2011年06月14日

青森 道の駅 ふかうら

住所国道101号 青森県西津軽郡深浦町大字風合瀬字上砂子川144-1 電話0173-76-3660
駐車場大型車 4台 普通車 66台 身障者 2台
車中泊評価総合○ 静粛○ 平坦○ トイレ○ 食材× 入浴× 安全○
ショップ休館日 1/1〜1/3 売店 9:00〜18:00(1月〜3月〜17:00) レストラン 10:00〜15:00(土日16:00)
情報環境インターネット× ワンセグ○(5局)
地図を表示マップ
URL道の駅(国土交通省東北地方整備局)
道の駅ふかうら「かそせいか焼き村」ホームページ
旅行日2011/6/14

【道の駅ふかうら】青森県西津軽郡深浦町風合瀬(かそせ)地区の国道101号上にある道の駅。 愛称は「かそせいか焼き村」。千畳敷海岸と岡崎海岸の中間に位置し、赤い大きなイカの看板が目印。
【案内図】海岸に沿って建つ細長い駅舎の周りに3つの駐車エリアがあり、隣にトイレ棟が別棟で建つ。目の前には日本海を一望でき、夕陽の美しい自然溢れる駅だ。
【駐車場@】駅舎前のメインの小型車駐車場。駐車場は広く平坦で車中泊にも充分対応できる。
【駐車場A】トイレ棟前の広い駐車場。奥に大型車エリアがある。
【駐車場B】炊事場横の小型車駐車場。遠くに見える東屋は夕陽展望所。
【車中泊中の様子】車の出入りの少ない、追突の心配のない駐車場Aの道路側で車中泊。車中泊は3台。
【物産館】駅舎内にはメインの鮮魚コーナーをはじめ、特産品コーナーや野菜コーナーなどがある。
【トイレ棟】コインシャワー室(7・8月のみ利用可)のある24時間利用可能な公衆トイレ。
【いか焼きコーナー】建物の入り口前にある、名物の生干し焼いかが炭火で焼いて売られているコーナー(300円)。
【いか焼き】深浦近海で取れた一夜干しした新鮮なマイカを一杯まるごと炭火で焼き上げたもので、焼きたてはアツアツ、ホクホクでジューシー。
【情報コーナー】駅舎入口に設置された24時間利用できるタッチパネル式の道路情報案内端末。隣には休憩用のベンチも置かれている。
【レストラン】名物のいかを麺にすり込んだ「いかラーメン」やカレー、自然塩入りオリジナルソフト「ソルティ」などのこだわりのメニューを提供。
【特産品コーナー】地元特産品をはじめ、海産物の惣菜品・加工品なども目白押し。
【野菜コーナー】白神産地の麓、肥沃な土地が育てた活きのよい野菜や山菜がいっぱい。
【鮮魚コーナー】深浦近海でとれた潮の香りが残る新鮮な海の幸が格安で売られている。
【いか水槽】 様々な海産物の中に目立つように水槽が置いてあり、いかが沢山泳いでいる。
【炊事場】4基の炭焼かまどと流し場のある炊事場。夏場だったら鮮魚コーナーで買った鮮魚を、ここでバーベキューができるかも。
【駅舎裏の海岸】道の駅の裏は、すぐに浜辺になっている。右側は漁港になっていて、ここで水揚げされた魚介類が鮮魚コーナーに並ぶ。

posted by 日本の秘湯 at 18:59 | 口コミ情報(0) | 道の駅北東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

関連コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。