2011年09月27日

長野 木曽温泉 鹿の瀬温泉

住所長野県木曽郡木曽町三岳1-8 電話0264-46-2034
泉質ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉・塩化物泉(低張性中性高温泉)
風呂の種類男女別内湯
料金宿泊 11,150円〜(税込)
日帰り入浴 大人 450円 小人 350円
日帰り入浴7:00〜22:00
日帰り設備休憩処○ 食堂○ 駐車場○
営業期間不定休
地図を表示マップ
URLhttp://www.kisoji.com/kisoji/spa/mitake/shikanoseonsen.html(木曽観光連盟)
旅行日2011/8/27

【鹿の瀬温泉】鹿の瀬(かのせ)温泉は、御岳山の五合目、御岳ロープウェイ近くに湧く鄙びた山の一軒宿。旅館前の広い空き地に車をとめて玄関へ向かい、玄関入口の呼び鈴を押し中に入る。
【玄関】宿の庭先の源泉口、地下1000mから直接湯船に掛け流した湯は、鉄分を多く含む褐色の重曹泉で、飲泉も可能。館内には、江戸伊万里、江戸浮世絵を常設20点以上展示している。
【フロント】スリッパに履き替え、声を掛けると中から女将が出てきて、入浴料を払うと脱衣所や洗面所へ案内してくれる。
【ロビー】休憩用のソファーとカウンターには黄色い砂のような、この温泉で採れる湯の華を乾燥させたものも置いてある。
【江戸伊万里】古伊万里の皿や器が展示ケースに並んでいる。希望者には+5000円で伊万里の器で料理を出してくれる。
【江戸浮世絵】豊国、国芳、広重などの浮世絵が壁やカウンターに展示してある。全部本物だそうだ。
【大広間】1人1時間450円で休憩ができ、岩魚の生造り・塩焼きや、山菜・きのこを使った料理(2800〜4500円)も味わえる。ビールも飲める。
【浴室通路】訪問時は2ヵ所ある浴場の内、大浴室は掃除後の湯を注入中で、小浴室しか湯が張っていないということで、小浴室へ案内された。
【浴室入口】浴室通路突当り右が浴室入口。手前の扉が大浴室、奥の扉が小浴室入口。
【洗面所】左側には宿泊客用の洗面所があり、浴後はここのドライヤーを使うように言われる。
【小浴室入口】浴室は内側から鍵が掛かる様になっており、貸切利用が出来る。中は大人2人が何とか脱衣できるような広さ。
【小浴室洗面台】小さな木製の脱衣棚があり、ここに衣類を入れる。浴室内にドライヤーはないので洗面所のドライヤーを使う。
【小浴室】2人入ればいっぱいの浴槽。浴槽が小さな分、新鮮な湯使いで、温泉がオーバーフローしている場所は、変色して湯垢が堆積している。飲むと渋みと微かな酸っぱみを感じる。
【小浴室洗い場】古いタイプのカランが1つ、備品はボディソープとシャンプーが一体化したものと、リンスの代わりにりんご酢が置いてある。環境にやさしい品揃えのようだ。
【大浴室脱衣カゴ】小浴室の4倍ほどある脱衣所には、脱衣カゴも籐製のものが2つある。
【大浴室洗面台】洗面台は1台。横にマッサージ機も置いている。
【大浴室】入浴前に撮った大浴室。湯を張り始めたばかりだ。
【大浴室】入浴後に撮った大浴室。1時間ほどで1/4位の湯が張っていた。
【大浴室洗い場】カランは4基。設備は小浴室と同じものが置かれている。
【大浴室湯口】掲示によれば、未加水・未消毒・掛け流しとなっている。

posted by 日本の秘湯 at 12:10 | 口コミ情報(0) | 長野県の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。