2010年10月25日

高知 土佐清水 足摺岬灯台

【足摺岬駐車場】足摺岬は、高知県土佐清水市の足摺半島の先端の岬。高知県を代表する観光地の一つで、足摺宇和海国立公園に指定されている。
【足摺岬マップ】周辺には、「足摺岬灯台」「ジョン万次郎像」「白山洞門」「金剛福寺」など足摺のレジャースポットから観光名所がたくさんある。
【広場】駐車場から広場に入ると左に観光案内所、右にジョン万次郎像がある。足摺岬は実際にはわずかに四国最南端ではないが、一般には四国最南端の地(岬)として認識されている。
【ジョン万次郎像】地元土佐清水市中浜に漁師の子として生まれた「ジョン万次郎」こと中浜万次郎の銅像が足摺岬先端にある。右に見える塔は金剛福寺の多宝塔。
【展望台へ登る階段】広場を奥に進み、途中売店を右に見ながら遊歩道を歩くと展望台が見えてくる。階段を上がれば270度のパノラマが見渡せる足摺岬展望台だ。
【足摺岬展望台】足摺岬には、足摺岬展望台と天狗の鼻展望台の2ヵ所の展望台があり、どちらも視界は270度で、東は足摺岬から西は叶崎までの海岸美が一望できる。
【天狗の鼻】展望台の左には天狗の鼻が望める。天狗の鼻から望む優美な姿は、真っ青な海に映え、灯台を眺める隠れた名所になっている。
【足摺岬】展望台右には、四国の最南端、足摺岬突端に立つ白亜の灯台が見える。水平線がアーチ状に見え、地球が丸いことを実感。
【足摺岬灯台】わが国でも最大級の灯台のひとつで、地上から18.1m、海面から60.6mの高さにある、塔形(八角形)、コンクリート造りの灯台。日本の灯台50選にも選ばれている。
【灯台のレンズ】大正3年(1914)に点灯されて以来、すっと沖をいきかう船の安全を見守りつづけている。光度200万カンデラ、光達距離38kmあり、日本一の燈光度と言われている。
posted by 日本の秘湯 at 16:05 | 口コミ情報(0) | 小旅行四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。