2009年11月13日

大分 九重 夢大吊橋

【夢大吊橋】2006年10月末に開通した大分県九重町にある歩行者専用の吊り橋。標高777mの橋の上からは雄大な景色が360度のパノラマで望める。
【券売所】入場料500円。渡橋の所要時間は往復約15分。戻って来られない人のために両ゲート間を結ぶシャトルバス(200円)もある。
【天空館】九重の特産品や菓子類・弁当、採れたての野菜を販売している。ソフトクリームや九重夢バーガーなどの高原の恵みが味わえる店もある。
【中村エリア入場ゲート】西側のメインゲート。安全面より雨の日の傘は禁止、ビニールのレインコートを200円で売っている。
【展望広場より吊橋を望む】九酔渓に架かる高さ173m、長さ390m、幅1.5mの日本一高く長い吊り橋。九重連山の雄大な景色を満喫できる
【橋上】床は編み目状に下が透けて見える歩道。橋の上は結構風が吹き思ったより寒い。手摺がしっかりしているので揺れてもそんなに恐さは感じない。
【九酔渓】橋からは、紅葉の美しい九酔渓や日本の滝百選の震動の滝の雄大な景色を望むことができる。この光景は本当に素晴らしい。
【震動の滝】橋を進んでいくと震動の滝が両方に見える。右が雄滝、左が雌滝、日本でこのように100m級の滝が2本一度に見られるところは珍しい。
【雄滝】雄滝(百選)は落差83m。雌滝は落差93m。高さは雌滝の方がやや高いが、水量は雄滝が圧倒的に多い。
【北方エリア入場ゲート】吊り橋の対岸の北方エリアの入場ゲート。中村エリアと違って何もなく、トイレと券売所があるだけだ。
posted by 日本の秘湯 at 13:18 | 口コミ情報(0) | 小旅行九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。