2012年11月27日

神奈川 北鎌倉 建長寺

禅宗:臨済宗(栄西,鎌倉五山/京都五山)、曹洞宗(道元,永平寺/総持寺)、黄檗宗(隠元,宇治萬福寺)
【JR北鎌倉駅】鎌倉駅と並ぶ観光拠点の駅で、駅の近くには円覚寺(1分)、東慶寺(4分)、浄智寺(6分)、建長寺(15分)などの寺社も集まっている。駅前には小さな商店街があり、観光客向けのレストランなどもあるが営業時間は短い。
【鎌倉の紅葉スポット】北鎌倉エリア(円覚寺、東慶寺、浄智寺、建長寺)、扇ガ谷〜源氏山エリア(海蔵寺、源氏山、仮粧坂切り通し)、金沢街道エリア(鶴岡八幡宮、源頼朝の墓、鎌倉宮、瑞泉寺、獅子舞)、その他のエリア(長谷寺、妙本寺)。
【建長寺】巨福山建長興国禅寺は、鎌倉五山第一位の臨済宗・建長寺派の大本山。北条時頼が、建長5年(1253)に宗から来日していた高僧・蘭渓道隆を招いて建立したわが国最初の禅寺。
【境内図】創建当時の建物は失われたが、総門・三門・仏殿・法堂・方丈が一直線に並ぶ中国の禅宗様式の伽藍配置は、創建当時の面影を残す。江戸時代に高名な沢庵和尚の進言で再建された。
【総門駐車場】県道から入る所にある「天下禅林」の扁額を掲げる門は天下門(上の写真の門)で、その内側の駐車場の先に総門がある。総門駐車場は普通車 600円/時間。
【総門】「巨福山」の扁額のかかる総門をくぐると拝観受付がある。「巨」の字に点が加えられ、この点は「百貫点」と呼ばれている。拝観時間 8:30〜16:30、大人 300円 小人 100円。
【三門参道】総門の先には堂々として立つ三門が目に入る。安永4年(1775)201世万拙碩誼によって再建されたもので、2005年に重要文化財に指定された。
【三門(山門)】「建長興国禅寺」の大扁額がかかる銅板葺き二重門で、関東大震災で倒壊し再建された。三間二重門としては東日本最大の規模を誇る。
【鐘楼から三門をみる】初層には仁王像などを置かず、門扉も壁もない吹き放しとしている。上層には宝冠釈迦如来像や銅造の五百羅漢像などを安置する(上層は非公開)。
【鐘楼】三門右手の鐘楼に架かる高さ約2.1メートルの梵鐘は、建長7年(1255)鋳物師 物部重光の制作で、建長寺創建当時の数少ない遺品の1つとして貴重である。
【梵鐘(国宝)】銘は、蘭渓道隆が撰し、筆を執ったもので、銘文中の「建長禅寺」は、日本における「禅寺」の語の初見とされている。
【西来庵】嵩山門(すうざんもん)は、開山蘭渓道隆の墓塔を守る塔頭寺院「西来庵」の入口だが修行道場のため、一般の立ち入りは禁止されている。
【仏殿参道】禅宗では高僧の塔があるところを塔頭(たっちゅう)といい、建長寺の塔頭は繁栄時には49院を数えたが、現在は12の塔頭が残されている。
【銅燈籠と水盤】仏殿参道左手のビャクシンの古木の中にある銅燈籠と水盤。銅燈籠は左右に一対建っている。
【ビャクシン】堂前にあるビャクシン(白槙)の古木7本は開山蘭渓道隆手植えと伝えるもので、樹齢約750年といわれる。
【仏殿】重要文化財。寄棟造で単層裳階が付く。芝の増上寺にあった、徳川秀忠夫人崇源院の霊屋を正保4年(1647)に建長寺に移築したもの。
【仏殿内部】堂内には本尊の地蔵菩薩坐像と、元この地にあった心平寺の旧本尊地蔵菩薩坐像、千体地蔵菩薩立像、千手観音坐像、伽藍神像を安置する。
【本尊】木造、像高2.40メートル、重文。禅寺の本尊は釈迦如来だが、建長寺の本尊はやさしいお顔の巨大な地蔵菩薩。室町期のものと考えられる。
【法堂参道】仏殿の後ろにある法堂は、文化11年(1814)の建立で、禅宗以外の寺院の「講堂」に相当する建物。
【法堂(はっとう)】方三間、裳階付、銅板葺き。鎌倉最大級の木造建築で2005年に重要文化財に指定された。
【法堂内部】内部には千手観音坐像を安置。手前の像はパキスタン政府から寄贈された、お釈迦様が極限の苦行や断食を行っている姿の「釈迦苦行像」。
【天井画】天井画は小泉淳作筆の雲龍図。天井に描かれた龍はどこから見ても睨まれているようで八方睨みの龍といわれている。
【方丈参道】参道から唐門を望む。右の建物は大庫裏。境内のもっとも奥、山の中腹には建長寺の鎮守で、紅葉スポットの1つ「半僧坊」もある。
【唐門】重要文化財で方丈入口の勅使門。関東大震災以来の大修理が2011年5月に終了し、全面に飾金具が付けられ移築当時の華美な姿が再現された。
【大庫裏】大庫裏とは、禅寺で学僧を中心として住僧以下の僧侶や仏前に供える食事を調理する場所で僧堂と兼ねる。
【方丈(龍王殿)】総門と同じく昭和15年に京都の般舟三昧院から移築したもの。池に面して建てられ庭園は夢窓疎石の作といわれる。
【大玄関内部】大玄関を入ると、両側の土間に下足棚が並び、正面に写経場が、左に曲ると方丈の大広間がある。
【写経場】2012年10月から写経ができるようになった。般若心経は1時間程度、延命十句観音経は15分程度で書くことができる。
【玄関より大広間をみる】方丈は寺の住持の住む建物を指すが、現在では各種儀式・行事に用いられる建物となっている。
【建長寺坐禅会】毎週金・土曜日17〜18時に坐禅会(無料、坐禅の手引き100円)が行われている。また6月・12月の年2回、宿泊坐禅会も開催される。
【本尊】大広間中央の須弥壇には、本尊の宝冠釈迦如来像を安置する。
【回廊】方丈は周りが回廊になっており回廊から広間などの拝観が可能である。また回廊に椅子が置かれ方丈庭園をゆっくり鑑賞できる。
【方丈庭園】方丈裏にある心字池の「池泉庭園」。池に橋を架け、石を置き、松を植えているところは禅寺の庭園らしさを出している。右の建物は得月楼でお茶会などに利用される。
posted by 日本の秘湯 at 14:08 | 口コミ情報(0) | 小旅行関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。