2011年07月03日

長野 志賀高原 琵琶池

【志賀高原自然歩道】琵琶池は、志賀高原に点在する70あまりの湖沼の中で、大沼池に次いで2番目に大きい。形が楽器の琵琶に似ていることからその名がついた。周囲には舗装された遊歩道がある。
【ビワ池ホテル】志賀高原幕岩温泉サンバレースキー場のゲレンデサイドにある森の温泉宿「ビワ池ホテル」。ペットと一緒に泊まれ、館内にコンビニを併設する。
【ホテル志賀サンバレー】ホテル志賀サンバレーはスキー場の下に並ぶ宿の中でも一番奥にある。通年営業しているので新緑、紅葉のシーズンやハイキングの際にも便利。
【駐車場から琵琶池へ下りる遊歩道】琵琶池は、志賀高原にある湖沼のうち最もよく知られる池の一つ。サンバレースキー場の大駐車場から坂道を少し下れば、休憩舎がある池のほとりに出る。
【サンシャイントレール案内板】琵琶池一周2.5km(約45分)のサンシャイントレール。白樺の樹立に見え隠れする琵琶池周遊遊歩道で、道幅2m余のアスファルト舗装された道は車椅子でも気軽に楽しめる。
【池畔】さらに進むと休憩舎のある池畔にでる。池の周囲は白樺林になっており、蓮池から続くトレッキングコースも整備されている。池畔の白樺林を一周する散策コースは、特に秋の紅葉が見頃そうだ。
【休憩舎】池畔に琵琶池が一望できる展望台兼休憩所があり、ゆっくりと池畔の新緑を楽しむことができる。約20万年前の火山活動によって誕生した池は標高1,396m、最大水深21m、周囲2.3kmある。
【琵琶池(左)】志賀高原の山々に囲まれた静かな池は、満面と水を湛え、周辺の緑の樹木や旭山と共に美しい景観を見せている。
【琵琶池(右)】2000mの山々が連なる新緑の高原の中で、美しい緑黄色の水をたたえる琵琶池。
【池を泳ぐ水鳥】水面をゆっくりと泳ぐ一匹の水鳥。鵜の一種のようだ。
posted by 日本の秘湯 at 11:04 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。