2010年10月26日

高知 四万十市中村 高瀬沈下橋

【四万十川マップ】沈下橋とは、増水時に川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋のこと。四万十川本流には22の沈下橋が架かっていて、四万十市内だけでも、佐田、三里、高瀬、勝間、口屋内、岩間、長生、中半家、半家の沈下橋がある。
【駐車スペース】高瀬沈下橋は四万十川の下流から数えて3番目、四万十川下流域とほぼ並走している国道441号を北上すると最初に出会う沈下橋。車でも渡れるが、初めてだったので駐車スペースに車を止め歩いて渡る。
【高瀬沈下橋】1973年(昭和48)建設の全長232.3m、幅3.4mの高瀬沈下橋は、3番目に長い。
【橋中央から対岸を望む】橋中央に車がすれ違う退避所があり、橋の幅が少し広くなっている。
【上流方向を見る】延長196kmの四国第2の大河の上流は比較的直線的な急流、中流は大蛇行と多くの岩場、下流はゆったりとした流れに加え、緩やかな蛇行と白い砂州が調和した風景になる。
【下流方向を見る】緑の山々に青い川面、そして沈下橋という風景は、もっとも四万十川らしい風景。今日は風もなく川面も穏やか。夏はホタル見物や、川遊びで賑わうそうだ。

posted by 日本の秘湯 at 09:23 | 口コミ情報(0) | 小旅行四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。