2009年04月06日

栃木 湯西川 平家大祭・平家の里

【平家の里冠木門(かぶきもん)】湯西川温泉は平家落人の里として有名で、平家落人の生活様式を後世に残すため、村内の民家数棟を移築し再現された平家の里。平家大祭の中心となる場所だ。
【平家の里】2009年は6月6日平家絵巻行列、7日伝統芸能(平家の里内)が 開催され、平家の里においては、数々の古式豊かな平家の催しが行われる。平家の歴史めぐりや落人の料理も楽しめる。
【平清盛】平家一門の栄華を再現した、一大歴史絵巻が繰り広げられる。清盛役を務めた日光市長。
【鎧武者を引き従える平重盛】平家絵巻行列は武者・姫などに扮した地元住民が絵巻行列を作り、湯殿山神社から平家の里までの約1キロを練り歩く。
【二位局・安徳天皇】鎧甲姿の平清盛や重盛をはじめとする武者行列が練り歩き、平安装束の女人列がつき従う。女官達と二位局・安徳天皇。後には建礼門院徳子が続く。
【建礼門院徳子】平安時代の旅装束スタイル小袿(こうちぎ)に市女笠(いちめがさ)姿の建礼門院徳子一行。今年は最終日に行われていた九十九姫物語(出家した建礼門院徳子が京都の寂光院に入った時、付き従ったとされる百人の女性にちなんだ行列)は財政難から規模縮小でなくなった。
posted by 日本の秘湯 at 10:51 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。