2012年12月16日

東京 世田谷 世田谷ボロ市2012年末

【世田谷ボロ市】毎年12月15・16日、1月15・16日の4日間開催される世田谷のボロ市。2012/2013年は435周年にあたる歴史のある伝統の市で、骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な700近くの露店が軒を連ねる。
【ボロ市会場マップ】メイン会場は代官屋敷を中心としたボロ市通り(中央病院から郵便局の約500m)。世田谷駅で降り、ボロ市通りを歩いて上町駅から帰るコースがお勧め。各日20万人近くの人で賑わう。東京都指定無形民俗文化財に指定されている。
【東急世田谷線三軒茶屋駅】三軒茶屋から世田谷区内の下高井戸間を走る東急世田谷線。自動運賃箱のほか臨時の改札口を設けて対応している。
【世田谷駅】運賃は前払い。全区間均一運賃(140円)のため切符は発行されない。電車は2両編成で、路面電車によく似ている。
【公式ポスター】今回は5年に1度の代官行列が行われ、地域の人々が江戸当時を模した装束を身につけ会場内を行列が練り歩く(代官行列は15日のみ)。
【円光院通り】世田谷駅を降りた円光院周辺のボロ市。食品や物産展の露店が多く並ぶ。活気のある“市”の雰囲気を味わえる。
【駅前通り(入口付近)】ボロ市は左側通行。ボロ市の魅力は、子供からお年寄りまで楽しめるということ。いろんなものがボロ市には集まってる。
【甘酒屋】とにかくすごい混雑で、ゆっくり見ることができない。買うのもひと苦労。美味しい温かい甘酒(100円)。チョコバナナは子供に人気。
【仏具陶器の店】仏像、仏具、陶器、人形などを売っている露店に始まり、色々な露店が続く。
【駅前通り(中央付近)】子供の世界。時代の主役が、遊んでくれる子供を待って並んでいる。
【古着屋】時代の流れを感じる古着がいっぱい。ダンボールの中には正絹の帯。泥大島1万円から。
【古道具の店】食器類の店も多い。昔懐かしい羽子板。昔の記憶がよみがえる。
【甘酒屋】甘酒もアチコチで売っている。創業60年の歴史をもつボロ市で一番古い甘酒屋(150円)。
【ボロ市饅頭】その場で蒸上げたボロ市まんじゅう(1個100円)。こし餡としろ餡の2種類ある。
【駅前通り(中央病院付近)】中央病院付近から駅前通りを振り返る。人が沢山いるから、歩くだけで精一杯。飲んだり食べたりするのも大変。
【ボロ市通り(中央病院付近)】ボロ市通り沿いを中心に、道端で古物・骨董、古着に諸道具、皿や陶器、食料品などを売るたくさんの露店が並ぶ。
【多肉植物】同じ業種の店が同じエリアに集まってる訳ではなく、無秩序にいろんな店が混在してる。
【九谷焼】石川県の工芸品の店。加賀の九谷焼の花瓶、山中漆器のお盆、椀が並ぶ。
【バリ島のお座り人形】外国物の雑貨も多い。アジア雑貨を売っている店。露店に置いてあるとカラフルで鮮やかで、つい欲しくなる。
【ベトナム陶器】ベトナム陶器といえばバッチャン焼き。ベトナム雑貨もたくさん並び、エスニックな香り漂う掘り出し物が見つかるかも。
【骨董屋】骨董が所狭しと並んでいる。良くここまで大事に取ってあったと時代を語る品々に感心。
【古民具】古民具が無造作に並べられた店もあり、楽しい店先に眼が行く。ガラクタもボロ市の主役。
【食器類】ヴィンテージのお皿や湯呑み、ぐい飲みなど、ボロ市は色々な物が売られていて面白い。
【ガラクタ雑貨】種々雑多な物を所狭しと並べた露店。探せば掘り出し物が見つかりそうな感じ。
【羊毛雑貨】羊毛素材の帽子、マフラー、バッグなど選り取り見取り。奥のキュピーも懐かしい。
【ガラス雑貨】ガラスの時計、昆虫の置物、スタンド、動物の壁掛けなどガラス製の雑貨がいっぱい。
【箸屋】箸屋も多い。新年は新しい箸を使おう、ということで多いのかもしれない。
【本革手造り鞄】バッグや財布、時計、アクセサリーの店も多い。とにかく多種多様な品物が並ぶ。
【ボロ市団子】刻み海苔でボロを表した「ボロ市団子」。焼きたてアツアツ1串100円。
【ボロ市通り(代官屋敷付近)】蚤の市やフリマとはちょっと違う、独特の活気に満ちている。
【世田谷代官屋敷表門】ボロ市通りの南側にある近江彦根藩世田谷領20ヵ村の代官を世襲した大場氏の屋敷。主屋及び表門の2棟が国の重要文化財に指定されている。(詳細はこちら
【主屋】江戸中期の建設で、茅葺きの表門、主屋、土蔵、白州跡などの一部が今も現存し、往時の代官屋敷の面影を伝えている。現在は表門と主屋、庭園の一部が公開され自由に見学ができる。
【世田谷区立郷土資料館】代官屋敷敷地内にあり、原始・古代から現代までの世田谷の歴史と文化に関する資料を展示している。年数回企画展も行われる。入場は無料。(詳細はこちら
【ボロ市のジオラマ】例年12月から1月にかけて開催される季節展。「楽市掟書」など関連資料を展示して、その歴史を紹介。江戸時代のボロ市の様子を再現したジオラマ。
【代官餅売場】1975年(昭和50年)から発売されている「代官餅」は、ボロ市の会場でしか製造・販売されない希少性とその味の評判から、ボロ市を代表する名物となっている。(詳細はこちら
【代官餅】人力によるつきたての餅5〜6個を1パックとして、味は「あんこ」「きなこ」「からみ」の3種類で、各1パック600円。他に何ものっていない「白」もある。
【天祖神社】天祖神社はボロ市通りから奥に入ったところにあり、植木市や代官餅の販売が行われ、ボロ市の中心地となっている。
【植木市】神社周辺は、植木や花苗を売る店でいっぱい。千両・万両、シクラメン、多肉植物、球根、山野草、東洋蘭など色々な種類を売っている。
【サボテン】サボテンや多肉植物がいっぱい。買いたくなるほど可愛いサボテンばかり。
【生花】スイスの高山植物。雨の日は蕾み、晴れの日には開く不思議な生きた花。5年はもつそうだ。
【招き猫】招福猫児は右手を上げ小判などを持たない素朴な招き猫。近くの豪徳寺には招き猫伝説が。
【鮮魚屋】富山氷見産の寒ブリの店。正月用の数の子、明太子も置いてある。
【大工道具】 かんな・ノミや金槌、のこぎりをはじめ大工道具が所狭しと並べられている。
【砥石屋】刃物を研ぎながら砥石を実演販売してる露店。冷やかしながら歩くのもまた楽しい。
【まな板屋】木の香りのするまな板やひのきの風呂イスが並ぶ。ひのきのまな板が300円から買える。
【臼と杵の店】臼と杵、蒸篭に釜。餅つきの三種の必需品。大きなサイズが売約済になっていた。
【神棚屋】神棚まで売っていた。積み上げられた神棚が壮観なので撮影スポットになっている。
【ボロ市通り(郵便局付近)】郵便局付近から通りを振り返る。各所に案内の横断幕があり解り易い。
【世田谷通り】上町駅に向う。単なるフリマみたいなものかと思ったら、面白いものや変わったものもいっぱい売ってて、見て歩くだけでも楽しい。
【上町(かみまち)駅】踏切を挟んで両側にホームがある上町駅。いつもは無人駅の上町駅にも駅員が立ち、ホーム入場時に運賃収受が行われる。
posted by 日本の秘湯 at 10:46 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京 世田谷 世田谷代官屋敷

【世田谷ボロ市】毎年12月15・16日、1月15・16日の4日間開催される世田谷のボロ市。2012/2013年は435周年にあたる歴史のある伝統の市で、骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な700近くの露店が軒を連ねる。詳細はこちら
【ボロ市会場マップ】メイン会場は代官屋敷を中心としたボロ市通り(中央病院から郵便局の約500m)。世田谷駅で降り、ボロ市通りを歩いて上町駅から帰るコースがお勧め。各日20万人近くの人で賑わう。東京都指定無形民俗文化財に指定されている。
【世田谷代官屋敷表門】ボロ市通りにある近江彦根藩世田谷領20ヵ村の代官を世襲した大場氏の屋敷。大名領の代官屋敷としては都内唯一の存在で、邸宅兼用の代官所として代官の執務を行なった。
【ボロ市の由来掲示】天正のころ(1570年代)の楽市に始まる農民相手の農具市として毎年暮に開かれ、野良着のつくろいや補強用にボロが盛んに売られたところからボロ市と名がついた。
【主屋玄関】屋敷は江戸中期の建設で、代官所の中心である主屋は約70坪(231.4u)、茅葺きの寄棟造りで、茅葺きの表門、土蔵、白州跡などの一部が今も現存し、往時の代官屋敷の面影を伝えている。
【白州通用門】道を挟んで白州跡の対面にある白州への出入り口。大場家住宅主家及び表門の2棟が国の重要文化財に指定されている。現在は表門と主屋、庭園の一部が公開され、自由に見学ができる。
【白州跡】罪人を取り調べる場所だった白州跡。大場家が治安維持や裁きの権限をも任されていた証で、れっきとした代官屋敷だった事を物語る。
【世田谷区立郷土資料館】敷地内に世田谷区立郷土資料館が設けられている。大場家に残る天正6年から幕末にいたる文書1300余点(都指定文化財)を所蔵。
【大山道標】郷土資料館入口付近には、相模国の御嶽である大山詣をするときに通る大山街道の道標が保存展示されている。
【庚申塔・地蔵】道教の庚申信仰に基づいて建てられた石塔や地蔵、奥には青面金剛と「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿神などが建つ。
【散策路】表門は通常閉鎖されているが、ボロ市のときには開放される。表門から郷土資料館を右手に見ながら主屋の裏側(庭側)に抜ける散策路を進む。
【主屋庭側】現存する建物は代官所としての形態も見られるが、建物は豪農の邸宅風で、武家屋敷としての特徴はあまり見られない。
【庭園】主屋の裏に広がる、手入れのゆきとどいた様々な木の生い茂る庭。立派な木々が、実に美しい庭の景観を造っている。
【井戸】庭にある井戸。立入禁止で中は覗けないが、板で蓋がしてあり現在は使われてなさそう。ここを回ると代官屋敷を一周できる。
posted by 日本の秘湯 at 12:34 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京 世田谷 世田谷区立郷土資料館 季節展「ボロ市の歴史」

【世田谷ボロ市】毎年12月15・16日、1月15・16日の4日間開催される世田谷のボロ市。2012/2013年は435周年にあたる歴史のある伝統の市で、骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な700近くの露店が軒を連ねる。詳細はこちら
【ボロ市会場マップ】メイン会場は代官屋敷を中心としたボロ市通り(中央病院から郵便局の約500m)。世田谷駅で降り、ボロ市通りを歩いて上町駅から帰るコースがお勧め。各日20万人近くの人で賑わう。東京都指定無形民俗文化財に指定されている。
【世田谷区立郷土資料館】代官屋敷敷地内にあり、原始・古代から現代までの世田谷の歴史と文化に関する資料を展示している。入場は無料。
【エントランス】昭和39年の開館後、昭和62年に多目的室、特別展示室を設けた新館が増築され、現行の規模になった。年数回企画展も行われる。
【大山道標】郷土資料館入口付近には、相模国の御嶽である大山詣をするときに通る大山街道の道標が保存展示されている。
【庚申塔・地蔵】道教の庚申信仰に基づいて建てられた石塔や地蔵、奥には青面金剛と「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿神などが建つ。
【1F閲覧室】世田谷区に関する歴史・民俗資料などを収集・保存し、2000点以上の古文書が保管されている。新館にはビデオ視聴のコーナーもある。
【季節展「ボロ市の歴史」】ボロ市の時期の例年12月から1月にかけて開催される企画展。「楽市掟書」など関連資料を展示して、その歴史を紹介。
【2F特別展示室】江戸時代のボロ市の様子を記した書き付けや当時売られていた日用品の復元展示。
【ボロ市のジオラマ】江戸時代のボロ市の様子を再現したジオラマ。
【代官屋敷小屋組模型】世田谷代官屋敷の主屋の小屋組模型。建物の屋根を支えるための骨組みや内部の間取りなどもみることができる。
【2F常設展示室】世田谷区内で出土された石器、土器や、世田谷にゆかりの深い絵画、文書などの資料が常設展示されている。
【稲荷塚古墳】世田谷区は、都内でも有数の遺跡密集地で、古墳時代の稲荷塚古墳の模型の展示。
【野毛大塚古墳石棺】古墳時代の野毛大塚古墳の組合式箱型石棺の原寸大のレプリカ。
posted by 日本の秘湯 at 12:50 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京 世田谷 代官餅 世田谷ボロ市

【世田谷ボロ市】毎年12月15・16日、1月15・16日の4日間開催される世田谷のボロ市。2012/2013年は435周年にあたる歴史のある伝統の市で、骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な700近くの露店が軒を連ねる。詳細はこちら
【ボロ市会場マップ】メイン会場は代官屋敷を中心としたボロ市通り(中央病院から郵便局の約500m)。世田谷駅で降り、ボロ市通りを歩いて上町駅から帰るコースがお勧め。各日20万人近くの人で賑わう。東京都指定無形民俗文化財に指定されている。
【代官餅】会場内にも「ボロ市名物 代官餅」と記した横断幕がそこかしこに掲げられている。矢印方向、天祖神社境内に代官餅売場が設けられている。
【長蛇の列】午後1時だが購入のための長蛇の列ができ、3列の待ち行列ができていた。スタッフの話では40分待ちとのこと(実際は25分だった)。
【代官餅売場】1975年(昭和50年)から発売されている「代官餅」は、ボロ市の会場でしか製造・販売されない希少性とその味の評判から、ボロ市を代表する名物となっている。
【横断幕と食事処】これを目当てにボロ市に訪れる人も多いほど、食べ応えがある。売場のすぐ横にテーブルが置いてあって、買ったその場で食べられる。あったかい番茶の無料サービスも受けられる。
【サンプル見本】人力によるつきたての餅5〜6個を1パックとして、味は「あんこ」「きなこ」「からみ」の3種類で、各1パック600円。他に何ものっていない「白」もある。
【売店】窓口は3つあり、スタッフの女性がテキパキと捌いている。できたてを食べてもらおうと蒸したて、つき立てにこだわったお餅だ。16時ごろには完売してしまうとも。
【餅作り・パック詰め】テントの中では、大根をおろしたり、ねぎを切ったり、餅を詰めたりで大忙し。朝9時から売り切れるまで作り続けられる。
【裏方の炊き出し】テント裏では餅米の炊きあがる白い湯気、景気のいい餅をつくかけ声、並んでいる時間も元気が出てくる。
【きなこ餅・あんこ餅】からみ餅が一番人気のようだが、きなこ餅・あんこ餅も美味しい。餅とその上に載る味のボリュームががかなりあるため、夫婦で1パックが丁度よい。
【からみ餅】大根おろし、海苔、ネギ、鰹節を醤油で和えたものがたっぷりのってて美味しい。ほんのり温かくて、餅だけでも美味しい、コシがあってよく伸びる餅。
posted by 日本の秘湯 at 13:10 | 口コミ情報(0) | 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。