2009年11月06日

和歌山 かつらぎ町 文蔵の滝

【滝入口】和歌山県と大阪府の境に位置する金剛生駒紀泉国定公園の中、四十八瀬川の上流の東谷にある滝。ここから山中徒歩5分のところにある。
【鳥居】奥に不動明王を祀るお堂がありそのまた奥に滝がある。伝承によれば文覚上人がこの滝で荒行をしたといわれている修行の滝だ。
【不動明王】お堂近くには滝修行の「こもり所」も建てられている。滝壺に行くにはここから鎖につかまり、少し水の中を歩いて行く。紀の国名水百選の一つに選ばれている。
【文蔵の滝】落差12m幅1m、岩盤が半円柱のように削られ滝壺は僅か3畳ぐらい。天井が空いた洞窟のようなところに大量の水が落ちる滝で、穴の中からの風圧を感じる実に壮厳神秘の感だ。滝修行の方がいたので遠方よりの撮影。
posted by 日本の秘湯 at 09:06 | 口コミ情報(0) | 小旅行近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。