2011年07月03日

長野 地獄谷温泉 後楽館

住所長野県下高井郡山ノ内町平穏6818 電話0269-33-4376
泉質ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
風呂の種類男女別内湯 混浴露天風呂 女性専用露天風呂 家族風呂
料金宿泊 10,395円〜13,860円(税込)
日帰り入浴 大人 500円
日帰り入浴8:00〜15:00
日帰り設備休憩処○ 食堂× 駐車場○(渋温泉口駐車場500円、上林温泉駐車場は無料)
営業期間無休
地図を表示マップ
URL 
旅行日2011/6/23

【地獄谷駐車場】地獄谷温泉後楽館は、湯田中渋温泉郷の最奥にあり、渋温泉から少し入った地獄谷駐車場から2kmほど山道を歩いた所にある秘湯の一軒宿。近くに野猿が餌付けされた野猿公苑がある。
【案内図】地獄谷駐車場(500円)から15分、上林温泉スキー場の野猿公苑駐車場(無料)からは30分歩く。冬期(11月下〜3月下)は積雪で渋温泉口の道が閉鎖されるので上林温泉から約30分歩くことになる。
【野猿公苑入口】駐車場からは「野猿公苑」「地獄谷温泉」と書かれた看板のほうへ歩いていく。最初は上り坂、すぐに横湯川沿いの平坦な道が続く。
【山道】横湯川沿いに歩いて行くと看板があり、ここから山道を登っていく。雄大な山々の景色を見ながら、軽いトレッキング気分が楽しめる。
【後楽館全景】10分ほど歩くと急に視界が開け、山と緑に囲まれた後楽館が見えてくる。横湯川を挟んで右側に休憩処の建屋、左側に後楽館がある。
【後楽館外観】対岸の野猿公苑遊歩道からみた後楽館外観。石垣の上に玄関のある建屋、その一段下がった渓流沿いに湯小屋がある。
【後楽館】遊歩道をそのまま進めば玄関が左手にあり、野猿公苑へ行くにもここを通る。館内に遊歩道があるのも珍しい。
【後楽館入口】混浴露天風呂、女性専用露天風呂、2つの貸切内風呂、男女別内風呂の6カ所の風呂があり、すべて源泉掛流しの100%天然温泉だ。
【玄関・帳場】鄙びた湯治場の趣の館内には至る所に英語の掲示があり、外国人観光客も多いようだ。
【湯上り処】玄関前にある畳敷きの湯上り処。湯上りに頂くここの名物チマキは美味しいそうだ。
【浴室通路】帳場から細い通路を通り、木の階段を降りると内湯と露天風呂がある。木造りのレトロな風情がとても良い。
【湯小屋】混浴露天風呂へは男女別の内湯から出ていく。河畔の岩盤から湧出する源泉が3本投入され、泉質も少しずつ異なる。湯は無色透明・無味無臭でかなり熱い。
【混浴露天風呂】渓流沿いにあって見晴らしは良いが、野猿公苑の遊歩道からも丸る見えになる。サルとの混浴は冬場の朝一番がいいらしい。
【渋の地獄谷噴泉】混浴露天風呂の対岸には、硫黄分が白く析出する渋の地獄谷噴泉が見える。
【地獄谷野猿公苑】地獄谷温泉の一番奥の横湯川の近くにあるニホンザルの保護および観察を行っている施設。
【温泉に浸かる猿】野生のニホンザルが温泉に入る様子が観察でき、冬場に温泉に入るニホンザルの姿は snow monkey と呼ばれて世界的に有名。

posted by 日本の秘湯 at 12:48 | 口コミ情報(0) | 長野県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。