2011年06月12日

青森 道の駅 浅虫温泉

住所国道4号 青森県青森市大字浅虫字螢谷341-19 電話017-737-5151
駐車場大型車 13台 普通車 156台 身障者 5台
車中泊評価総合○ 静粛○ 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴○ 安全○
ショップ売店 9:00〜19:00(7・8月〜21:00、12月〜3月〜18:00) レストラン 9:00〜18:30(各月売店の30分前閉店) ゆ〜さ市場9:00〜17:00 展望浴場 7:00〜21:00(最終受付20:30)
情報環境インターネット× ワンセグ○(5局)
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省東北地方整備局)
道の駅浅虫温泉 ゆ〜さ浅虫HP
旅行日2011/6/12

【道の駅浅虫温泉】青森市の国道4号沿いにある道の駅。浅虫温泉は、北に陸奥湾、周縁部を八甲田の山々に囲まれた青森市の東の玄関口に位置し、青森の奥座敷として古くから親しまれている。
【案内図】5階建ビルの道の駅浅虫温泉は、「ゆ〜さ浅虫」温泉施設、売店やレストラン、ギャラリーのほか、産地直売施設「ゆ〜さ市場」があり、駐車場も駅舎周辺に5カ所ある。
【駐車場(A)小型車】駅舎前にある普通車23台の駐車場で、温泉利用客で閉館まで混雑している。
【駐車場(A)大型車】駐車場入口側の2台程が停まれる大型車エリア。
【駐車場(E)】駐車場(A)の左手一段高い所にある普通車25台の駐車場。駐車場(A)からは入れないので1本下の線路沿いの道より入る。
【駐車場(B)】ゆ〜さ浅虫とゆ〜さ市場の間にある普通車18台の駐車場。
【駐車場(C)】国道4号線を隔てた海側にある大型車6台、普通車25台の駐車場。駅舎には陸橋「ゆうやけ橋」を渡っていくが、かなり遠いのが難点。
【駐車場(D)】ゆ〜さ市場の裏側にある普通車100台程が停まれる臨時駐車場。大型車も可。JR浅虫温泉駅の前にあり鉄道利用者の利用も多そう。
【湯の島に沈む夕日】陸奥湾に沈む夕陽、オレンジ色に染まる湯の島が美しい。
【駐車場(A)で車中泊中の様子】車中泊は駐車場(A)に5台、駐車場(E)に10台の計15台。
【陸橋からみる駅舎ゆ〜さ浅虫】国道4号を跨ぐ陸橋「ゆうやけ橋」からみる道の駅外観。ここから直接海岸に向かうこともできる。
【ゆ〜さ市場】産地直売施設「ゆ〜さ市場」では新鮮な魚貝類や野菜、花、漬物、加工品、民芸品など多数の地場産品を販売している。
【駐車場側入口】5階建の最上階に、陸奥湾を一望できる展望浴場があり浅虫の天然温泉を気軽に楽しめる。24時間トイレは駅舎左側面の入口から入れる。
【ゆ〜さ市場側入口】駐車場側入口の反対側、ゆ〜さ市場駐車場(B)からの入口。この入口からも24時間トイレに入れる。
【1階マップ】物販コーナー、総合案内所、交通情報提供施設、24時間トイレがある1階フロアー。
【エレベーターホール】ゆ〜さ市場側入口を入るとエレベーターホールがあり、その先に総合案内所、物販コーナーがある。
【総合案内所】総合案内所では浅虫の観光情報を案内している。タッチパネル式の道路・気象情報案内端末も設置。
【物販コーナー】青森の特産品をはじめ、各種お土産品、ゆ〜さ浅虫独自の黒房すぐりソフトクリームなどの販売を行っている。
【3階マップ】3階には、レストラン「サンセット」と美術展示ギャラリーがある。
【レストラン サンセット】帆立の各種定食、海鮮丼などの丼物、麺類、デザートなどを味わえる。
【テラス】3階からは24時間解放のテラスを通じて「ゆうやけ橋」へ渡ることができる。
【美術展示ギャラリー】浅虫温泉歴代ねぶた下絵展(H23.5.21〜6.12 入場無料)が開催されていた。
【浅虫温泉歴代ねぶた下絵】浅虫の町を運行したねぶたの下絵「須佐之男命大蛇退治」。
【5階マップ】5階建ての最上階に、陸奥湾を一望できる展望浴場と休憩コーナーがある。
【休憩コーナー】テレビとソファーの置かれた休憩処があり、そこから海が一望でき、陸奥湾や湯の島を眺めながら湯上りのひと時をゆっくり寛げる。
【展望浴場】浴槽は2つに分かれていて、左の大浴槽がぬるめの湯。右の小浴槽があつめの湯。湯上り後は体中ぽかぽか、湯冷めしにくい湯だ。

posted by 日本の秘湯 at 23:24 | 口コミ情報(0) | 道の駅北東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。