2010年10月25日

高知 道の駅 ビオスおおがた

住所国道56号 高知県幡多郡黒潮町浮鞭 電話0880-43-0105
駐車場大型車 2台 普通車 125台 身障者 1台
車中泊評価総合○ 静粛○ 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ売店 7:00〜19:00 レストラン 7:00〜21:00(要予約)
情報環境インターネット× ワンセグ○(5局)
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省四国地方整備局)
道の駅「ビオスおおがた」
物産館ひなたや
旅行日2010/11/5

【道の駅ビオスおおがた】高知県黒潮町(旧大方町)、国道56号線沿いにある道の駅。清流四万十川にも近く、白砂青松として有名な景勝地入野松原も眺望できる。GWやお盆には多くのサーファーが集まる土佐西南大規模公園に隣接してる。
【案内図】地場産品販売コーナー「ひなたや」やレストランが入った物産館と、土佐西南大規模公園の情報等を発信する情報館から成る。毎年お盆の時期に行われる「Tシャツアート展」や、秋に行われる「潮風のキルト展」の砂浜美術館も有名。
【駐車場(道路側)】平坦かつ広大な駐車場は、植樹帯で区分され静かで落ち着くが、街灯がなく夜は真っ暗になる。
【駐車場(駅舎側)】トイレに近い駅舎側の駐車場には、トイレ前に大型車2台の駐車区画がありエンジン音がうるさいかもしれない。
【駐車場(物産館前)】綺麗に整備された駐車場だが、朝は物産館の開店準備の車が結構来る。準備の邪魔になるのでここは避けた方がよさそう。
【物産館入口】正面から見て右側は大方町や近隣町村の生鮮野菜や魚介類、土産品を販売する物産館。館内は木材をふんだんに使った落ち着いた雰囲気。
【売店】大方町の特産物やその周辺地区の特産品を販売。鰹のタタキ、文旦シャーベットやグアバアイスなどは、ここでしか手に入らない逸品。
【レストラン】大方で取れた旬の魚介類をはじめ野菜や果物を使用した食事処ひなたや。釜で炊いたご飯や黒潮町産の天日塩を売りにしている。
【情報館】物産館の左側が、大方町とその周辺地域の情報を発信する情報館。
【情報コーナー】大型と中型のプラズマテレビが、広い展示室の両端に各1台設置してあり、大方町に住むさまざまな達人の紹介がされている。
【くじらの骨格】体長10mほどのミンククジラの骨格標本が展示されている。大方町の沖に実際泳いでいた鯨だそうだ。
【トイレ棟】情報館の横にあるトイレ棟。この付近一帯は夜でも明るい。
【飲酒検問】突然警察車が入ってきて、8時半頃から道の駅の駐車場を利用して飲酒運転の検問が行われた。珍しかったので1時間ほど見物、金曜の夜だったが幸いにも検挙された車は1台もいない。
【夜の駐車場】街灯のあるトイレ棟付近以外は真っ暗になる。広い駐車場に、思い思いの場所に駐車した車があちこちに見える。
【車中泊の様子】車中泊は15台。駅舎側駐車場で車中泊するが、大型車の停泊もなく静かに過ごせた。
【入野松原の朝日】道の駅から眺める朝日は、松原が朝日に照らされ幻想的である。

posted by 日本の秘湯 at 17:49 | 口コミ情報(0) | 道の駅四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。