2011年09月21日

山梨 甲州市塩山 裂石山雲峰寺

【裂石山雲峰寺】武田氏庇護の禅寺。孫子の旗(風林火山の旗)をはじめ、武田軍旗や日本最古の日の丸御旗など、武田家由来の品々を数多く所蔵。国重文の本堂前には、天然記念物の桜の大樹もある。中里介山が大菩薩峠の構想を練った寺としても有名。
【案内図】甲州市は、塩山市と勝沼町・大和村が合併して2005年に発足。塩山地区には信玄の菩提寺恵林寺、風林火山の軍旗が保存されている雲峰寺など武田家ゆかりの寺院が、ぶどうとワインの町勝沼地区には勝沼ぶどうの丘、ワイナリーなどがある。
【参道(男坂)】駐車場に車を停め、まず出迎えてくれるは、198段の苔むした古い石段。途中には個性豊かな石仏たちが、様々な表情で迎えてくれる。
【仁王門】重文。石段の途中にある二体の仁王像が安置された仁王門。正面約6.8m、側面3.6mの茅葺単層屋根入母屋造りの八脚門。
【参道(男坂)】仁王門をくぐり、鬱蒼とした杉並木の階段を登り切ると境内に入る。
【境内】正面に本堂と庫裏、左手に鐘楼、右手に宝物殿がある。中央の桜は天然記念物の峰のサクラ。
【本堂】重文。正面約12m、側面11mの檜皮葺単層入母屋造りの本堂。重厚感のある建物で、四面に縁を巡らし、全ての柱は円柱を使用している。葬式や座禅会を行うため一部が開放されている。本堂の裏は庭園になっていてその中に書院(重文、非公開)があるそうだ。
【庫裏】重文。正面10.9m、側面18mの単層屋根切妻造り茅葺きの建物。大きな曲線を描いた破風が美しい。大河ドラマ「武田信玄」、黒沢明監督の映画「影武者」のロケ地として使われた。作家の中里介山が小説「大菩薩峠」の執筆・構想を練った寺としても有名。
【鐘楼】鐘楼とその横に立つ観音像。由来によれば、開基行基が修行中、山中にある高さ15m余りの大石がにわかに真二つとなり、巨大な石の裂け目から萩の大樹が生え、石の上に燦然と十一面観音が出現したといわれている。
【宝物殿】景徳院で最期を迎えた武田家だが、家臣に託した武田家の家宝日本最古の「日の丸の御旗」をはじめ、孫子の旗・諏訪神号旗・馬標旗などが保存されている。開館時間9:00〜12:00/13:00〜17:00、月曜休館、300円。
【御旗】日本最古とされる日の丸の旗。1056年(天喜4)に源頼義が後冷泉天皇より下賜され、頼義三男の新羅三郎義光から武田家に代々伝わったものといわれている。(画像:雲峰寺HPより転写)
【孫子の旗】武田軍の陣頭に押し当てた軍旗。孫子兵書の中の「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」に則ったもので、別名「風林火山の旗」とも呼ばれている。(画像:雲峰寺HPより転写)
【雲峰寺のサクラ】宝物殿前にある樹齢約700年の「峰のサクラ」は天然記念物に指定されいる。
【参道の紅葉】参道(女坂)を下る途中、8月下旬だというのに紅葉を始めたもみじ。
【参道(女坂)】階段が登れない高齢者には、駐車場側からの坂道(女坂)でも参拝できる。
【孫子の旗】参拝を終え車に戻ると、駐車場の脇にある売店兼食事処「孫子の旗」。
【店内】土産品や雑貨、季節の果物などの外、山菜うどん・そば、甲州ほうとう、味噌おでん、煮込おでんなどを味わえる。
【山梨桃】生産日本一を誇る果実王国山梨の桃。スーパーで売っている柔らかい桃とは異なり、固くしっかりした採りたての桃を宅配してもらう。
posted by 日本の秘湯 at 10:51 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。