2010年12月29日

神奈川 飯山温泉 ふるさとの宿

住所神奈川県厚木市飯山5547 電話046-241-1109
泉質強アルカリ性単純冷鉱泉(低張性強アルカリ性冷鉱泉)
風呂の種類男女別大浴場 男女別露天風呂
料金宿泊 11,550円〜(税込)
日帰り入浴 大人 1000円(タオル or ウーロン茶1缶サービス) 子供 500円
日帰り入浴11:00〜20:00
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間不定休(要確認)
地図を表示マップ
URLhttp://www.furusatonoyado.com/
旅行日2010/12/29

【飯山観音大門通り】厚木市の奥座敷飯山にある、桜の名所、飯山観音大門通りにある宿。小田急本厚木駅から宮ケ瀬行きバスで約20分、飯山観音入口で下車。バス停から徒歩2分の所にある。
【ふるさとの宿】色々な風呂を楽しむなら美登利園、情緒あふれる露天風呂なら元湯旅館、静寂さの中でゆったりと安らぐなら飯山本陣、懐かしさ漂う水車のある宿ならふるさとの宿といわれる。
【赤い橋】玄関前に大きな庭があり、赤い欄干の風情ある橋を渡る。アルカリ度の高さで知られ、都幾川温泉に並ぶアルカリ度の高さPH10.4を誇る。
【水車】橋の下には庭園が造られていて、そこには滝が流れ優雅に水車が回っている。水車と赤い橋が印象的なふるさとの宿だ。
【玄関】赤い太鼓橋を渡ると正面に玄関がある。1979年(昭和54年)ふるさとの宿が厚木8号泉を掘り当て、2003年(平成15年)には元湯旅館でpH11.3の強アルカリ泉の湧出に成功した。
【フロント】入浴料1000円を払う。ロビー前には、樹齢2000年とも言われる欅の大木が迎えてくれる。後でHPを見ると入浴800円、タオル200円とあるので、タオル持参だと800円でいいのかも知れない。
【売店】ロビー横には土産品などを売っている小さな売店コーナーもある。
【浴室入口】手前が男湯、奥が女湯。昭和50年には高松宮様がここに逗留されたそうだ。
【脱衣所】脱衣所には鍵付きロッカーがないのでフロントで貴重品を預かって貰える。
【洗面所】綺麗に管理された洗面所。一通りの備品は揃っている。
【大浴場】10人以上は入れる大浴場とすぐ外に露天風呂がある。大浴場はきれいなタイル張りで、細長い浴槽が1つあるシンプルな造りに、中に3つのジャグジーがある。洗い場のカランからは温泉がでる。
【露天風呂出口から大浴場をみる】湯はpH10.4の強アルカリ性単純温泉だが、近隣の七沢温泉や広沢寺温泉と比べると循環のし過ぎか、ツルスベヌル感はなく特徴がない単純泉という感じ。
【露天風呂】巨岩で組まれた露天風呂はなかなか野趣に溢れており、無色透明無味無臭の湯が竹の筒から豪快に落ちている。
【露天風呂からの眺め】露天風呂からの景色は塀に囲まれてそれほどではないが、ぬる目の湯に包まれて気持ちいいひと時を過ごせる。

posted by 日本の秘湯 at 14:38 | 口コミ情報(0) | 神奈川県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。