2009年11月06日

和歌山 かつらぎ町 串柿の里

【串柿の里】串柿の里、四郷(広口・滝・東谷・平)地区は400年前から串柿の特産地として長い歴史と伝統を育んできた。周りの山は柿柿柿、柿柿、柿とどこを見ても柿ばかり。
【柿屋】家々の軒先や長い柿屋に吊るしている様子は、錦秋の自然景観と調和し茜色の串柿は玉暖簾のようで、晩秋の風物詩として訪れる人々を楽しませる。村が黄色く染まるほどの柿の里だ。
【串柿の里】串柿は1本の細い竹串に10個の干し柿をさしたもので、三種の神器の一つである剣に見立てている。
【柿屋】柿をもいで、へたを取り、皮を剥いて、串に刺し、つるしてと、一家総出で大変な作業。
posted by 日本の秘湯 at 08:48 | 口コミ情報(0) | 小旅行近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。