2011年01月14日

東京 後楽園 ふるさと祭り東京2011

【東京ドームシティ】北海道から沖縄まで日本各地の味が大集合。いま話題のご当地グルメから、魅惑のスイーツ・地ビールなど郷土ならではの「うまい」を思う存分堪能できる。平日限定前売券800円(土日祝1200円)。ふるさと祭り東京2011公式HP
【会場マップ】「第2回全国ご当地どんぶり選手権」「ザ・北海食道」「ご当地スイーツストリート」「地域力宣言」の企画コーナーや全国から集まった約300もの「にぎわい市」の「味」のコーナーと「祭り」のコーナーがある。
【会場全景】赤い毛氈敷きがお祭りひろば、その周りを「味」のコーナーが取り囲む。「祭り」のコーナーでは石川の「飯田燈籠山祭り」や秋田の「秋田竿燈まつり」、愛知の「犬山祭」、高知の「高知よさこい祭り」、沖縄の「沖縄全島エイサーまつり」など各地の伝統的な祭りが披露される。
【第2回全国ご当地どんぶり選手権】ご当地自慢の食材を活かした20のどんぶりを1杯400円で食べ比べできる「第2回全国ご当地どんぶり選手権」。来場者の投票で優勝が決まる。平日限定どんぶり選手権チケット付前売券1000円は先着300名で買えなかった。
【どんぶり選手権チケットカウンター】チケット付前売券を買えなかった人は、チケットカウンターでチケット(400円)を買う。チケットを手に入れても人気のどんぶりブースは、行列の終わりが見えない位のまたまた長蛇の列で好みの丼を味わうのも一苦労
【2011年どんぶり選手権グランプリ】第2回のグランプリは北海道「食堂丸善」のうにめし丼。訪問日には現在人気第一位の看板があった。準グランプリは白エビかき揚丼(富山道の駅新湊、2010年のグランプリ丼)、3位は鯛茶漬け(新潟柏崎市)。
【どんぶり選手権を味わう人々】どんぶり選手権のどんぶりや「味」のコーナーのご当地グルメを味わう人でいっぱいの食事ブース。
【ザ・北海'食'道】創作和食「北海岸」のわがまま弁当1890円。その日使用している蟹、海老、ウニ、いくら、貝類などの北海道の美味しい海の幸の中から自由に選んで組み合わせが出来る。
【ご当地スイーツストリート】大分県湯布院「花麹菊家」の「ぷりんどら」には長蛇の列。新作「ぷりんバーム」も誰よりも先駆けて味わえる。
【にぎわい市】選りすぐりの名産品からB級グルメなど全国各地から約300ものブースが連なる。
【八戸銀さば せんべい汁】にぎわい市の八戸銀さばのせんべい汁200円。八戸の前沖で獲れた脂がのった銀鯖を出汁にした八戸せんべい汁。
【豊後水道プリプリひらめ&ちりめん】にぎわい市で豊後別府湾無選別ちりめん350g1000円をお土産に購入。
【お祭りひろば】全国各地の色鮮やかな“祭”が、壮大なスケールで会場に華を咲かせる。現地でしか見ることのできない本物のまつりは必見。
【戦国演舞】当日は埼玉県行田市の「忍者おもてなし甲冑隊」の戦国演舞。広場周辺には、各地の祭りで披露された山車や提灯が飾られている。
【ふるさとステージ】伝統芸能、観光PR、ミニコンサートなど多彩なステージイベントが行われる。
【田川寿美ミュージックステージ】当日は田川寿美ミュージックステージ。
posted by 日本の秘湯 at 10:53 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。