2010年10月22日

徳島 鳴門 第1番札所 霊山寺

【四国八十八箇所霊場】四国八十八ヶ所霊場の全行程はおよそ1460キロ。徳島に1〜23番の23ヵ所、高知に24〜39番の16ヵ所、愛媛に40〜65番の26ヵ所、香川に66〜88番の23ヵ所の札所がある。
【霊山寺境内図】徳島県鳴門市大麻町にある高野山真言宗の寺院。四国八十八箇所霊場の第一番札所、お遍路さんが最初に向かう発願の寺で「一番さん」と呼ばれている。
【山門】山門を入ると、左に手水鉢とその後に鐘楼、多宝塔、正面に本堂、右に泉水池、大師堂、その裏に広い駐車場のある納経所・売店がある。
【参道】参道は一段と高くなっていて、右に錦鯉が泳ぐ泉水池があり、境内には弘法大師像、石造十三塔、縁結び観音が建つ。
【本堂】正面の最も奥に本堂があり、本堂左には納経所と遍路用品販売所がある。空海作の本尊の釈迦如来は秘仏で、左手に玉を持った坐像である。
【大師堂】多宝塔の向かいの池の先に大師堂がある。納経所は本堂の横と大師堂の裏手にある。
【多宝塔】600年近い歴史を持つ多宝塔は古格を持つ建物で五智如来像を安置している。
【石造十三塔】境内に立つ石造十三塔。多宝塔の並びには十三佛、不動明王が祀られている。
【泉水池】まず最初に歩く徳島(阿波国)は「発心の道場」、高知(土佐国)は「修行の道場」、
【弘法大師像】愛媛(伊予国)は「菩提の道場」、香川(讃岐国)は「涅槃の道場」と呼ばれる。
【縁結び観音】山門右の縁結び観音は男女の縁だけでなく、健康、幸せ、仕事などさまざまな縁との結びつきにご利益があるとされている。
【鳥居】境内から納経所・駐車場への出口にある朱色の鳥居。扁額には第一番札所らしく四国遍路を始めようと志す意の「発心」と書かれている。
【納経所】大師堂の裏手にある納経所。霊山寺は第一番札所ということで、巡礼用品は全てここでそろえることが出来る。
【売店】笠、金剛杖、白衣などの巡拝用品や納経帳、納経軸なども整えることができる。初心者には遍路の作法などを教えている。
【方丈】住職の暮らす建物で、その正面には庭園を設けている。
【庭園】霊山寺から大麻比古神社の方向を眺めると、大麻山が箱庭のようにきれいに見える。
posted by 日本の秘湯 at 10:50 | 口コミ情報(0) | 小旅行四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。