2009年11月03日

三重 熊野 鬼ヶ城

【鬼ケ城東口】国の名勝天然記念物「鬼ケ城」は国道42号線沿いの便利な位置にある、熊野灘の荒波に浸食された奇岩の景勝地。伊勢志摩から延々と続くリアス式海岸の最南の地で、ここから南はなだらかな七里御浜海岸の風景が広がる。
【遊歩道】鬼ケ城センター東口から西口の弁天神社まで約1kmの間には、大小の洞窟が階段状に並び、奇岩奇勝で知られる名勝だ。遊歩道を歩いて行くと海の碧さと波しぶきが目に飛び込んでくる。熊野古道伊勢路とともに世界遺産の一部になっている。
【千畳敷】凝灰岩が海蝕されてできた大洞窟。前方の5段の段丘は大地震ごとに隆起したもので、上段下段に分かれ高さ約15m、広さ約1500平方mもある。
【奥の木戸】遊歩道は10/7の台風18号による被害のため、千畳敷の先、奥の木戸より西口まで通行止めになっていた。


posted by 日本の秘湯 at 16:29 | 口コミ情報(0) | 小旅行東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。