2011年09月21日

山梨 甲州大和町 竜門峡・竜門の滝・落合三つの滝

【竜門峡入口】日川渓谷の大和町田野地区から天目地区にかけてを竜門峡と呼び、新緑の季節も、紅葉の季節も、それぞれに美しい表現をみせてくれる。ヤマメを中心にイワナやアマゴなどの渓流釣り(要遊漁券)も楽しめる。
【案内図】甲州市は、塩山市と勝沼町・大和村が合併して2005年に発足。大和町は武田家終焉の地として知られ、天目山の由来となった天目山栖雲寺、徳川家康が武田勝頼を弔うために建立した景徳院や、周辺には竜門峡、日川渓谷などの渓谷がある。
【竜門橋遊歩道入口】遊歩道は最初舗装された太い道だが、段々と細く険しくなっていく。ここから落合三つの滝までは20〜30分ほど。
【遊歩道マップ】日川渓谷に沿って遊歩道が整備され、平戸の石門、丸太橋、落合三つの滝など、さまざまな渓谷美を満喫できる。
【竜門橋】竜門峡入口手前の竜門峡駐車場から見上げる竜門橋。駐車場のある遊歩道入口はここと、天目山バス停駐車場の2ヵ所ある。
【竜門橋から渓谷をみる】竜門峡遊歩道に沿って川を遡っていく。深い渓谷の水もなかなか綺麗で、新緑や紅葉の頃は美しそう。
【竜門の滝】竜門の滝は竜門橋を渡った袂を右に曲りキャンプ場前を100mほど入った所から遠景を見ることができる。滝壺に行くにはさらに道なき道を進み、ロープで崖を降り沢を300m程上流に上る。
【落合三つの滝】落合三つの滝は3段に分かれていて、丸太橋からは下段の滝、丸太橋を対岸に渡って金属の階段を上ると、上・中段の滝が見れる。
【天鼓林】説明板には「この歩道と周辺を強く踏むと下から湧いて来るような太鼓にも似た神秘的な音の響きがあり」とある。
【平戸の石門】大きな石で囲まれた穴は人ひとり通れるぐらいの大きさ。石門をくぐり向こう側から杉林をみる。
【木賊の石割けやき】大きな石の割れ目からからケヤキの木が生えている。
【天目山駐車場遊歩道入口】遊歩道の階段を上っていくと天目山栖雲寺バス停前の車道にでる。
posted by 日本の秘湯 at 09:00 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。