2010年05月27日

三重 榊原温泉 白雲荘スパハウス七栗

住所三重県津市榊原町14443 電話059-252-1771
泉質アルカリ性単純冷鉱泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)
風呂の種類男女別内湯 男女別露天風呂 岩盤浴(1,050円) 砂風呂(1,575円) オンドルサウナ(1,050円) 温水プール(500円)
料金日帰り入浴 大人 600円(貸バスタオル付) 子供 400円、入浴+680円のお食事セット 1,000円
日帰り入浴10:00〜20:00(受付19:00まで)
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間木曜定休
地図を表示マップ
URLhttp://www.hakuunso.gr.jp/spa/
旅行日2010/4/27

【スパハウス七栗】平安時代から七栗(ななくり)の湯の名で知られ、清少納言の枕草子に日本三名湯として有馬・玉造とともにこのななくりの湯が挙げられている榊原温泉。榊原温泉の外湯は市営の温泉保養館湯の瀬とスパハウス七栗があるが温泉保養館が火曜定休なのでこちらを利用した。
【玄関】スパハウス七栗は、榊原温泉街の中心から3kmほど南西に離れた小高い丘の上、ここを経営する旅館白雲荘の右手奥300mほどの所にある。円形の外観がユニーク。
【案内図】 食事処、マッサージ、あかすり、エステコーナーなどもある。他に岩盤浴、砂風呂、オンドルサウナ、温泉プールなどがあるが別料金。
【下足箱】玄関を入ると左手に鍵付きの下足箱、その反対側にフロントがあり、中央奥には休憩エリアがある。
【フロント】フロントで受付を済ませると下足箱の鍵と引換にロッカーの鍵を渡される。館内の支払いはこのロッカー番号で行い、帰るときに清算するキャッシュレスシステムだ。
【ロビー】フロントを含め落ち着いた雰囲気の造りで、1階は温泉やレストラン、地下に岩盤浴、砂風呂、オンドルサウナ、温泉プールがある。
【休憩処】広い休憩スペースには椅子席と畳敷きの昼寝スペースがあり、湯上りのひと時をゆっくり過ごせる。
【食堂】入浴・お食事セット1,000円で日替わり定食(680円)が付く。他の料理を注文した時はその差額を支払うシステムだ。
【浴場入口】浴場は右手に掛け湯、その奥に大きな大浴場、右手奥に洗い場、左手外に露天風呂になっている。開放感のある浴場でシンプルな造りだ。
【脱衣所】脱衣所は大ロッカーとそのハーフサイズの2種類あり、大きな方を使いたい時は受付時に伝えるとよい。
【洗面所】脱衣所入口横にある大きめの洗面所。ドライヤーや整髪料などが備えられている。
【喫煙処】窓際に設けられた喫煙コーナー。脱衣所に喫煙コーナーがあるのは珍しい。
【大浴場】湯は無色透明、ph9.0の肌に滑らかなアルカリ性単純温泉の「美人湯」。ぬめりは少ないが肌がスベスべになり、ポカポカ感がずっと続く感じ。湯は未加水・循環・加熱・塩素消毒だ。
【大浴場】入口にかけ湯があり、かけ湯にしてはかなり広く大人3〜4人が入浴できそうな大きさだ。間違ってかけ湯に入浴しないよう壁に注意書きが貼ってある。
【露天風呂】緑に囲まれた露天風呂は雰囲気を感じるが、すぐ前の貯水槽がなければもうちょっと景観が良いのにと思う。
【露天風呂】露天風呂には打たせ湯もあったが朝早かったためが?湯は落ちてなかった。
【砂風呂】特殊セラミックの砂を利用した砂風呂。予約制で別料金になっている。
【温水プール】プールは水着着用。早かったせいか誰も泳いでいなかった。

posted by 日本の秘湯 at 10:07 | 口コミ情報(0) | 三重県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。