2011年09月20日

東京 奥多摩 峰谷橋・麦山橋・深山橋・三頭橋・ドラム缶橋

【峰谷橋】橋長125m、幅員6mの峰谷橋は、湖の北岸を走る国道411号上、奥多摩湖に流れ込む峰谷川に架かる橋。緑の湖水と赤いアーチのコントラストが強烈な印象を放つ目立つ橋だ。奥多摩湖には赤、黄、白と原色のカラフルな橋があり楽しめる。
【案内図】小河内(おごうち)神社近くには5つの橋と2つのドラム缶橋がある。北岸の国道411号上に峰谷橋・麦山橋、南岸の奥多摩周遊道路(都道206号)上に香蘭橋・三頭橋、北岸と南岸を跨ぐ麦山ドラム缶橋・深山橋・留浦ドラム缶橋の7つ。
【麦山ドラム缶橋】小河内神社近くにある国道411号と奥多摩周遊道路を結んでいる歩行者用の浮き橋(220m)。現在はフロートが樹脂製だが、昔はドラム缶が使われていたので、今でもドラム缶橋と呼ばれる。距離が長く迫力があるが駐車場がない。
【麦山橋】峰谷橋の先、国道411号上にある小さめのカラフルな橋。奥多摩湖に流れ込む沢が入江のようになった所を跨ぐように架けられている。原色の黄色い色が強烈で印象的。
【香蘭橋】国道411号からみる対岸の香蘭橋。奥多摩周遊道路上、麦山ドラム缶橋と三頭橋の間にあるにある。
【三頭橋】国道411号から対岸の奥多摩周遊道路上の三頭橋を見る。緑の湖面と白色の橋が美しい。橋の右端は国道139号に合流する。
【深山橋】国道411号から分岐する国道139号上にあるクリーム色の深山橋。深山橋の向こうには三頭橋が見える。日の光の指す方向や、周囲の山々の形に彩られて変わる奥多摩の豊かな景色を堪能できる。
【留浦ドラム缶橋】奥多摩湖の最上流に近い留浦(とずら)地区にある浮き橋(212m)。渇水時など、貯水量が減少した際には撤去される。近くに30台ほどの駐車場とトイレがある。

(注)2011年(平成23)は、麦山浮橋:2011.2.10〜9.14、留浦浮橋:2011.1.26〜8.30の間、水位低下で浮橋が取り外され通行止め。

posted by 日本の秘湯 at 13:26 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。