2009年11月12日

大分 別府八湯 明礬温泉 別府温泉保養ランド

住所大分県別府市明礬5 電話0977-66-2221
泉質酸性-アルミニウム・鉄(U)-硫酸塩泉(酸性明緑礬泉)(低張性酸性温泉)
風呂の種類大浴場 泥湯 むし湯 露天風呂
料金宿泊 7,875円(税込)
日帰り入浴 大人 1,050円 子供 570円 幼児 310円
日帰り入浴9:00〜22:00(月曜日は〜20:00)
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間無休
地図を表示マップ
URLhttp://www18.ocn.ne.jp/~hoyoland/
旅行日2009/11/12

【別府温泉保養ランド】鉄輪温泉からさらに山道を登った明礬温泉に入る手前にある、きめが細かくクリームのような泥湯で有名な温泉。
【玄関】建物は営業してるのかと心配になるような寂れた建物。受付で入浴券を購入。別府温泉保養ランドは別名「紺屋地獄」とも呼ばれている。
【ロビー】ロビーには畳敷き大広間とソファー、右手には食堂がある。
【通路】泥湯は受付・宿泊施設の建物から一旦屋外に出て、渡り廊下で50mほど行った所にある。
【浴場入口】途中庭の紅葉を楽しみながら進んでいくと浴場の入口がある。
【休憩所】玄関受付で買った入浴券を浴場受付に渡し入場する。
【案内図】混浴露天鉱泥大浴場、男女別屋内鉱泥浴場、男女別屋内コロイド湯(鉱泥湯)、滝湯、男女別むし湯、水虫治療泉がある。
【浴室入口】受付横の入口を入ると浴場ゾーンになる。
【男女別コロイド湯】まず最初にあるのがコロイド湯。コロイド硫黄を多量に含んでおり、老化した皮膚をきれいな肌に整え、ハリのあるスベスベした色白の肌になる効果があるという。泥はほとんどなく濁り湯の濃い目の温泉という感じだ。
【男女別鉱泥浴場】プレハブ様の小屋にある泥湯。この泥湯が1番泥の濃度が濃い。下から熱い温泉があちこちで自墳している。浮力が高く入ると体が浮きそうになり、その感触が独特で結構楽しめる。風呂の中には掴まり棒がある。
【混浴露天鉱泥大浴場】屋外には大小2つの泥湯がある。こちらも場所によっては底が熱く、やけどしそうな所があるので注意が必要。深さは1m弱で泥が底に沈殿してるので立っての移動は足を取られる。展望も良く景色もよいが泥の量は他より少ない。
【混浴露天鉱泥小浴場】露天大浴場の奥にある小浴場。サイズが小さい分湯温も高めで泥の量も他より多い。周りが木々に囲まれて見通しが良くないので人も少なくお勧め。両露天とも女性専用部分があり柵で覆われている。
【混浴滝湯】コロイド湯の奥にある混浴の滝湯。打たせ湯の滝が3本位出ている。これも泥湯。
【男女別むし湯】露天エリアにあるむし湯入口。右が男湯、左が女湯。

posted by 日本の秘湯 at 11:58 | 口コミ情報(0) | 大分県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。