッコ電車】対岸を走る黒部峡谷鉄道のトロッコ電車。

posted by 日本の秘湯 at 08:58 | 口コミ情報(0) | 富山県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山 宇奈月 駅前温泉噴水

【宇奈月温泉駅前】富山県黒部市の黒部川の渓谷沿いに旅館や保養所が立ち並ぶ温泉の駅で、富山地方鉄道の終点駅。駅前広場には温泉街のシンボル、温泉の噴水が訪れた人々を出迎えてくれる。
【駅前温泉噴水】60度の豊富なお湯が勢いよく湯けむりを上げている。 黒部川の上流黒薙温泉から7kmにも及ぶ引湯管で引いてきた湯だそうだ。隣の黒部峡谷鉄道宇奈月駅はトロッコ観光の拠点。
posted by 日本の秘湯 at 12:18 | 口コミ情報(0) | 小旅行北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 糸魚川 親不知・子不知

【親不知・子不知】新潟県糸魚川市の西端に位置する、崖が連なった地帯。街道が波打ち際を通っていたため、寄せ返す波の間に細道を走り抜けねばならず、親は子を、子は親を省みるいとまがなかったことからこの名前が付いたという。
【親不知展望台】富山方面から国道8号をしばらく走り、天険トンネルを抜けた先1kmほどの所に展望台と駐車帯がある。案内板によると平家落人の「親知らず 子はこの浦の波枕 越路の磯の泡と消え行く」の由来説もあるとのこと。
【親不知案内図】北陸道の親不知IC富山側の天険トンネル辺りが親不知、ICの新潟側を子不知といい、親不知と子不知に分かれるが、この2つを総称した名称も親不知である。
【子不知案内図】眼下に親不知を見下ろせる親不知コミュニティロード(古道北陸街道)に行くには、天険トンネル新潟側口すぐ近くの道路沿いに駐車場とホテルがあり、そこから海岸まで降りられる。
【親不知コミュニティロード】崖上左の建物は親不知観光ホテル、右の東屋風建物は親不知コミュニティロード展望台。波打ち際は崖になっており、山肌に国道がへばりついていて、左端には国道8号の洞門も見える。
【親不知の天険断崖】断崖は飛騨山脈(北アルプス)の北端が日本海によって侵食されたために生まれたもの。展望台から富山県側の海岸を眺めると、改めて地形の厳しさを知ることができる。
【天険断崖黎明】木のポールには青海八景天険断崖黎明と書いてある。
【波打ち際】古道北陸街道ができる前には波打ち際を進む道があったという、が確認できない。
posted by 日本の秘湯 at 13:02 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 道の駅 親不知ピアパーク

住所国道8号 新潟県糸魚川市外波903-1 電話025-561-7288
駐車場大型車 13台 普通車 344台 身障者 4台
車中泊評価総合△ 静粛? 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ売店 9:30〜17:30 レストラン 9:30〜19:00
情報環境インターネット? ワンセグ?
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省北陸地方整備局)
旅行日2010/5/1

【道の駅親不知ピアパーク】新潟県糸魚川市にある道の駅。全国初の海上ICとなる北陸道親不知ICの北に位置し、昭和63年の北陸道の全線開通を記念して整備された。海上にせり出した高架橋下の空間と橋脚を組み合わせた公園。
【案内図】親不知高架橋の高架橋下のスペース・橋脚を利用して、お魚センター、レストピア、情報コーナー、翡翠ふるさと館、レストラン漁火、電動カー遊戯スペースなどがあり、駐車場も海岸に沿って細長く整備されている。
【お魚センター】新鮮な魚介類を販売しているお魚センター。
【お魚センター店内】旬の魚や海鮮加工品が豊富に並んでいる。
【レストピア】お魚センターの隣には売店・軽食・休憩所のあるレストピア。橋脚には大陶壁画が8枚描かれている。
【軽食コーナー】レストピア内の軽食コーナー。セルフサービスでメニューは麺類・ラーメン・簡単な御飯類。
【お土産コーナー】レストピアの奥には売店マリンがあり、親不知土産などを販売している。
【情報コーナー 】掲示板・案内人・パンフレットなどで案内。
【翡翠ふるさと館】世界最大102tの翡翠原石を展示した翡翠ふるさと館。館内では前の海岸で拾った石の鑑定を鑑定員にして貰っている人も多い。
【翡翠原石】これが世界最大級の翡翠原石。館内には大小さまざまな翡翠の展示や翡翠誕生の説明パネルなどがある。
【レストラン漁火】敷地内の最も奥にある食事処。全面ガラス張りの展望レストランで新鮮な魚介類の磯料理や山菜などの和食から洋食まで味わえる。
【ウミガメのミリオン像】親不知ピアパークのシンボル的な存在の、世界一のブロンズ製の巨大海亀親子像。
【高架橋完成記念碑】親不知海岸高架橋完成記念モニュメント。昭和63年7月とある。
【親不知海岸】親不知海岸で翡翠探しをする人々がちらほら。
【駅入口から見た駐車場】駐車場は広く平らなので車中泊にも十分耐えられる。大型車との区分けがされているのでアイドリングは気にならないのでは。高架下にも駐車場があるので雨風の強い日にはこっちのほうがお勧め。
【再奥から見た駐車場】海の傍だが波打ち際までの距離が長いので波の音はあまり気にならないと思う。だだ、高架橋下なので北陸道を走る大型車の走行音が少しうるさいかもしれない。海に近いので釣り客の車中泊が多そうだ。

posted by 日本の秘湯 at 13:17 | 口コミ情報(0) | 道の駅甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟 上信越道 妙高SA(上)

駐車場大型車 20台 普通車 36台 身障者 1台
車中泊評価総合△ 静粛? 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ売店 7:00〜20:00 レストラン 7:00〜20:00
情報環境インターネット× ワンセグ?
地図を表示マップ
URL東日本高速道路サービス
旅行日2010/5/1

【妙高SA(上)】新潟県妙高市関山にあるSA。SAとしては小規模の施設。売店・軽食コーナーのみで情報コーナー、レストランはない。、
【妙高山】標高2454mの妙高山を一望できる自然に囲まれたエリア。関山周辺は日本有数の豪雪地帯なので冬季は積雪に要注意。
【売店】TVの行列の出来る法律相談所で紹介された雲丹めかぶが人気。
【軽食コーナー】ラーメンやカレーの様な簡単な食事ができる。
【駐車場】SA側の駐車場。夜8時には売店・軽食コーナーが閉鎖されるのもSAでは珍しい。
【駐車場】高速道側の駐車場。標高1000m級の位置にあり、夏場の厚さ逃れの車中泊地と割り切ったほうがいいだろう。

posted by 日本の秘湯 at 14:49 | 口コミ情報(0) | SAPA上信越道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬 上信越道 横川SA(上)

駐車場大型車 45台 普通車 170台 身障者 4台
車中泊評価総合○ 静粛? 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ売店 7:00〜20:00/釜めし売店 8:00〜(日祝7:30〜) レストラン 10:00〜22:00 軽食 24H スターバックスコーヒー 7:00〜21:00(11/1〜3/31〜20:00)
情報環境インターネット○ ワンセグ?
地図を表示マップ
URL東日本高速道路サービス
旅行日2010/5/1

→ 横川SA(下)
【横川SA(上)】群馬県安中市にある峠の釜めしで有名なSA。旧中山道五料茶屋本陣を基調とした切り妻屋の造りの和風建築。上りは峠の釜めし、下りはだるま弁当となっていて上下で群馬の人気駅弁2つを楽しめる仕掛けになっている。
【案内図】広々とした敷地内に、農産物直売所、ショッピングコーナー、釜めし売店、フードコート、ベーカリー、テイクアウト、スタバなど多彩な店がはいる。また休憩用テラス席やベンチも多く、両側には2つの日本庭園もある。
【農産物直売所】SA前には農産物直売所があり、地元野菜や果物などを展示販売。
【売店】県境でもある碓氷峠らしくショッピングコーナーには群馬と長野のお土産が並ぶ
【荻野屋峠の釜めし売店】峠の釜めし本舗荻野屋の持ち帰り釜めし売場。テイクアウトして屋外や休憩・食事処で食べてもよい。
【峠の釜めし】持ち帰り釜めし900円以外にも、フードコートに峠の釜めしセット(なめこ味噌汁付)1050円、レストランに釜めし御膳1500円もある。
【横川駅メモリアル】旧国鉄車両のキハ58系の前頭部が設置され、車内で釜めしを食べられるようになっていて、碓氷峠越えの準備をする待ち時間に釜めしを食べた往時を偲べるようになっている。
【休憩・食事処】レストラン、フードコートなどがある。それぞれ工夫を凝らしたメニューを準備。木や畳など和風のインテリアで落ち着いた空間になっている。
【横川苑庭門】西側(入口側)にある日本庭園横川苑の庭門。苑の隣には広々とした緑地もある。
【日本庭園】庭園内には東屋風の屋根が付いたベンチが設置されている。
【関所風庭門】東側(出口側)にある碓氷の関所を偲ばせる関所風庭門。
【梅林】奥には見晴らしの良い梅林の中を通る散策路がある。緑地内にも大きなベンチが点在する。
【普通車駐車場(出口側エリア)】駐車場は広く平坦で、大型車エリアと普通車エリアは完全に分離されているので車中泊にはよさそう。前方の山は日本三大奇勝の1つ標高1104mの妙義山。
【普通車駐車場(入口側エリア)】人気SAなので車の出入りが多いが、停める場所さえ間違えければ快適かも知れない。

posted by 日本の秘湯 at 16:23 | 口コミ情報(0) | SAPA上信越道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉 関越道 高坂SA(上)

駐車場大型車 88台 普通車 326台 身障者 7台
車中泊評価総合○ 静粛? 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ売店 24H レストラン 7:00〜22:00 軽食 24H TULLY'S COFFEE 10:00〜20:00
情報環境インターネット○ ワンセグ?
地図を表示マップ
URL東日本高速道路サービス
旅行日2010/5/1

→ 高坂SA(下)
【高坂SA(上)】埼玉県東松山市にある東京方面最後のSA。駐車場・ガソリンスタンド・コイン洗車機を除き、上下線両施設の相互利用が可能である。
【衛星写真】下が上り線、上が下り線のSA。上下線の間の斜面を利用してドッグラン(下り線側に入口がある)が整備されている。
【テラス席】タリーズコーヒー前のテラス席。歩道が広く歩きやすい。売店の前などには沢山のテラス席が点在しているのでゆっくり休憩できる。
【東松山名物】テイクアウトコーナーには東松山名物の味噌だれ焼きとり(1本180円)の店が設置されている。秘伝のピリ辛味噌ダレが美味しい。
【売店】豚ロース肉を使用した秩父の銘品、肉の味噌漬を始め高坂限定の商品を多数扱っている。またベーカリーコーナーでは焼きたてパンを味わえる。
【フードコート】うどん・そば・定食コーナーのほか、ラーメン専門店花月嵐、とんかつ専門店かつやがある。
【駐車場】普通車300台以上の広大な駐車場。トイレ近くを避ける、大型車エリアから離れるなど場所を選べば意外と静かに眠れそう。
【駐車場】首都圏の前泊基地として使える。前泊で朝の渋滞を避ければ時間節約になる。

posted by 日本の秘湯 at 18:14 | 口コミ情報(0) | SAPA関越道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。