2020年01月01日

岩手県

日本秘湯を守る会宿
岩手 松川温泉 峡雲荘
単純硫黄泉(硫化水素型)
低張性弱酸性高温泉
松川温泉には、東八幡平南麓の松川渓谷沿いに上流から峡雲荘、松川荘、松楓荘と3軒の宿がある。ブナやナラの原生林に囲まれた高台の宿。建物は和風のリゾートホテル風で綺麗。山奥とは思えないほど洒落た感じです。
岩手 松川温泉 松楓荘
単純硫黄泉
低張性弱酸性高温泉
松楓荘は松川では一番古い伝統のある湯治風宿で3軒の中では一番下流にある。旅館奥には日本初の地熱を利用した松川地熱発電所がある。松楓荘で有名なのは洞窟風呂。半洞窟の岩風呂へ行くには館内を通り一度外へ出て吊り橋を渡って行く。
岩手 藤七温泉 彩雲荘
酸性-単純硫黄泉
低張性酸性高温泉
八幡平岩手側、東北最高地1,400mの秘湯。派手さのない山小屋風の佇まいですが、館内は鄙びた雰囲気。岩木山を望める絶景露天風呂で有名。混浴露天風呂は荒々たる場所3ヵ所に4槽点在し、左が内湯から降りた露天、右奥に大きな露天が2槽、この階段を登った上段に小さな露天がある。
岩手 国見温泉 石塚旅館
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉
低張性中性高温泉
岩手県の最西端、秋田駒ヶ岳の南側中腹の国見峠を見下ろす、標高860mの山深く静かな高台にある冬季閉鎖の温泉宿。外観は山荘ロッジ風の洒落た木造だが、館内に一歩入ると、外観と違って秘湯の宿そのもの。いきなり古びた木造の階段や廊下が奥に続く。
岩手 鉛温泉 藤三旅館
単純温泉
低張性弱アルカリ性温泉
花巻南温泉郷の最奥、豊沢川の河畔に佇む一軒宿。湯屋のような玄関が見事。足元の岩盤から自然湧出する深さ1.25mの立湯白猿の湯で有名。天然の岩をくりぬいて作った湯船の底からは、透きとおった源泉100%の湯がこんこんと湧き出している。
岩手 夏油温泉 元湯夏油
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
低張性中性高温泉
北上市の西方、奥羽山脈の東側、焼石岳中腹の渓谷にある標高610mのブナの原生林に囲まれた深山幽谷の夏限定の湯治温泉宿。7つの湯それぞれが異なった自然湧出の源泉をもつ。露天は上流3つ、下流2つの2グループに分かれ泉質は食塩泉、白猿の湯のみ石膏泉。
秘湯・名湯の宿
岩手 大沢温泉 山水閣
アルカリ性単純温泉
低張性アルカリ性高温泉
花巻南温泉郷のほぼ中央、鉛温泉に向かう途中にある岩手県を代表する名旅館。自炊部は昔ながらの湯治宿の風情溢れる宿。日帰り入浴は、自炊部からこの階段を降りていく。木肌に漂う温もりは、いにしえの湯治場余情を感じさせる。
日帰り温泉
岩手 東八幡平温泉 森乃湯
単純硫黄泉(硫化水素型)
低張性弱酸性高温泉
岩手山中腹にある村営日帰り入浴施設。営業時間(10:00〜)前だったので入浴はパス。
岩手 橋場温泉 新はしばの湯
アルカリ性単純温泉
低張性アルカリ性高温泉
道の駅「雫石あねっこ」に併設されている日帰り温泉施設。うっすらとうぐいす色の湯が特徴のアルカリ性天然温泉。湯口からは豪快に源泉が注がれる。無味無臭だが、飲泉用のコップが置いてあり、源泉掛け流し+循環併用らしい。ヌルっとしたうぐいす色の湯は、肌にまとわり付くツルトロ感がいい。
岩手 東和温泉 日高見の霊湯
単純温泉
低張性弱アルカリ性高温泉
花巻市東和町にある道の駅とうわに隣接する日帰り温泉施設。普通の温泉と湯に炭酸ガスを溶かした38℃程の炭酸泉の2つの浴槽がある。湯は無色透明の弱アルカリ性の単純温泉。サラッとしたやさしい肌触りのくせのない湯だ。
posted by 日本の秘湯 at 00:00 | 口コミ情報(0) | 全国の温泉一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。
関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。