2011年06月12日

青森 浅虫温泉 ゆ〜さ浅虫

住所青森県青森市浅虫字蛍谷341-19 電話017-737-5151
泉質ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
風呂の種類男女別展望浴場
料金日帰り入浴 大人 350円 子供 150円 幼児 60円
日帰り入浴7:00〜21:00(最終受付20:30)
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間無休
地図を表示マップ
URLhttp://www.yu-sa.jp/k_annai/index_5f.html#1
旅行日2011/6/12

【浅虫温泉ゆ〜さ浅虫】浅虫温泉は、北に陸奥湾、周縁部を八甲田の山々に囲まれた青森市の東の玄関口に位置し、青森の奥座敷として古くから親しまれている温泉街。共同浴場はJR浅虫温泉駅裏手の「松の湯」と浅虫温泉駅前にある道の駅浅虫温泉内のゆ〜さ浅虫展望浴場「はだか湯」の2軒がある。
【エレベーターホール】ゆ〜さ浅虫は、国道4号線沿いにある道の駅浅虫温泉に併設された日帰り温泉施設で、はだか湯の名は、かつて温泉街にあった共同浴場の名称を引き継いだもの。駅舎には温泉の外、地物土産の物販コーナー、レストランや産地直送市場などもある。
【5階マップ】エレベーターで5階の展望浴場へ。5階建ての最上階に、陸奥湾を一望できる展望浴場があり、浅虫の天然温泉を気軽に楽しめる。
【下足コーナー】エレベーターを降りると温泉の受付。エレベーターホール左に下足コーナーがあり、下足棚と鍵付きの下足箱が並んでいる。
【休憩コーナー】テレビとソファーの置かれた休憩処があり、そこから海が一望でき、陸奥湾や湯の島を眺めながら湯上りのひと時をゆっくり寛げる。
【湯の島に沈む夕日】お勧めは晴れた日の夕暮れ時。陸奥湾に沈む夕陽、そしてオレンジ色に染まる湯の島が美しいそうだ。
【男湯入口】受付前の券売機で入浴券を購入。350円と安いので石鹸シャンプー類の備え付けはない。
【女湯入口】休憩コーナーを挟んで、男湯の反対側にある女湯入口。女湯の方が眺望はよさそう。
【洗面・脱衣所】脱衣所は広くはないが、無料の鍵付きロッカーが整然と並んでいる。
【浴室入口】洗面・脱衣所には、貴重品ロッカーも備え付けられている。
【洗い場】入口側の壁に円形状に8基のカランが配置された洗い場。石鹸やシャンプー類は置かれていない。
【大浴場】浴室からも海が一望できるが、入浴時は夜でいまいち。浴槽は2つに分かれていて、左の大浴槽がぬるめの湯。右の小浴槽があつめの湯。
【大浴槽】41℃位のぬるめの大浴槽。加水加温、消毒循環ろ過の湯は塩素臭も多少気になる。
【小浴槽】43℃位のあつめの小浴槽。湯上り後は体中ぽかぽか、湯冷めしにくい湯だ。

posted by 日本の秘湯 at 17:46 | 口コミ情報(0) | 青森県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。