2008年04月17日

新潟 越後湯沢 うどんすき 茶屋森瀧

越後湯沢駅裏駅側、歴史民俗資料館手前にある安くて、美味しくて、ボリュームたっぷりと評判の食事処「茶屋森瀧」。コシの強い讃岐うどんを使ったうどんすき(1人前840円)は、関西風の透き通ったつゆに魚介や野菜がたっぷりの名物。店内は、民芸調の田舎の家の大広間といった感じ。
うどんすきは、具だけで鍋いっぱい。カニ、鮭、ブリ、椎茸、しめじ、水菜、白菜、ネギなどがドカッと盛られている。出汁は関西寄せ鍋風の薄味甘めの味付け。あっさり味なので、新潟名産の調味料「かんずり」でアクセントをつける。
少し細めでコシのあるうどんは別盛りで出てくる。煮立ったら、まずスープをひと口すすり、うどんを入れて煮込んでからかんずりを入れるのがおいしく食べるコツだそうだ。
かんずりは新潟名産の調味料で、雪にさらした唐辛子に塩や柚子などをまぜて熟成させたもの。旨みと柚子の風味とやわらかい唐辛子の辛味があって、あっさり味の鍋に合う。体の芯から温まる。
posted by 日本の秘湯 at 13:00 | 口コミ情報(0) | 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。