2006年10月24日

栃木 女夫渕温泉 女夫の湯

住所栃木県日光市川俣字荒井田880-2 電話0288-96-0001
泉質ナトリウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 混浴露天風呂 女性露天風呂
料金宿泊 15,000円〜(税込)
日帰り入浴 大人 1,000円
日帰り入浴8:30〜16:00
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間通年営業
地図を表示マップ
URLhttp://www.meotobuchionsenhotel.com/
旅行日2006/10/24

奥鬼怒温泉郷の入口に位置する女夫淵温泉。ホテル裏にある日帰り入浴専用の女夫の湯で券売機の入浴券を買い自動改札を通る。
露天は休憩所を挟んで左右に分かれている。12の露天風呂は、熱い湯、ぬるい湯、広さ、深さ、景色が違うので、順々に楽しみたい。
【白寿の湯】休憩所から一番近い屋根付きの大きな露天。竹筒から源泉が掛け流し。湯船の湯は薄く白濁した半透明です。
【子天狗の湯】右側ゾーンの一番奥にある女夫渕温泉で唯一、白濁したぬるめの「子天狗の湯」。玉子臭や湯の花もここが一番です。
【福禄寿の湯】湯船の真ん中に大きな岩がある「福禄寿の湯」。そこが湯口になっています。湯は無色透明、玉子臭がする適温の湯。
【大黒天の湯】左側ゾーンの一番奥にある「大黒天の湯」。一番広くゴツゴツとした岩肌の中に小さな洞窟風呂があります。

posted by 日本の秘湯 at 14:00 | 口コミ情報(0) | 栃木県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。