2008年07月19日

秋田 泥湯温泉 奥山旅館 宿泊編

住所秋田県湯沢市高松字泥湯沢25 電話0183-79-3021
泉質天狗の湯 酸性-鉄(U)-硫酸塩泉(低張性酸性高温泉)
川の湯 単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
新湯 単純温泉(低張性弱酸性高温泉)
風呂の種類男女別外湯+混浴露天風呂(天狗の湯) 男女別大野天風呂(新湯) 混浴内湯(川の湯)
料金宿泊 9,600円〜14,325円(税込)
日帰り入浴 大人 500円 子供 300円
日帰り入浴10:00〜17:00
日帰り設備休憩処× 食堂○ 駐車場×(駐車スペース有)
営業期間通年営業
地図を表示マップ
URLhttp://www5.ocn.ne.jp/~doroyu-o/
旅行日1回目 2008/07/19 2回目 2011/6/19

北東北の秘湯・名湯巡り」(2008.7.19)で初めて訪問。1回目は宿泊滞在したが、2回目の訪問「みちのく三大半島と名湯巡り」(2011.6.19)は立寄りで旅館街と地獄地帯を散策した。2回目の訪問記はこちら
秋田県南部、山形と宮城に接する豪雪地帯にある黒塗りの旅籠風の二階建ての旅館。山峡に3軒の旅館が寄り集まった小さな温泉郷にある。
奥山旅館の玄関。雪除けの囲いが印象的。一帯に硫化水素の臭いが漂っていて、白煙もあがり温泉情緒が漂います。
本館に混浴内湯、湯小屋に男女別大野天風呂。別館に男女別外風呂と混浴露天風呂がある。源泉は硫化水素泉の川の湯、緑礬泉の天狗の湯。
【混浴内湯 川の湯】宿泊者のみ入れる本館にある内湯混浴岩風呂。木の深みのある色と大きな岩を組み合わせた造りで乳白色の湯は雰囲気が良い。源泉は川の湯。
大野天風呂のある湯小屋。周囲は岩がむき出しになった白い山肌。硫黄臭が立ちこめ、あちこちから噴煙があがる。
【大野天風呂 新湯】広い湯船に乳白色のお湯がなみなみと湛えられ開放感抜群。足元は玉砂利で、奥には源泉がむき出しでとても野趣度が高い。源泉は新湯。
本館から道路を隔てた対面にある別館。手前が天狗の湯入口と奥に露天風呂。建物がこげ茶色で統一されていて町自体がいい雰囲気。
【混浴露天風呂 天狗の湯】内湯から続く風情満点の木枠の露天風呂が2つ。湯は茶褐色ぽい濁りで泥のような湯華が底に沈んでいる。やや熱めのお湯で源泉は天狗の湯。
【男女別外風呂 天狗の湯】内湯は正方形の木の浴槽が1つ。女湯は2つ。飲泉してみると酸っぱい+硫黄味を感じます。お湯は露天よりやや白っぽい濁です。

posted by 日本の秘湯 at 16:46 | 口コミ情報(0) | 秋田県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。