2011年09月20日

東京 奥多摩 奥多摩水と緑のふれあい館

【奥多摩湖】ダム湖百選認定プレートから奥多摩湖を見る。奥多摩湖は正式名称を小河内(おごうち)貯水池と言い、東京都奥多摩町と山梨県丹波山村・小菅村に跨る東京都水道局管理の人造湖。
【案内図】周辺には、小河内ダムとダム展望塔、多摩川第一発電所、奥多摩水と緑のふれあい館、奥多摩湖いこいの路などがある。奥多摩湖・小河内ダムの詳細はこちら
【奥多摩水と緑のふれあい館】小河内ダムサイドに建つ東京都水道局が運営するPR施設。郷土の歴史・文化、奥多摩の豊かな自然、ダムの仕組み、水の大切さなどを3Dシアターやビデオなどで紹介(無料)。開館9:30〜17:00 水曜日休館(祝日は翌日)。
【館内図】 館内は、螺旋状のゆるやかなスロープで結ばれていて、1階はホールと奥多摩の歴史・民俗展示、中2階に水源林、小河内ダムの資料展示、2階に奥多摩の名産品販売や郷土料理を味わえるレストランがある。
【ふれあい館駐車場】混雑時は奥多摩町営の水根駐車場か大麦代駐車場を利用する(無料)。
【展望広場】駐車場の前は公園として整備せれ、東屋やベンチがあり奥多摩湖を展望できる。
【流木展示場】駐車場とふれあい館の間にある流木展示場。展示場自体が流木で出来ていて、流木を無料配布している。
【1階エントランスホール】ホールでは、小河内ダムの横にある展望広場、佐須沢山の頂上からの美しいライブ映像を放映している。
【1階奥多摩の歴史・民俗コーナー】「鹿島踊」「獅子舞」「花神楽」など奥多摩に伝わる郷土芸能や奥多摩の歴史、民俗を展示物と映像で紹介している。
【中2階水の旅・ボールサーカス】中2階〜2階の途中にある水の旅コーナー。水の蒸発から川になるまでの模型で、水源からの水の流れをボールで表す。
posted by 日本の秘湯 at 12:20 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。