2011年02月02日

トルコ パムッカレ 遺跡風呂(パムッカレテルマル)

住所ヒエラポリス遺跡(トルコ西部・デニズリ県)
泉質カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(?中性温泉) 35.2℃、pH6.67
風呂の種類ローマ浴場
料金25トルコリラ(約1,250円 50円@1TL)
地図を表示マップ
旅行日2011/1/29

【施設全景】ヒエラポリス遺跡内、博物館前の通り突き当りに古代の遺跡が沈む野外温泉プール、パムッカレ・テルマル(Pamukkale Termal)がある。
【温泉分析書】施設入口に掲げてある温泉分析書。pH 6.67(中性)、泉温35.2℃のカルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉のようだ。
【受付】ここでチケットを購入(25トルコリラ)し、ロッカーに貴重品を入れ更衣室で着替える。
【ショップ&カフェ】プールサイドにあるショップ&カフェ。
【入湯口】チケットを渡しこの階段を降りて入湯する。温泉といっても水着を着用して入るのでプールといったほうがイメージがしやすい。
【遺跡風呂】大理石の柱など、ヒエラポリスの遺跡が沈んでいる天然の炭酸泉。もともとは水の神を祭る神殿跡らしい。
【遺跡風呂】プールの底には古代遺跡の石柱がゴロゴロ横たわっている。
【足元自墳】ここは水深も深く足元自墳している場所。

posted by 日本の秘湯 at 02:00 | 口コミ情報(0) | 海外の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。