2011年09月23日

山梨 北杜市 通仙峡 みずがき湖・塩川ダム

【みずがき湖】山梨県北杜市須玉町、富士川水系塩川に建設された高さ79mの塩川ダムのダム湖。鹿鳴峡大橋側の釜瀬川と増富大橋側の本谷川の合流点にあり、洪水・利水・灌漑・上水道・発電を目的とした山梨県営の多目的ダムで、緑色の山々に囲まれた真っ白な鹿鳴峡大橋が映える。
【案内マップ】中央道須玉ICより増富ラジウムラインを北上すると、みずがき湖手前のT字路に突き当たる。左に進みトンネルを抜けるとダム堤体天端道路(塩川源橋)とダム管理所、その対岸にヨシャーの湯が、右に進むとみずがき湖ビジターセンター、さらに進むと増富温泉郷がある。
【みずがき湖ビジターセンター】増富温泉の玄関口にある施設で、館内には、塩川ダムを含む周辺地域や須玉町の観光スポット・歴史・文化・産業などを紹介する観光案内所も併設している。
【ダム案内図】湖畔には周回道路があり、車でぐるりと一周でき、センターからはダム堤体は見れないが、対岸の展望台からはダム堤体が綺麗に見え、ダム管理所付近にも駐車場があり湖を見渡せる。
【駐車場】センター内の大きな駐車場。駐車場からセンターまで少々距離がある。館内の貼紙によれば、声をかければ車中泊も可のようだ。
【駐車場よりセンターをみる】ゆるキャラ「ラジウム星人」の案内看板。かみのけ座銀河団からやってきたけど不時着に失敗して居座っているらしい。
【みずがき湖(左)】山々に囲まれた静かな山里のたたずまいを醸し出している。
【みずがき湖(右)】秋には湖面に映る紅葉の景色が綺麗だそうだ。
【鹿鳴峡大橋】ダムで水没する県道の付け替え道路として設置された全長200mの鹿鳴峡大橋。瑞牆山(みずがきやま)から流れる釜瀬川の合流点。
【増富大橋】増富大橋と本谷川。通仙峡には駐車場がないので、みずがき湖からトンネルを抜け歩いて行く(10〜15分)。通仙峡は車で通る事は出来ない。
【塩川ダム堤体】駐車場の先から湖畔へ降りた場所からみる塩川ダム堤体。県道がダムの堤体上を走っている。
【塩川ダム堤体】ダム直下には山梨県営の塩川発電所があり、遠方監視制御で最大1,100kwの電力を供給してる。
【ダム管理所】霧山トンネルを抜け、ダム堤体上を走っていくと、右側にダム管理所と無料駐車場のある小公園がある。
【左岸遮水工】左岸側には漏水を抑えるため、約400mに渡って傾斜型ロックフィルダムの遮水工が施され、堤頂は小公園として整備されている。
【東屋】左岸遮水工の堤頂に整備された公園にある東屋の休憩所。
【じゃぶじゃぶ池】公園内には水遊びのできる小さな水辺があり、女神像や鹿の像が立っている。
【ビジターセンター】1階は地元草木染め、フェルトなどのクラフト商品を販売し、2階は湖が一望できるレストランになっている。
【1階ショップ】奥に2階に上がる階段があり、階段脇には等身大の「ラジウム星人」の縫いぐるみと泉質からラジウムと命名した旨の説明書きがある。
【2階レストラン】階段を上って行くと右手に大きな店内席があり、湖を見ながら食事を楽しめる。セルフサービスと会計は先払い方式だ。
【2階ベランダの天文台】屋上には大きな天体望遠鏡が設置され、星空の観察会なども開催していて満点の星空を体感できる。
posted by 日本の秘湯 at 13:20 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。