2012年11月27日

神奈川 北鎌倉 浄智寺

【JR北鎌倉駅】鎌倉駅と並ぶ観光拠点の駅で、駅の近くには円覚寺(1分)、東慶寺(4分)、浄智寺(6分)、建長寺(15分)などの寺社も集まっている。駅前には小さな商店街があり、観光客向けのレストランなどもあるが営業時間は短い。
【鎌倉の紅葉スポット】北鎌倉エリア(円覚寺、東慶寺、浄智寺、建長寺)、扇ガ谷〜源氏山エリア(海蔵寺、源氏山、仮粧坂切り通し)、金沢街道エリア(鶴岡八幡宮、源頼朝の墓、鎌倉宮、瑞泉寺、獅子舞)、その他のエリア(長谷寺、妙本寺)。
【浄智寺】臨済宗・圓覚寺派の寺院で鎌倉五山の第四位。境内に近づくと、総門とその手前の石の橋と池、そして左手に「甘露の井」と彫られた石柱のある鎌倉十井の一つである小さな井戸がある。
【境内図】室町時代には方丈、書院、法堂など主要な建物や塔頭があったが、関東大震災で殆ど倒壊し、現在は三門・楼門や新しい仏殿・方丈・客殿等が伽藍を形造っている。
【総門(高麗門)】少し石段を上ったところにある「宝所在近」の扁額を掲げた総門。
【三門石段】総門を入ると、自然石で作られた、擦り減った石段が三門へ続いている。
【拝観受付】石段をのぼり切ると、右側に拝観受付がある。拝観料 200円 子供 100円、9:00〜16:30。左の門は庫裏の棟門。木々や緑に覆われた境内は全山が「浄智寺境内」として1966年(昭和41年)に国の史跡に指定されている。
【三門(鐘楼門)】重層一間一戸の三門は、上層が鐘楼を兼ねている珍しい形式のもので、花頭窓をあしらった中国風の意匠が特徴。三門左手に無料駐車場があり、横の道を歩いて山を登っていくと、源氏山公園や銭洗弁財天に行ける。
【仏殿(曇華殿)】三門をくぐった先にある瓦葺の三間四面宝形造りの仏殿「曇華殿(どんげでん)」。本尊の三世仏は南北朝時代の作で、袖と裾を台座から垂らした宋風の像。
【仏殿内部】左から阿弥陀如来(過去)、釈迦如来(現在)、弥勒菩薩(未来)で、わが国に伝わる三世仏の中でも造立年代の古いもので、県の重要文化財に指定されている。
【仏殿から三門をみる】曇華殿前には市の天然記念物「ビャクシン」の古木が聳えている。仏殿の先から道が右に続き境内を一周できる。
【銀杏の黄葉】仏殿の周りは周囲を山に囲まれ、落ち着いた秋の風情、銀杏の黄葉が青空に映える。
【やぐら群】境内の一番奥にある墓地の右側には「やぐら」と呼ばれる岩の壁に掘った窪みがあり、石像が並んでいる。
【やぐら】この横穴は古くは住まいとして、その後墓所になり、やがて倉庫としても使われた。大正昭和期には薪や木炭などのしまい場所になっていた。
【観音さま】山すそをさらに三門方向に戻ると、左手に布袋尊入口があり、入口左手には観音様の石像が祀られている。
【布袋尊入口】鎌倉・江ノ島七福神の一つで、北鎌倉から出発するときのスタートで、鶴岡八幡宮を通ってゴールの江ノ島までのコースとなる。
【布袋尊境内】入口を入ると、墓地とその先に洞穴の中に布袋の像が祀られている。
【布袋尊】像の腹部がつややかに光っていて、そこをなでると活力が沸いてくるご利益があるそうだ。
【龍淵荘の紅葉】庫裏裏手の布袋の石像をまつる洞窟から三門に戻る途中に建つ龍淵荘。龍淵荘の手前から見た紅葉も見事。
【龍淵荘】茅葺き屋根の素朴な茶室「龍淵荘」。豊かな緑の谷戸を背に、深閑とした風情は、禅の侘び寂びを感じさせる。
【庫裏】さらに参道を戻ると、左手に庫裏の唐風玄関、その右手奥に御朱印受付がある。
【棟門】花や樹木も豊かで臘梅、梅、海棠、牡丹、萩、桔梗の花々や柏槙、高野槙の樹木が立ち並ぶ。
posted by 日本の秘湯 at 13:29 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。