2011年06月16日

秋田 角館町 みちのくの小京都 角館武家屋敷石黒家

【角館武家屋敷通り】武家屋敷通り(表町、東勝楽丁)は江戸時代から続く景観が維持されていて、国の重要伝統的建造物保存地区に選定されている。黒板塀が続き年経た大きな樹木の生い茂る通り沿いに6軒の武家屋敷が公開されている。
【武家屋敷案内マップ】国道46号の入り口から奥の方へ順に石黒家、青柳家、松本家、岩橋家、河原田家、小田野家と並んでいる。その中で代表的格の青柳家と石黒家は有料だが、他は無料で見学できる。市営桜並木駐車場(500円)より徒歩5分。
【薬医門】築200年と江戸末期の建造で、武家屋敷として角館に現存する最古の母屋・門と明治大正期に増築した蔵を公開している。薬医門には黒板塀がめぐり、屋敷から外を覗けるように「のぞき窓」が設けられている。
【石黒家】門を入ると、起こり破風に懸魚のついた正玄関と脇玄関がある。二つの玄関を持つのは身分の高い武士の家で、石黒家は、佐竹北家の用人を勤めた家柄。秋田で初めて種痘法を取り入れた高橋久三郎など学者の出た家としても知られている。
【正玄関】開館時間 午前9時〜午後5時、年中無休。入館料 大人300円 子供 200円。角館の武家屋敷の中では唯一、末裔家族を始めとする案内人の説明を聞きながら屋敷内を観覧することができる。
【正玄関から庭園への道】樅や枝垂れ桜など樹齢300年を超える深い木立ちのなかに、江戸時代そのままの姿で母屋、門、塀、土蔵などが保存されている。
【庭園から母屋をみる】庭には築山や巨石が置かれ、水に見立てた苔が緑にしたたり、簡素なたたずまいのなかに武家の格式を漂わせている。
【庭園】樅の木などの古樹の中で落ち着いた雰囲気に浸ることができる。深い木立と重厚な武家屋敷が今もなお藩政時代の面影を残している。
【母屋内部】季節により「雛人形」「五月人形」「着物」なども特別展示しているそうだ。
【欄間の透かし】意匠を凝らした欄間などの建具、欄間の透かしにみえる工夫などを実見できる。
【展示室】明治大正期に増築した蔵の展示室。茅葺き屋根の説明や野菜貯蔵庫、雪国の生活道具などの展示がある。右の奥に蔵入口がある。
【蔵入口】土蔵造りの展示室の入口。武具甲冑類、解体新書の挿絵や大日本史など古文書、江戸末期の町割り絵図など貴重な資料を見ることができる。
posted by 日本の秘湯 at 16:05 | 口コミ情報(0) | 小旅行北東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。