2011年09月25日

長野 茅野市 白樺高原 女神湖

【マップ】ビーナスラインは、諏訪ICから蓼科、白樺湖、車山、霧ヶ峰、美ヶ原高原へと続く信州でも人気の総延長75km、平均標高1400mの高原ドライブコース。茅野市街を抜け蓼科湖を過ぎるとカーブを繰り返し、高度を上げて高原地帯に入っていく。
【断面図】白樺湖を越えると視界も開け、爽やかな高原道路となり、車山、霧ヶ峰高原周辺では初夏にニッコウキスゲが沿道を彩る。ビーナスラインの終点は標高2000mの美ヶ原高原。そこは大草原と素晴らしい展望が広がる美しい高原だ。
【女神湖】蓼科山(2530m)の北西麓にある周囲約2kmの人造湖。女の神山と呼ばれる蓼科山の水をたたえる湖畔には、散策路やレストラン・売店がある女神湖センターがある。
【案内マップ】1周30分ほどで歩ける湖畔の遊歩道もきちんと整備されているので、心地よい風も吹く中、ゆっくり散策を楽しむことができる。
【女神湖センター】湖の南岸の女神湖センターでは、地元の特産品や信州ならではの土産品を豊富に揃え、店頭では農家直送の採れたて新鮮野菜も販売している。レストランでは地元の有機野菜や自然卵など素材にこだわったメニューを味わえる。
【蓼科世界工芸館】1996年に女神湖畔にオープンした美術館。ヨーロッパを中心とした世界18カ国から、ベネチアングラス・オルゴール・家具など美術工芸品を集め展示している。価格も示されていて気に入った品はその場で購入することができる。
【公園】女神湖を爽やかな風が吹き渡り、気温は平地より約10℃低くクーラー無しの環境だ。爽やかな高原で、テニスやサイクリング、女神湖のボートで汗を流し、霧が峰の一面の花も楽しめる。
【女神の像】女神像の台座に刻まれている伊藤左千夫の歌「信濃には 八十の群山 ありと云へど 女の神山の 蓼科われは」。女神像の向こうには女神湖の湖面が広がる。
【女神湖】かつて赤沼平とよばれ、河童が住んでいたという伝説が残る湿原を堰き止めてできた人造湖。
【ボート乗り場】周りの美しい緑を見ながらゆったり漕ぐボートは下界の雑踏を忘れさせる。視点を上に上げると雄大な蓼科山を臨むことができる。
posted by 日本の秘湯 at 08:06 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。