2011年09月26日

長野 下諏訪町 諏訪大社下社秋宮

【諏訪大社下社秋宮】諏訪湖周辺にある4つの諏訪大社のうち、下社秋宮は旧中山道と甲州街道の分岐点にある。温泉の湧出地で、境内にも御神湯がある。
【案内図】諏訪湖の南側に上社 本宮・前宮の2宮、北側に下社 春宮・秋宮の2宮があり、計4つの宮から成る。社殿の四隅に御柱と呼ぶ木の柱が立っているほか社殿の配置にも独特の形を備えている。
【駐車場から長生橋をみる】土産品店街から長生橋を渡ると秋宮駐車場がある。
【境内図】鳥居をくぐると、正面には御神木の「根入りの杉」、奧に国指定重要文化財の神楽殿、幣拝殿、左右片拝殿が並ぶ。
【手水舎】諏訪大社の歴史は古く、古事記では出雲を舞台に国譲りに反対して諏訪までやってきて、そこに国を築いたとあり、日本書紀には持統天皇が勅使を派遣したと書かれている。
【大鳥居】下社の中心となる建築は、正面中央にあり拝殿と門を兼ねたような形式の幣拝殿、その左右にある回廊形式の片拝殿、それらの背後にある、東西宝殿からなる。
【参道】諏訪大社の特徴は、諏訪大社には本殿と呼ばれる建物がなく、代りに秋宮は一位の木を春宮は杉の木を御神木とし、上社は御山を御神体として拝している。
【根入りの杉】樹齢約800年、高さ約35mの杉の御神木。枝が垂れて寝ているように見えることから「寝入りの杉」とも、杉の挿し木に根が生えたものなので「根入りの杉」だともいわれる。
【御神湯(温泉手水)】駐車所に直接行くことができる脇参道には温泉が湧いていて、手水ならぬ手湯で、その名も「御神湯」。
【境内】「御柱祭」は6年に一度行われ、秋田の「なまはげ」、山梨県冨士浅間神社の「吉田の火祭り」と並び日本三大奇祭の1つ。前回は去年(2010年)だったので、次回は5年後の2016年。
【境内からお札授与所をみる】神楽殿の右対面、参集殿の横にあるお札授与所。御朱印や宝殿造営奉賛金もここで受け付ける。
【参集殿】祭事の会合や、講話などが行われる参集殿。参集殿には元横綱「千代の富士」と「貴乃花」から寄進された優勝額がある。
【仮神楽殿】神楽殿は平成の大修理中。仮神楽殿の後ろに大きく写真がプリントされたシートが掲げられ景観に配慮している。
【仮神楽殿内部】神楽殿の前に鎮座する狛犬の身長は1.7m。青銅製では日本一と言われている。
【幣拝殿】御幣を奉ずる幣殿と拝殿が一体となったもので幣拝殿と呼ばれている。建築様式は二重楼門造りで、全体に見事な彫刻が施されている。
【幣拝殿正面】幣拝殿の建築様式の特徴は各所につけられた建築彫刻の数の多さとその躍動感にあふれた表現である。
【左片拝殿】左右の片拝殿は、桁行11m、梁行3.1mの片流招屋(かたながれまねきや)造り。
【右片拝殿】屋根は正面側に屋根が長く裏面側は短くなっている。三面は吹き放ち、裏面に格子窓がはめてある。
【左片拝殿内部】本殿に相当するものは秘所ときれ、御神体は宝殿に祭られる。東西の宝殿は七年ごとに新築する式年造替制度がとられている。
【右片拝殿内部】片拝殿奥の神明造りの建物は宝殿で、新しい方を神殿、古い方を権殿と呼び、寅年と申年毎に左右の遷座祭を行うそうだ。
【西宝殿】片拝殿の奥に左右に並んで西宝殿・東宝殿があってともに三間社神明造、両宝殿の中央奥に秘所神体木がある。
【一之御柱】御柱祭は、山中から御柱として樅の大木を16本(上社本宮・前宮、下社秋宮・春宮各4本)切り出し、4ヵ所の各宮まで曳行し社殿の四方に建てて神木とする勇壮な大祭。
【拝殿左の摂末社】境内や周囲にはいくつか摂末社がある。左から鹿島社、子安社、加茂社、八坂社。
【神宮遥拝所】伊勢神宮の遥拝所。中には砂が盛ってある。
【宝物殿】境内左側にある階段をくだったところには宝物殿がある。源頼朝の下文や平安時代の鏡などが展示されている。
【さざれ石】境内右側の参集殿前にある国歌で歌われているさざれ石。長い年月の間に溶解した石灰石が多くの小石を結集し次第に大きく成長したもの。
【斎館】祭の前に神職が身を清め、穢れを祓うためにお籠もりする建物。
【八幡山】駐車場の上には八幡山という小さな丘があり、八幡社と恵比寿社が祀られている。
posted by 日本の秘湯 at 08:12 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。