2009年11月10日

山口 下関 唐戸市場

【唐戸市場】唐戸市場は下関・唐戸桟橋近くにある大正時代からつづく歴史のある市場。仲卸と小売に加え、他市場には見られない地元漁師による採り立ての魚の直売、農産物の直売所などあらゆる食材を取り揃えた総合食料品センター。
【市場全景】市場内の様子を一望できる見学デッキや屋上芝生広場、水産加工品の小売店、食堂、喫茶店もある。ふぐの市場はもとよりタイやハマチの市場としても有名で、豊富な食材とその活気から、関門の台所と呼ばれている。
【市場1階】金土日祝日には、唐戸市場の1階が「活きいき馬関街」海鮮屋台街に大変身。新鮮な食材を使った握り寿司や味噌汁、ふく刺し、から揚げ、ウニ丼、海鮮丼など品数も豊富。
【2階見学デッキから市場を望む】市場では朝4時にセリが始まり、この時間にいくと名物“袋セリ”の見学ができる。朝5時〜7時は活きのよい魚が最も豊富で、一番にぎわう時間帯だ。
【カモンワーフ】市場に隣接するボードウォークにはレストランや土産物店が並ぶ複合商業施設カモンワーフがある。3Fのスカイガーデンからの関門海峡の眺めもお勧め。カモンワーフの先に下関水族館(海響館)があり大型駐車場がある。
 
posted by 日本の秘湯 at 11:44 | 口コミ情報(0) | 小旅行中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。