2011年09月27日

長野 南木曽町 男滝・女滝

【男滝・女滝】馬籠宿の近くにある2つの滝。男捶滝(おだる滝)バス停にある案内板と駐車場。吉川英治の「宮本武蔵」に登場し、武蔵とお通の恋物語の舞台にもなったことで知られている。
【マップ】妻籠宿から馬籠宿に向かう県道7号中津川南木曽線の大妻籠宿を過ぎると左手に看板があり、数台駐車できる駐車場がある。木曽檜の茂る国有林を流れる清流蘭川の景観と滝を楽しめる。
【滝への遊歩道】階段が整備され、歩きやすい遊歩道。滝壺まで降りることができる。
【蘭川(あららぎ川)】清々しい蘭川の水の音が辺りの山林に響いている。
【男滝】向かって左の男滝。滝壺に金の鶏が舞い込んだという倉科様伝説も興味深い。
【男滝】水量は少なめだが落差があり迫力ある男滝。奥にある水量の多いやや小さい方が女滝。
【女滝】向かって右の女滝。落差は大きくはないが、流量が多く美しい滝だ。
【女滝】男滝の方は幅が広くなだらかな流れで、女滝は細く急な流れであるのが特徴。
posted by 日本の秘湯 at 08:58 | 口コミ情報(0) | 小旅行甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。