2011年10月09日

群馬 みなかみ町 関越トンネル

【関越トンネル】群馬県みなかみ町と新潟県湯沢町の県境にある関越道の谷川岳を貫通する、全長約11kmの日本最長のトンネル。事故・火災などの緊急時に備え、上下線ともトンネル入口には信号機が設置されている。
【トンネル入口】危険物積載車、金属タイヤチェーン装着車は通行禁止。トンネル両端部の谷川岳PA、土樽PAでチェーンの脱着作業を行う必要がある。谷川岳PAには、関越トンネルと同じ入口をしたトンネル館があり、トンネルの概要などを学べる。
【トンネル内部】トンネル内の電力は走行車線側を東京電力が、追越車線側を東北電力がそれぞれ供給している。これは、停電した時にトンネル内が真っ暗になってしまうのを避けるため。
【群馬県と新潟県の県境】153キロポスト付近に群馬県と新潟県の県境があり、路面と壁に線が引かれていて走行中でも見えるほどに大きく書いてある。
posted by 日本の秘湯 at 08:22 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。