2010年11月11日

群馬 川原湯温泉 聖天様露天風呂

住所群馬県吾妻郡長野原町川原湯 電話0279-83-2591(川原湯温泉観光協会)
泉質カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類混浴露天風呂
料金日帰り入浴 大人 100円(入浴管理料)
日帰り入浴7:00〜19:00(4月〜11月20:00)
日帰り設備休憩処× 食堂× 駐車場○(聖天様露天風呂下駐車場5台、他王湯前など温泉街の中に何ヵ所か駐車場有)
営業期間不定休
地図を表示マップ
URLhttp://www.kawarayu.jp/(川原湯温泉観光協会)
旅行日2010/11/11

【観光案内図】川原湯温泉は、新緑と紅葉で有名な吾妻渓谷の急な斜面に10数軒の小さな旅館と3軒の外湯がひっそりと佇んでいる温泉地。草津の仕上げ湯の一つとして賑わった。
【八ッ場ダムの高架橋】民主党政権の公共事業見直しの一環として、昨年八ッ場ダム建設中止が取り上げられ全国的な話題となった、ダム建設か中止のシンボルとなった工事中の高架橋。
【温泉街】小さな温泉地だが源頼朝ゆかりの王湯、川原湯で一番古い笹湯、木立に囲まれた混浴の聖天様露天風呂の3つの共同浴場がある。
【露天風呂入口】笹湯へ降りる階段の手前、旅館山水と吾八寿司の間に聖天様露天風呂入口がある。車だと注意深く左手を見てないと通り過ぎてしまう。
【露天風呂へ登る石段】看板のある脇道を少し上がると鉄格子の入口が現れる。鉄格子をさらに階段を登って行くと湯小屋がある。湯小屋傍にはトイレも設けられている。
【湯小屋】露天風呂は混浴で脱衣所・浴槽一体型の簡単な脱衣場と屋根のついた石造りの湯船からなる。露天風呂の名前の由来になった聖天様がここから30mほどさらに登ったところにある。
【料金箱】右に下足箱、左の柱に料金箱があり入浴管理料100円を入れるとチャリ〜ンといい音がする。小さな高台にあり森林浴と木々の間からは景色を満喫できる。女性の混浴はバスタオル巻きOK。
【聖天様露天風呂】浴槽は切石張り。6人ほどが浸かれる大きさで、左隅の湯口から80℃の源泉が投入されている。湯は無色透明で細かな白い湯の花が漂い、微かに硫黄臭がする。

posted by 日本の秘湯 at 14:58 | 口コミ情報(0) | 群馬県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。