2012年12月16日

東京 世田谷 代官餅 世田谷ボロ市

【世田谷ボロ市】毎年12月15・16日、1月15・16日の4日間開催される世田谷のボロ市。2012/2013年は435周年にあたる歴史のある伝統の市で、骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な700近くの露店が軒を連ねる。詳細はこちら
【ボロ市会場マップ】メイン会場は代官屋敷を中心としたボロ市通り(中央病院から郵便局の約500m)。世田谷駅で降り、ボロ市通りを歩いて上町駅から帰るコースがお勧め。各日20万人近くの人で賑わう。東京都指定無形民俗文化財に指定されている。
【代官餅】会場内にも「ボロ市名物 代官餅」と記した横断幕がそこかしこに掲げられている。矢印方向、天祖神社境内に代官餅売場が設けられている。
【長蛇の列】午後1時だが購入のための長蛇の列ができ、3列の待ち行列ができていた。スタッフの話では40分待ちとのこと(実際は25分だった)。
【代官餅売場】1975年(昭和50年)から発売されている「代官餅」は、ボロ市の会場でしか製造・販売されない希少性とその味の評判から、ボロ市を代表する名物となっている。
【横断幕と食事処】これを目当てにボロ市に訪れる人も多いほど、食べ応えがある。売場のすぐ横にテーブルが置いてあって、買ったその場で食べられる。あったかい番茶の無料サービスも受けられる。
【サンプル見本】人力によるつきたての餅5〜6個を1パックとして、味は「あんこ」「きなこ」「からみ」の3種類で、各1パック600円。他に何ものっていない「白」もある。
【売店】窓口は3つあり、スタッフの女性がテキパキと捌いている。できたてを食べてもらおうと蒸したて、つき立てにこだわったお餅だ。16時ごろには完売してしまうとも。
【餅作り・パック詰め】テントの中では、大根をおろしたり、ねぎを切ったり、餅を詰めたりで大忙し。朝9時から売り切れるまで作り続けられる。
【裏方の炊き出し】テント裏では餅米の炊きあがる白い湯気、景気のいい餅をつくかけ声、並んでいる時間も元気が出てくる。
【きなこ餅・あんこ餅】からみ餅が一番人気のようだが、きなこ餅・あんこ餅も美味しい。餅とその上に載る味のボリュームががかなりあるため、夫婦で1パックが丁度よい。
【からみ餅】大根おろし、海苔、ネギ、鰹節を醤油で和えたものがたっぷりのってて美味しい。ほんのり温かくて、餅だけでも美味しい、コシがあってよく伸びる餅。
posted by 日本の秘湯 at 13:10 | 口コミ情報(0) | 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この温泉の口コミ情報
口コミ情報を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ情報: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認した口コミ情報のみ表示されます。

ピックアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。