2009年04月07日

栃木 日光 日光東照宮

【案内図】東照宮は輪王寺本堂、大猷院廟、二荒山神社などと共に「日光山内」として国指定史跡に指定され、「日光の社寺」として世界遺産に登録されている。
【石鳥居(重文)】輪王寺の西側にある老杉の並ぶ東照宮の表参道にある、高さ9m、柱の太さ3.6mの東照宮の大鳥居。京都の八坂神社、鎌倉の鶴岡八幡宮の鳥居と共に日本三大鳥居の一つに数えられている。
【五重塔(重文)】石鳥居を入るとすぐ左手にある高さ35mの五重塔。三間四面の五重塔で朱色を基調とし金物を金、組物・彫刻を極彩色で彩る豪勢な造り。
【表門(重文)】東照宮最初の門で、左右に仁王像が安置されているところから仁王門とも呼ばれている。朱色を基調とし虎や麒麟、獅子、獏など82体の彫刻は極彩色に彩られている。
【三神庫(下神庫)(重文)】表門を入ると右から正面へ鉤の手に3棟が並ぶ。上神庫・中神庫・下神庫を総称して三神庫と言う。三棟とも銅瓦葺き、高床校倉造り。
【三神庫(中神庫)(重文)】三神庫には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められている。
【三神庫(上神庫)(重文)】上神庫の屋根妻面には狩野探幽が下絵した「想像の象」の彫刻があり、「三猿」と「眠り猫」と共に日光三彫刻の1つとされている。
【想像の象】2頭の大きな象の彫刻は、耳の付き方や尻尾の形が実際とは異なる。狩野探幽が、実物を知らずに想像で彫刻の下絵を描いたことから、「想像の象」と呼ばれている。
【神厩舎(重文)】神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻が8面あり、子育てから恋愛、結婚、妊娠と人間の一生が風刺されている。
【三猿(重文)】特に2面には「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な3匹の猿は、幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいいという教えである。
【御水舎(重文)・輪蔵(重文)】神様にお参りする前に、手を洗い、口をすすぎ、心身を清めるための建物。輪蔵(経蔵)には八角形の回転式の書架があり、一切経1,456部、6,325巻が納められていた。
【陽明門(国宝)】日本を代表する最も美しい門で、いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれている。
【唐破風】正面唐破風下には「東照宮大権現」の額が掲げられ、軒下には金と極彩色に彩られた麒麟、その下には白色の竜、さらに下に子供達の透かし彫りなど故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など508体の彫刻が施されている。
【東廻廊】東回廊の奥宮参道入り口にある欄間には有名な「眠り猫」と「雀」の彫刻が彫り込まれている。眠り猫の下をくぐると奥宮に通じる坂下門がある。奥が家康公が眠る奥宮に続いていたため、普段は閉められ将軍参詣の折しか開く事がなかったことから「開かずの門」とも呼ばれていた。
【眠り猫(国宝)】左甚五郎作と伝えられている。牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているところから「日光」に因んで彫られたとも言われている。
【雀】眠り猫の裏側には、雀が遊んでいる彫刻が彫られている。その意味するものは、猫も居眠りして雀も安心して遊べるという共存共栄の平和のシンボルを表している。
【奥宮参道】奥宮に続く参道の長い階段。踏み石には、階段が霜柱で浮き上がらないように重い1枚石が使われている。
【奥宮拝殿(重文)】奥宮は、拝殿・鋳抜門(いぬきもん)・御宝塔からなる徳川家康公の墓所。境内には何でも願いを叶えてくれるといわれる叶杉もある。
【鋳抜門(いぬきもん)】扉を除いて、柱や梁などをひとつの鋳型でつくったことから鋳抜門と呼ばれている。門前の石段から、にらみをきかせているのは狛犬。
【奥宮宝塔(重文)】家康公の墳墓の上に建てられた宝塔は、石造りの玉垣の内部に八角九段の基盤を築きその上に高さ5mの塔がある。前面には朝鮮から献上された香炉、燭台、花瓶、三具足が備え付けられている。
【唐門(国宝)・御本社(国宝)】陽明門をくぐると正面に、左右に透塀のある唐門がある。唐門の後ろは、東照宮の中心を成す本殿、石の間、拝殿が一体化した御本社。
【神輿舎(重文)】御本社の左手にあり、反対側にある神楽殿(重文)と対になっている。春秋渡御祭に使われる、家康(中央)、秀吉(左)、頼朝(右)を祭った三基の神輿が納められている。
【陽明門廻廊(国宝)】陽明門の左右に延びる建物で、外壁には我が国最大級の花鳥の彫刻が飾られている。いずれも一枚板の透かし彫りには、極彩色がほどこされている。
【本地堂(薬師堂)(重文)・鳴竜】本地堂は、東照宮最大の建物で、本尊が薬師如来像であることから薬師堂とも言われている。天井には狩野派が描いた8mの竜がありその下で手を打つと鳴き竜現象を起こす。
posted by 日本の秘湯 at 11:31 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。