2009年11月23日

京都 亀岡 鍬山神社

【参道】亀岡市街から高槻街道の入口にある丹波の国を造った大国主命を祭る神社。丹波を湖から肥沃な大地にした際、使われた鍬(クワ)を山のように積み上げたことからこの名がついたとされる。
【大鳥居】創建は古く709年(和銅2)。亀岡の自然100選にも選ばれていて紅葉の名所として知られる。駐車場から紅葉の綺麗な参道を歩いていくと朱塗りの大鳥居が見えてくる。
【境内】境内には、鍬山宮、八幡宮、厳島社、金山神社、樫船神社、日吉神社、熊野神社、稲荷神社、安産石、愛宕神社、天満宮と沢山の末社がある。
【拝殿】鍬山神社の例大祭(亀岡祭)は古くから行なわれ、鍬山宮・八幡宮2基の神輿と各山鉾町の曳山7基・舁山4基の計11基の山鉾が巡行する。
【鍬山宮】向かって左が鍬山宮(町民と百姓の守護)、右が八幡宮(武士の守護)の2つの御社が並んでいる。祭神は丹波国造り伝説の大神である大国主命。
【八幡宮】祭神は誉田神(応神天皇)。誉田神が能面を持つて面降山に降臨したという伝承に由来する、中世に猿楽の源流の1つである丹波猿楽(矢田猿楽)座の本拠があった所でもある。
【授与所】秋には境内中が紅葉で真っ赤になり幻想的な景色。訪れる人々の心を和ませてくれる。
【紅葉】里にある小さな神社なので紅葉も大規模ではないが、神社特有の澄んだ空気の中美しかった。
posted by 日本の秘湯 at 11:35 | 口コミ情報(0) | 小旅行近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。