2010年10月25日

高知 道の駅 あぐり窪川

住所国道56号 高知県高岡郡四万十町平串284-1 電話0880-22-8848
駐車場大型車 3台 普通車 59台 身障者 3台
車中泊評価総合○ 静粛? 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ売店 8:00〜20:00 レストラン 8:00〜20:00
情報環境インターネット× ワンセグ?
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省四国地方整備局)
あぐり窪川のホームページ
旅行日2010/11/5

【道の駅あぐり窪川】高知県四万十町(旧窪川町)の国道56号沿いにある道の駅。サイロをイメージした造りがいかにも農業をベースにした道の駅をイメージさせてくれる。現存する最古の沈下橋で、国の有形文化財でもある「一斗俵沈下橋」にも近い。
【衛星写真】左上の大きな建物が特産品コーナー、レストランのある物産館、その右横の丸い屋根がトイレ棟、右上隅の小さな茶色の屋根が東屋、左下のくの字型の建物がフリーマーケット棟。
【駐車場(左)】フリーマーケット方向を見る。道路に面して開けた駐車場は広々とし、フラットなので車中泊にも充分対応できる。
【駐車場(右)】東屋方向を見る。国道に面しているので夜の車通りが気になるが、場所を選べばいいかもしれない。
【東屋】駐車場の一隅に設置された休憩所。お遍路さんの恰好な休憩場所となっている。
【物産館・レストラン棟】地元産の新鮮野菜や窪川町乳牛の牛乳、仁井田米で作ったこめ粉パンや四万十のうなぎなど、窪川の食が手に入る。
【物産館入口】あぐり窪川名物の豚まんは、窪川ポークの上質ミンチをふんだんに使ったジューシーな中具はとっても美味しい。
【特産品コーナー】仁井田米や四万十うなぎ、蜂蜜やウコン、きな粉のほか、地酒や木工品、あぐりオリジナル商品(豚まんや自然海塩など)が並ぶ。
【レストラン入口】天井の高い、明るい店内では、毎朝8時から仁井田米おにぎりやこめ粉ぱんのモーニングもある。
【レストラン風人】窪川ポークを使った豚かつ定食、カツ丼、窪川ポークカレーなど地元産の食材を使ったメニューが味わえる。
【みるく工房・こめ粉パン工房】地元農家の搾りたて生乳と、特産品のきなこ・生姜・豆腐などを使ったオリジナルアイスは全15種類。四万十栗、万次郎かぼちゃアイスは無くなり次第終了。
【フリーマーケット・休憩所】フリーマーケット手前にある休憩所。奥のこめ粉パン工房では地元仁井田米の米粉を使って、手作りで仁井田米こめ粉ぱんを焼いている。
【フリーマーケット入口】生産者が真心を込めて育てた野菜や加工食品を取り揃えている。
【野菜コーナー】地元産のとれたて野菜や果物、花、生産者手作りのみそ、お寿司などが手に入る。

posted by 日本の秘湯 at 13:32 | 口コミ情報(0) | 道の駅四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。