2011年06月16日

秋田 男鹿半島 なまはげ館

【なまはげ館】秋田県男鹿半島の真山の麓、秋田道昭和男鹿半島ICから車で40分にある国の重要無形民俗文化財の「なまはげ」を紹介する展示館。スクリーン映像や市内各地区で行われるなまはげ行事の面や衣装などを展示、なまはげに関することが全てそろっている。男鹿真山伝承館はこちら
【男鹿半島マップ】西部に男鹿三山、中央部に寒風山がそびえ、半島の南西部の海岸を中心に断崖が続き、北西端にある入道崎には入道埼灯台がある。古くからなまはげが有名な所として知られ、八望台といった景勝地もあり、男鹿国定公園に指定される。
【真山神社大鳥居】なまはげ行事は毎年、大晦日の晩に男鹿半島のほぼ全域で行われる。なまはげは真山・本山に鎮座する神々の使者と信じられており、古くから伝統を受け継ぐ民俗行事。
【アプローチ】年に一度各家庭を巡り、悪事に訓戒を与え、厄災を祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす来訪神として「怠け者はいねが。泣く子はいねが」と練り歩く。
【なまはげの玉】アプローチには、男鹿の海と山と夜空の三体のなまはげをモチーフに、なまはげの魂を大理石モザイクで表現したモニュメントが立つ。
【真山神社境内図】散策路には、なまはげの形をした真山神社の境内図が建っている。
【なまはげ館庭園】真山伝承館へ向かう散策路には、小さな庭園が設けられている。
【庭園からなまはげ館をみる】建物は新しく、街灯がなまはげが桶を持っている姿だ。
【男鹿真山伝承館】なまはげ館の奥に、男鹿地方の典型的な曲家民家の男鹿真山伝承館があり、国の重要無形民俗文化財の「なまはげ」を体験できる。
【なまはげ習俗学習講座】紹介されるのは、男鹿地方の古い伝統としきたりを厳粛に受け継いだ真山地区のなまはげの習俗。
【玄関】開館時間 8:30〜17:00(年中無休)。玄関左には、この建物に使っている男鹿石が展示されている。
【館内案内図】入口を入ると館内は「神秘のホール」「なまはげ伝承ホール」「なまはげ勢ぞろい」のゾーンに分かれており、売店もある。
【受付】入館料 500円(真山伝承館との共通入館料800円、但し伝承館は4〜12月開館)。
【売店】奥の売店では、なまはげ関連商品やオリジナルグッズが多数置かれている。
【神秘のホール】各地域のなまはげのお面の展示のほか、丸木舟など民具やパネルで、ナマハゲを生み・育み・伝承してきた男鹿特有の風土を紹介。
【なまはげ変身コーナー】本物のなまはげの衣装を身に纏って記念撮影ができる。
【なまはげ伝承ホール】大晦日のナマハゲ習俗を紹介する映画「なまはげの一夜」を30分おきに上映。
【ビデオ上映】上映時間15分。なまはげの語源「ナマハギ」「ナモミハギ」の説明映像。
【イ・ビョンホンの衣装】韓国ドラマ「IRIS」は秋田が舞台だったそうで、イ・ビョンホンが着た「なまはげ」の衣装が展示してある。
【なまはげ勢ぞろい入口】市内約60の地区で行われている、多種多様なナマハゲの面・衣装などの実物展示をしている。
【なまはげ勢ぞろい】地区ごとのなまはげが一同に会した部屋は圧巻。60体のなまはげがじーっとこっちを見ている。
【なまはげ勢ぞろい】なまはげ、一つ一つ全てが違っていて、地域ごとに特徴があるとのこと。
posted by 日本の秘湯 at 11:15 | 口コミ情報(0) | 小旅行北東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。