2009年05月14日

千葉 大多喜町 養老渓谷粟又の滝

【遊歩道入口】県道178号沿いにある滝めぐり遊歩道入口。かなり急な下り坂だ。粟又の滝は養老渓谷の上流にある滝で、別名上総養老の滝で知られる。
【旧道入口】中には旅館滝見苑の先代社長が戦前に作った彫刻群が並んでいる。滝の先に町営の駐車場(無料、休日と行楽シーズンは有料)がある。
【粟又の滝】房総一を誇る名瀑布。高さ30m、幅100mにわたって滑り台のようなゆるやかな岩肌を流れ落ちるこの滝は、幻想的な美しさで人々を魅了する。
【滝上段】滝の周辺は、春の新緑、秋の紅葉が殊に美しく、周辺の渓谷と一体となって養老渓谷第一の景観となっている。
【滝下段】マイナスイオンに満ち溢れた、爽やかな空気が伝わって来る。滝壷周辺はスペースが開けていて、水遊びや釣りに興じたり、お弁当を広げる行楽客も多い。
【養老渓谷】水が綺麗に映える養老川沿いには、滝めぐり遊歩道が整備されている。
posted by 日本の秘湯 at 11:26 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。