2011年09月21日

山梨 甲州市塩山 乾徳山恵林寺

【恵林寺総門】山梨県甲州市塩山小屋敷にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は乾徳山。開山より680年を誇り武田信玄公の菩提寺として知られる。本堂裏手の池泉回遊式庭園は、京都の西芳寺、天竜寺と共に夢想国師の代表作として国指定の名勝。
【案内図】甲州市は、塩山市と勝沼町・大和村が合併して2005年に発足。塩山地区には信玄の菩提寺恵林寺、風林火山の軍旗が保存されている雲峰寺など武田家ゆかりの寺院が、ぶどうとワインの町勝沼地区には勝沼ぶどうの丘、ワイナリーなどがある。
【恵林寺総門駐車場】総門前の無料駐車場。大型駐車場は恵林寺西側、一般車は門前と東側にある。
【四脚門への参道】総門駐車場に車を停め、総門(黒門)を入ると四脚門(赤門)への参道が続く。
【四脚門】重文。四脚門とは、中心となる2本の太い門柱の前後に控柱を2本ずつ計6本立てた門。正門に配されることの多い格式の高い門とされる。
【三門への参道】三門とは寺院の正面に配置される門のことで、三解脱門とも呼ばれる。手入れの行き届いた形の良い松や植木が美しい。
【三門】県文化財。織田信長による甲州武田攻めで、恵林寺の住職快川国師が燃え盛る三門の上で「安禅不必須山水 滅却心頭火自涼」と遺偈(ゆいげ)を残して焼死したといわれる。
【快川国師の遺偈】後代には快川国師の遺偈「安禅必ずしも山水を須いず、心頭を滅却すれば火も自ら涼し」として広く知られ、再建・改築された三門の両側にも、この遺偈が扁額として掲げられている。
【開山堂】三つの門を潜ると正面に開山堂がある。本堂前の旧仏殿跡に位置しており昭和47年に本堂西北部より移築された。
【開山堂より三門をみる】境内には本堂、庫裡、開山堂、赤門、三重塔がならび巨刹らしい雰囲気を醸し出している。
【開山堂内部】堂内には、開祖夢窓国師(中央)、快川の遺偈の快川国師(左)、中興の祖末宗和尚(右)の三坐像が安置されている。
【三国師坐像】末宗和尚は快川国師の弟子で、三門焼き討ちの際、快川国師の命を奉じて火を逃れ、後に徳川家康に命ぜられ恵林寺の再輿にあたった僧。
【仏舎利宝塔】平成21年に建立された三重塔の仏舎利宝塔。塔の地下に納骨堂が設けられている。
【鐘楼】境内の信玄公宝物館の前隣にある腰袴造の鐘楼。
【信玄公宝物館】入館料500円(恵林寺・宝物館共通券700円)、宝物館は12〜3月木曜定休。館内には孫氏の旗や武田二十四将図などが展示されている。
【本堂への参道】1576年(天正4)4月には、快川国師を大導師に、嫡男の勝頼を喪主として信玄の葬儀が行われた。
【本堂入口】門を入ると本堂、庫裡のある境内。拝観料300円。拝観時間 8:30〜16:30(年中無休)。
【庫裡】日本有数の大庫裡は、明治38年に失火により焼失しており築100年余りとなる。
【拝観案内図】庫裡、本堂、うぐいす廊下、明王殿、武田信玄公墓所、柳沢吉保公墓所、夢窓国師築庭などを拝観できる。
【拝観受付】庫裡に入ると、最初に目に付くのは「風林火山」と書かれた大きな衝立。右手に拝観受付と朱印所、左手奥は大広間になっている。
【大釜】庫裡は禅宗寺院の台所にあたる建物で、受付前の土間には大釜が設備されている。
【大庫裡の大広間】戦時中は学童疎開の場となり、小学生約150人が寄宿生活を送っていたそうだ。
【回廊からみる石庭】開山堂と本堂の間にある石庭。庫裡の鬼瓦や地蔵菩薩像が安置されている。
【庫裡の鬼瓦】「武田菱」が入った庫裡の鬼瓦。周りの塀と較べてみると大きさが分かる。
【本堂】庫裡の先を右に曲ると畳敷きの本堂になり、中央に須弥壇がある。。
【御本尊】本尊釈迦如来を祀る須弥壇。天蓋の飾りに圧倒される。
【回廊と太鼓橋】禅堂前、本堂前を通り太鼓橋を渡るとうぐいす廊下入口になる。
【うぐいす廊下入口】歩くと音がする鶯張りと呼ばれる外敵の侵入を拒む廊下。忍者も音を出さずに通ることは難しい。
【うぐいす廊下】少ししなっている一枚一枚の床板が、まるでうぐいすの声を想わせるようにピコピコと鳴く。廊下右には沢山の位牌が祀られている。
【信玄霊廟明王殿】うぐいす廊下を出て、廊下を少し進むと信玄公の霊廟明王殿があり、中に武田不動尊が祀られている。
【武田不動尊】県文化財の不動明王坐像および二童子像が安置された武田不動尊。明王殿の裏手から庭に出ると広大な敷地の一角に信玄公の墓所がある。
【不動明王坐像】不動明王坐像は、信玄生前の姿を不動明王に見立て、京から仏師康清を招聘し、信玄と対面して模刻させ、彩色させたものという。
【武田信玄公墓所】県指定史跡。墓所の傍らには、信玄を支えた家臣たちの供養塔が建ち並んでいる。子孫たちが江戸時代に建立したものという。
【武田信玄公の墓】五輪塔と宝篋印塔の2基が並んでいるこの墓は、信玄の100年忌の1672年(寛文12)に武田家の遠孫、旧臣子孫らによって建立された。
【信玄公の墓からの戻り口】信玄公墓所の参拝を終えると、一度明王殿に戻り、Uターンして左の塀の向こう側の参拝路を進む。
【柳沢吉保公墓所への参拝道】順路に従って明王殿からまた敷地に出て、塀に沿って杉並木の中を柳沢吉保公墓所へ向かう。
【柳沢吉保公墓所】江戸幕府の5代将軍徳川綱吉時代に側用人となり、老中筆頭として綱吉を補佐し、晩年に甲府城の城主となった柳沢吉保と正室定子の墓所。
【柳沢吉保夫妻の墓】はじめは甲府岩窪の永慶寺と真光院(ともに廃寺)に建立されていたが、奈良の大和郡山への転封が決まった吉保の嫡男吉里により、1724年(享保9)恵林寺に改葬された。
【吉保廟】柳沢吉保公墓所の手前には吉保廟があり、廟内には、柳沢吉保公の坐像が安置してある。
【吉保廟から本堂をみる】深い森、背の高い木々の中、厳粛な雰囲気を後にし、太鼓橋に戻り本堂裏側の廊下を恵林寺庭園に進む。
【恵林寺庭園(左)】開山の夢窓疎石が創建当時に作庭したと伝わる方丈庭園。670年余りを経たその姿は四季折々に違った姿を見せる。
【恵林寺庭園(右)】背後の乾徳山を借景にして、上段に「枯山水」下段に「心字池」を配した池泉回遊式庭園となっており、国の名勝に指定されている。
【中庭回廊】本堂裏側の廊下突当りには休憩処が設けられ、右に中庭、左に恵林寺庭園を望める。
【回廊からみる中庭】本堂と庫裡の間に設けられた中庭。廊下の両側に張り出した休憩処がある。
【回廊からみる恵林寺庭園】安らかな禅の風光をしばし堪能できる。
【小庫裡】小庫裡へは進入禁止になっている。有料ゾーンはここで終わり。
【本堂玄関】参拝を終え庫裡をでて、本堂の玄関を正面から見る。
【玄関内部】玄関の正面が禅堂、その左に本堂、右に庫裡がある。
【売店・食事処】参道を戻る途中にある売店と食事処。巨峰ソフトやほうとうなどを味わえる。
【境内庭園】境内内にある庭園と池。遠くに重文の四脚門が見える。
posted by 日本の秘湯 at 13:20 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。