2011年09月21日

山梨 甲州大和町 天目山栖雲寺・石庭

【参拝道(女坂)】山梨県甲州市(旧大和村)にある臨済宗建長寺派の寺院で、山号は天目山、本尊は釈迦如来。天目山山中の標高約1,050mの日川渓谷の上流左岸にある。日川渓谷のさらに4.6kmほど下流の田野には、曹洞宗寺院の天童山景徳院がある。
【案内図】甲州市は、塩山市と勝沼町・大和村が合併して2005年に発足。大和町は武田家終焉の地として知られ、天目山の由来となった天目山栖雲寺、徳川家康が武田勝頼を弔うために建立した景徳院や、周辺には竜門峡、日川渓谷などの渓谷がある。
【栖雲寺境内】業海禅師が1348年甲州市大和町の木賊の地に開いた寺院。業海禅師が中国天目山で学んだ師、国重文の普応国師坐像をはじめ多くの寺宝を有する。
【境内図】境内には本堂を中心に庫裡、傳灯庵(宝物殿)、武田信満の墓、棲雲寺宝篋印塔、石庭会館、摩利支天があり、庫裡裏手の山腹には自然の巨石を配した石庭がある。
【本堂】栖雲寺は開山以来、鎌倉の建長寺の末寺の四大寺院の 1つにも数えられ、甲斐武田氏の信望が厚く、武田氏の菩提寺としても隆盛を誇った。
【庫裡】1592年(文禄元)建立と推定されている。最近解体修理が行われてきれいな姿が見られる。
【銅鐘】1359年(延文4)の作で、久遠寺鐘(身延町)、光厳院鐘(笛吹市)、放光寺鐘(塩山市)、永昌院鐘(山梨市)と共に甲斐五鐘の一つ。信武の菩題をとむらうため、長男の武田信成が寄進したと伝えられる。
【蕎麦切発祥の地碑】そばが日本に伝来したのは 奈良時代以前と言われるが、細く切って「麺」(=そば切り)の形態で食べるようになったのは 室町時代のころといわれる。
【参拝道(男坂)】1582年(天正10)に、信満の子孫である武田勝頼が、先祖の信満に倣い天目山栖雲寺を目指したが、途中の田野の地で織田軍に捕捉されて、嫡男の信勝らと共に自害している。
【傳灯庵】木造普応国師坐像(国重文)、木造釈迦如来坐像(県文化財)、虚空蔵菩薩画像や武田軍旗、軍配など武田信玄使用の品々を収めた宝物殿。
【武田信満の墓】室町時代前期1416年(応永23)上杉氏憲の乱があり、舅であった甲斐守武田信満は氏憲に加担し戦ったが敗れ、天目山にて自害した。
【墓所内部】信満の宝篋印塔は高さ約1mあり、周囲を家臣の宝篋印塔22基、五輪の塔6基が囲んでいる。
【棲雲寺宝篋印塔】660年前の塔婆を今に伝える石造美術の貴重な遺品。
【宝篋印塔内部】手前が1352年建立の棲雲寺開山宝篋印塔、奥が1353年建立の棲雲寺宝篋印塔。
【石庭入口】庫裡右手の裏山には、石庭があり、右の拝観料箱に300円を投入して先に進む。
【石庭会館入口】庫裡の脇には和風造りの石庭会館が設けられている。
【石庭会館】門塀をはいり石段を降りると石庭会館があり、無料で入館できる。
【石庭会館内部】石庭会館の窓からは、雄大な富士山を臨むことができ、休憩所として利用できる。
【石庭入口】寺域の北東部に拡がる花崗閃緑岩地域の一帯で面積約2haあり、坐禅をするための禅僧の修行の場「禅庭」として業海禅師が作庭したもの。
【石庭案内図】大小の岩塊が累々と横たわり、庭園内の順路を巡って、坐禅石、三尊石、摩利支天堂、磨崖仏などを廻れる。
【石庭全景】裏山の急な斜面にある、巨大な石が重なり合った自然そのままの雄大な庭。
【百字石】この自然の石庭の入口付近にある、表面に経文百字が刻まれている百字石。
【石庭】岩の間には山梨県では唯一の磨崖仏、県指定文化財の地蔵菩薩と文殊菩薩の磨崖仏がある。
【石庭より石庭会館をみる】秋には庭園のみならず、周囲の山々まで見渡す限りの紅葉が美しい。
posted by 日本の秘湯 at 08:31 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。